VSLはSTANDARDライブラリを購入するとEXTENDEDライブラリが一緒にインスコされる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

先月、VIENNA SYMPHONIC LIBRARY(VSL)の「CHAMBER STRINGS 1」を導入しました。

Vienna Symphonic Library

 

VIENNA SYMPHONIC LIBRARYは、基本的な奏法を収録した「STANDARDライブラリ」と、より専門的な奏法を収録した「EXTENDEDライブラリ」が用意されていいます。今回はとりあえず「CHAMBER STRINGS 1」の「STANDARDライブラリ」をポチりました。

使ってみると、とてもリアルな音で満足してたのですが、ここで事件発生。

楽曲の提出前日にライブラリの一部の音が使えなくなる事態に!

vienna symphonic library standard extended

上の画像で赤くなってるのが、その使えなくなった奏法の音です。突然音が鳴らなくなったのでこれは焦りました(汗)ちゃんと購入したので使えなくなるはずはないのですが・・・。

「Vienna Key(ドングル)」が壊れたかな?と思い、e-Licenserのソフトを試みることに。しかし「CHAMBER STRINGS」のライセンスは問題なく表示されてるのですよね・・・。

 
で、1時間半くらい考えた挙句、原因がわかりました(汗)

VSLはSTANDARDライブラリを購入しても、EXTENDEDライブラリが一緒にインストールされるのですね。で、それが30日間トライアルで使用できます。

なので、上の画像の赤くなって使えなくなった奏法は、EXTENDEDライブラリに収録されてる物だったのです。そういえば最近「ライセンスが切れますよ」的なメッセージが出てたな・・・(汗)

ということで、このまま音が鳴らないのは困るので、結局はEXTENDEDライブラリも購入しました。商売が上手だなぁ。(^^;)

今まで「STANDARDライブラリ」+「STANDARDライブラリ」の「FULLライブラリ」しか買ったことがなかったので分からなかったのですが、「STANDARDライブラリ」のみ購入する場合は、この事を知っておいた方が良いと思います。

ちなみに、e-Licenser Controlには下のように表示されます。

vienna symphonic library e-licencer

末尾に「L2」と付いてるのが、EXTENDEDライブラリのライセンスです。これがなかったら、STANDARDライブラリのライセンスのみということです。

 
ちょっとこの事で苦戦しましたが、VSLはEXTENDEDライブラリがあると音がリアルですね!

STANDARDライブラリのみを購入する場合は、公式サイトで収録されている奏法を事前に確認しておきましょう。

EXTENDEDライブラリについては、こちらの日本語ページで説明してくれてます。

VIENNA SYMPHONIC LIBRARY | SONICWIRE

 

 
Mitchie M のコメント:

 

今回は問題なかったけど、もしドングルが突然壊れたらすごく困るね

 

▼ その他のVIENNA SYMPHONIC LIBRARY関連の記事

VIENNA INSTRUMENTSでストリングスのアタックを強調する方法
私の愛用している、オーケストラ音源の『VIENNA INSTRUMENTS』 VIENNA SYMPHONIC LIBRARY | SONI...
口笛をソフト音源化したVienna Whistlerの音がリアルすぎ!
自分の楽曲で口笛の音が欲しい場合は、今までは自分で吹いて録音してました。けど今作ってる曲で、どうしてもビブラートをかけた口笛の音が必要だった...
VIENNA INSTRUMENTS PRO 2を導入。エンベロープ・タイムストレッチ機能が便利!
 愛用しているオーケストラ音源『VIENNA INSTRUMENTS』。先日、そのシリーズ専用の高機能プレイバックエンジン『VIENNA I...

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. 夢幻キリコ より:

    こういう出費は嫌ですねぇ(-_-)
    もともと購入するつもりならわかりますが。
    まぁ詐欺ではないので仕方ないですが、でもやっぱりなんとなく嫌な感じです。

  2. 道産子スキーヤー より:

    mitchieさんこんばんは!
    ドキドキものでしたね。趣味の音楽作りでしたら、音源を差し替えたり、打ち込みしなおしたりして間に合わせるのでしょうが、仕事の場合納期もあるし、作品の質も落とせないから簡単に差し替える訳にもいきませんよね。VSLなかなかやりますね~!

  3. あゆみ より:

    お疲れ様です
    冷や汗ものですね
    で!さらにリアルな音ですか、今後の発表作品が楽しみです
    特注銀線ケーブルで迎え撃ち、楽しみたいです

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

facebookアカウントでコメント


Google+アカウントでコメント