Logic Pro

Apple Logic Proについての記事

Logic Pro

Pitch ‘n Time LEがLogic Proで認識しない時の対処法

Logic Proで高音質なタイムストレッチとピッチシフトを可能にしてくれるプラグイン「Pitch 'n Time LE」。   自分も愛用していて、Logic Proを使っているならぜひインストールしたいソフトウェアです。 が、...
Logic Pro

Logic Pro内蔵エキサイターの音のかかり方を解説

Logic Pro内蔵のエキサイター (Exciter) には、2つのタイプの音色「Color 1」と「Color 2」が用意されてます。 個人的な印象としては「Color 1」は強く前面に出る感じで、「Color 2」は自然な音で抜けを...
Logic Pro

ダブのディレイ・エフェクト音を作る方法

前回、Logic Proのディレイに関する記事を書きました。今回はその流れで、Logic Proでダブのディレイエフェクト音を作る方法を書いて行きます。 Logic ProにはTape Delayというダブ向きのエフェクターも内蔵しているの...
Logic Pro

Logic Pro内蔵Tape DelayとStereo Delayの音質の違いを検証

Logic proには、一般的なDelayエフェクターとして、旧式のテープエコー・マシンのサウンドをシミュレートしたTape Delayと、左右のチャンネルのディレイ、フィードバックを別々に設定できるStereo Delayが内蔵されてます...
Logic Pro

Logic ProのVintage Console EQの音のかかり方を検証してみた

名機NEVE 1073をエミュレートした、Logic Pro内蔵のEQ「Vintage Console EQ」。   その名の通りビンテージなコンソールの音を再現してくれるEQなのですが、アナライザーの機能はないので、視覚的に音...
Logic Pro

Logic ProのVintage Graphic EQの音のかかり方を検証してみた

1967年発売に発売されたAPI 560モジュールをエミュレートしたと思われる、Logic Pro内蔵10バンドグラフィック・イコライザー「Vintage Graphic EQ」。   このEQのかかり方がどんな感じなのか?個人...
Logic Pro

Logic ProのLoudness Meterで曲のラウドネス値を測定する方法

現在、多くの楽曲配信サービスや動画投稿サイトでは、「ラウドネス・ノーマライゼーション」を採用し、個々の楽曲や動画の音量のバラつきを少なくしています。 自分も2ndアルバム「バーチャル・ポップスター」をマスタリングする際は、これに使われるラウ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました