音楽制作

Spotify for Artistsに登録!その方法を紹介

Spotifyで音源をリリースしてるアーティストは、Spotify for Artistsに登録することによって、自身のプロフィール情報の設定や、楽曲のリスニング動向のアナリティクスを見る事ができるようになります。

Home – Spotify for Artists
Get more out of Spotify with tools & tips for artists and their teams.

 
自分は普段YouTube MusicやGoogle Play Musicを使ってるので、Spotify for Artistsへの登録を忘れてたのですが(汗)、無事登録できたので、その方法を紹介したいと思います。

Spotify for Artistsの登録方法

まずは、Spotifyのアカウントを持っていない人はSpotifyのアカウントを作成します(無料プランでも大丈夫です)。この際、自身の公式サイトがある場合はそのドメインのメアドで登録した方が良いかも知れません。理由は後ほど。

で、まず登録にはSpotify for Artistsのサイトに行きます。

Spotify for Artists

そして「CLAIM YOUR PROFILE」をクリック。

Spotify for Artists

そのまま「CONTINUE」をクリック。Spotifyにログインしてない場合はログイン画面になります。

するとアーティスト検索画面になるので、自分の名前を入力して選択してください。

Spotify for Artists

すると上のような画面になるので、本名や仕事で使ってるメアドを入力。RoleはアーティストならArtistを選択。

「NEXT」をクリックスすると、次にSNSなどの接続設定をします。

Spotify for Artists

自分はインスタはやってないので、Twitterを接続。あとはその下の公式サイトのURLを入力します。

これでSpotifyのtermsなどに同意して、「SUBMIT」をクリックしたら申請は完了。あとは審査の結果を待ちます。結果は3日以内にメールで連絡が来るそうです。

これだけの情報で本人確認はどうしてるのか謎ですが、自分はTwitterに公式マークが付いてるので、それで判断されたのではないかと予想。なので先ほども言いましたが、メアドもできれば公式サイトのドメインだと審査に通りやすいかと思います(自分は別のメアドで申請しましたが)。

そして後ほど、1日しないうちに審査完了の連絡が来ました!無事通過!!

Spotify for Artists

Spotify for Artistsの設定

では早速Spotify for Artistsのページにアクセス。この際なぜかSpotifyのログイン・パスワードを変更しなければなりませんでした。その点だけ注意してください。

ログインすると下の画像のような画面が出て来ます。

Spotify for Artists

ここでアーティスト・ページのイメージ・ギャラリーの画像や、バイオグラフィーを設定できます。あとインスタ、Twitter、facebook、Wikipediaのリンクも設定可能。

Spotify for Artists

これはありがたいですね!

さらに、ヘッダー画像やアバター画像も設定できます。

Spotify for Artists

ただし、アバター画像は一度設定するとRemoveできないとのこと。設定するなら慎重に判断してください。自分は見送りました。(^^;)

他にもSpotify for Artistsに登録すると、アーティストからのオススメ曲やプレイリストを載せたり、アクセス解析まで可能です。

アクセス解析機能はSpotify for Artistsのサイトの「Audience」から見ることができます。ちなみに、Home画面ではリアルタイムで現在何人聴いてるかも確認可能。

あと自分はライブはしないですが、コンサート情報も載せられますね。

 
ということで、このSpotify for Artists便利です!自分のアーティストページはこんな感じになりました。^^

Spotify for Artists

埋め込んでおきます。

もしSpotifyで音源をリリースしたなら、真っ先にSpotify for Artistsに登録することをオススメします!!

 
追記
:後日「Apple Music for Artists」と「Amazon Music for Artists」にも登録しました。

Apple Music for Artistsに登録完了!その申請方法を紹介
Apple Musicでの、自分の曲の再生回数や購入状況を把握できるサービス、「Apple Music for Artists」。先日これにMitchie Mでのリクエストを送り、無事登録されました!Apple Music for Ar...
Amazon Music for Artistsに申請してデータ解析を見る方法
先日、Amazon Musicのアーティスト向けデータ解析サービス、「Amazon Music for Artists」が提供を開始しました。 そこで、早速アーティスト申請をして使ってみたので、その登録方法などについて書きたいと思います...

 
Mitchie M のコメント:

 

Home画面ではリアルタイムで今何人聴いてるかが分かるよ

 

【著者:Mitchie M @_MitchieM

コメント

  1. こうへい より:

    こんにちは。お尋ねしたいことがありコメントいたします。
    本記事を参考にさせていただき、無事申請は通過したようなのですが、”You’re in”のメールアドレスから”Get Access”をクリックすると、”Claim an artist profile”のページに飛んでしまい、あらためて申請を求められてしまいます。ならばとSpotify for artistのWEBページから直接ログインしても、アーティスト情報の編集ができるようなボタンは見当たらず、結局は審査通過前の同じ画面が表示されます。
    どうしたらいいのかわからず、もしMitchie M様から何かヒントになるような情報がいただければ…と思いコメントしました。どうぞよろしくお願いいたします。

    • Mitchie M より:

      Spotifyのアカウントを複数持ってて、Spotify for Artistsを登録した時と違うアカウントでログインしてたりしないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました