音楽制作

Amazon Music for Artistsに申請してデータ解析を見る方法

先日、Amazon Musicのアーティスト向けデータ解析サービス、「Amazon Music for Artists」が提供を開始しました。

Amazon Music for Artists
With Amazon Music for Artists, we're building tools to help artists grow, engage, and monetize their fans. Head to your mobile app store and download now.

 
そこで、早速アーティスト申請をして使ってみたので、その登録方法などについて書きたいと思います。

Amazon Music for Artists への申請方法

Amazon Music for Artistsは、iOS / Androidのアプリでデータ解析を見る事ができます。Webで見れないのがSpotify for ArtistsやApple Music for Artistsと違うところです。

ということで、まずはアプリを上記のAmazon Music for Artistsのサイトのリンクからダウンロード/インストールします。

そしてアプリを開いて、amazonのアカウントにログイン。もしアカウントを持ってなかったら作成してください。

で、ログインしたら「Claim An Artist」からアーティスト申請をします。

Screenshot 20200316 235333

上の画面の検索ボックスから自分のアーティスト名を検索。もちろんAmazon Musicで自分の曲を配信してるのが前提です。

「mitchie」で検索してみるとありました!

amazon music for artists

「Mitchie M」を選択し、次にプルダウン項目から「Artist」を選択。

amazon music for artists

会社ではないので、CompanyはN/Aと入力しておきました。

そして①では自身のSNSと連携します。自分はTwitterと連携。たぶんこれが本人確認の決め手になってるのだと思います。

次の②では、CD Babyで既に曲をリリースしてたらアカウントを連携しますが、自分はしてないのでパス。

amazon music for artists

最後に③で公式サイトなどその他の情報を入力。

これで「Submit」を押せば申請完了!

Amazon Music for Artists

あとは審査結果を待つのみです。

すると、24時間経たずにメールで結果が来ました。無事申請が通りました!

amazon music for artists

データ解析について

これでアプリからアクセス解析を見る事ができるようになります。

Amazon Music for Artists

数値は念のため伏せてますが、どの音源がよく聴かれているかや、リスナーの数なども分かります。

Amazon Music for Artists

また、Amazon Music for ArtistsではAlexaを利用した音声リクエストの解析があるのが特徴。

Amazon Music for Artists

アーティスト名でリクエストしたのか、あるいはアルバム名や曲名でリクエストしたのかが分かるのが興味深いです。

最後に 

このように解析結果を見てみると、やはり最大手のSpotifyに比べると再生数は低いものの、Amazon Musicでも自分の曲がどれくらい聴かれてるのが分かって良かったです!

Amazon Musicで曲を配信してるアーティストの方は、ぜひAmazon Music for Artistsに登録して、アクセス解析を見ることをオススメします!

関連記事

Spotify for Artistsに登録!その方法を紹介
Spotifyで音源をリリースしてるアーティストは、Spotify for Artistsに登録することによって、自身のプロフィール情報の設定や、楽曲のリスニング動向のアナリティクスを見る事ができるようになります。 自分は普段YouTu...
Apple Music for Artistsに登録完了!その申請方法を紹介
Apple Musicでの、自分の曲の再生回数や購入状況を把握できるサービス、「Apple Music for Artists」。先日これにMitchie Mでのリクエストを送り、無事登録されました!Apple Music for Ar...

 
Mitchie M のコメント:

 

最近はAmazon Music HDに興味あります

 

【著者:Mitchie M @_MitchieM

コメント

タイトルとURLをコピーしました