Logic Pro

Logic ProのVintage Graphic EQの音のかかり方を検証してみた

vintage graphic eq

1967年発売に発売されたAPI 560モジュールをエミュレートしたと思われる、Logic Pro内蔵10バンドグラフィック・イコライザー「Vintage Graphic EQ」。

Logic Pro X および MainStage の Vintage EQ について
Logic Pro X および MainStage には、クラシックな EQ モジュールをベースとした 3 つの Vintage EQ プラグインがあります。

 
このEQのかかり方がどんな感じなのか?個人的に気になったので検証してみました。その結果を記事にしたいと思います。

EQのかかり方の傾向

まずはEQのかかり方を検証。Output Modelはオフにして、倍音が付かないようにします。

vintage graphic eq

入力する音は、Test Oscillatorのホワイトノイズ。

test oscillator

この音にVintage Graphic EQをかけます。1kHzを最大の12dBまで上げて、スペアナで観察。

vintage graphic eq

するとこうなりました。

Vintage Graphic EQ

これがLogic ProのChannel EQにおいて、どれくらいのQ値でのかかり方に相当するのか調べます。

Vintage Graphic EQと同じく、Channel EQでも12dBをブースト。同じカーブになるようにQを設定したら、結果はこのようになりました。

vintage graphic eq

Q値が0.31で持ち上げたのと同じ感じになりました。

ここで注意したいのは、Vintage Graphic EQは「Proportional Q」であるという点です。Proportional Qだと、周波数をブースト/カットするほど、フィルタが狭くなります。なので、Channel EQも「Q-Couple」をオンにして、拡張パラメータのGain-Q Couple Modeを「Proportional」に設定してます。

Vintage Graphic EQとChannel EQのQ幅やカーブが同じとは限りませんが、だいたいQ値が0.31の感じと覚えておけば、Vintage Graphic EQを直感的に使いこなせるかと。

ただ、これが他のバンドについても同じかかり方をするか?と言うとほんの少しだけ違うようです。

例えば一番高い方のバンドで同じように検証してみます。

vintage graphic eq

ここでは分かりやすいように、Tuneを-12にして8.0kHzを+12dBで見てみます。結果はこんな感じ。

Vintage Graphic EQ

高域側のカーブに注目。で、Channel EQでも同じような感じになるよう設定。すると・・・

Vintage Graphic EQ

Qは0.35か0.37くらいで、少し狭くなりました。で、高域側のカーブがVintage Graphic EQより少し落ちてます。なので、Vintage Graphic EQの方は少しハイ上がりにかかると言えます。

これはロー側についても似たような傾向でした。今度はTuneを+12にして、62Hzを+12dBで見てみます。

vintage graphic eq

するとこんな感じ。

Vintage Graphic EQ

今度はロー側のカーブに注目。で、Channel EQで同じになるようEQをかけてみると・・・

Vintage Graphic EQ

Qは0.37で同じような感じになりますが、ロー側のカーブが落ちてます。

他のバンドも検証してみた結果、「バンドの端に行くほどQが狭くなり、高/低側の帯域が少し持ち上がってEQがかかる」という結論です。

まあ今回最大の12dB上げて少しの差が出てる感じなので、普通に使う分にはほとんど気にならないのではないかと。

Vintage Graphic EQのかかり方については、Q値が0.31から0.37 (proportional) の感じでEQがかかる事を覚えておけば十分かと思いました。

ちなみに、EQ(IN)をオンにした状態と、Vintage Graphic EQ自体をバイパスした時の音の変化は確認できませんでした。

OUTPUT MODELの音の傾向

では次に、Vintage Graphic EQのOutput Modelの音の傾向を検証します。

vintage graphic eq

Vintage Graphic EQではOutput Modelは「Punchy」がデフォルトです。

で、この状態で何もEQせず、Test Oscillatorの1kHzのサイン波を入力。

test oscillator

これをアナライザーで見るとこうなりました。

vintage graphic eq

2kHzの倍音が付加されてるのが分かります。

このように、Vintage Graphic EQのOutput Model「Punchy」では、第2倍音が付加されます。

今のはDRIVEの値が0でしたが、今度はそれを上げて行きます。

vintage graphic eq

DRIVEを上げると第2倍音が増えて行きますが、DRIVEの値が9.4以上になったところで変化が、

vintage graphic eq

第3倍音以上の歪みが加わりました!このようにDRIVE値が9.4以上で大きな歪みが加わる事を覚えておくと良いかも。

ちなみに、EQについては音の色付けはなく、Output Modelで倍音を加えビンテージ感を出してます。なのでEQせずOutput Modelだけを通すという使い方も良さそうです。

最後に

 という、Vintage Graphic EQのかかり方の検証結果でしたが、正直EQ部分の音に関してはカーブ以外はChannel EQとほとんど変わらない気がしました (^^;)

何か参考になれば幸いです。

 
▼ 関連記事

Logic ProのVintage Console EQの音のかかり方を検証してみた
名機NEVE 1073をエミュレートした、Logic Pro内蔵のEQ「Vintage Console EQ」。 その名の通りビンテージなコンソールの音を再現してくれるEQなのですが、アナライザーの機能はないので、視覚的に音の変化を確...

 
Mitchie M のコメント:

 

他のVintage EQも検証してみようかな・・・

 

【著者:Mitchie M @_MitchieM

コメント

タイトルとURLをコピーしました