音楽制作

クリエイティブ・コモンズ(CCライセンス)の「継承」の注意点

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)はインターネット時代のための新しい著作権ルールで、作品を公開する作者が「この条件を守れば私の作品を自由に使って構いません。」という意思表示をするためのツールです。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは
クリエイティブ・コモンズは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)を提供している国際的非営利組…

 
特にボカロに関わっていると、このライセンスのありがたさが良く分かるかと思います。これのおかげで”歌ってみた”などが安心して投稿できるのですね。

CCライセンスの条件には以下の4種類があります。

  1. 表示:作品のクレジットを表示すること
  2. 非営利:営利目的での利用をしないこと
  3. 改変禁止:元の作品を改変しないこと
  4. 継承:元の作品と同じ組み合わせのCCライセンスで公開すること

この4つを組み合わせて、全部で6種類のライセンスを定義することができます。

 
で、最近知ったのですが4番目の「継承」がなかなかくせ者なのです。

自分は音楽を作ってインスト版などをCCライセンスで配布してるのですが、音楽で「継承」を条件とした場合、それを使った作品の音楽以外の部分、例えばイラストや映像にも同じCCライセンスが付与されてしまうそうなのです。

なので例えば「音楽はCCライセンスの物を使ったけど、映像はCCライセンスにしたくない」というクリエイターさんは、「継承」が条件でない音楽を使う必要があります。

自分はこのルールを今まで知らなかったのですが、これって結構面倒ですよね。まぁそこまで厳密に意識してる人も少ないような気がしてますが・・・(^^;)

 
ということで、自分が音源を配布してるSoundCloudでは、配布曲の「継承(Share Alike)」は全曲外しました!

creative commons

SoundCloudはデフォルトで「Share Alike」はチェックが入ってるので、今までほとんど気にしてなかったのですが(汗)、「Attribution」と「Noncommercial」だけにしておくのが良いかなと。

これで少しでも音源が使いやすくなれば何よりです。

 
Mitchie M のコメント:

 

ちなみに、ニコニ・コモンズはCCライセンスとはまた違うそうです

 

【著者:Mitchie M @_MitchieM

コメント

タイトルとURLをコピーしました