DAW

Vienna Instrumentsの手動インストール方法

Vienna Symphonic Library 社のオーケストラ音源「Vienna Instruments」。

Virtual Instruments, Samples, Audio Software - Vienna Symphonic Library
Vienna Symphonic Library creates high-end orchestral sample libraries and software for professional music productions.

 
PC(Mac)の新調に際しこの音源を再インストールしたのですが、Vienna Instrumentsはかなり容量の大きい音源なので、公式サイトからデータをダウンロードしてインストールし直すと非常に時間がかかります。

そこで既にインストールされている音源をコピーして、手動インストールする方法を備忘録として書いておきたいと思います。

 
まず最初に、プレイバックエンジンのVienna Instrumentsをインストールしてください。これは公式サイトからダウンロードしてインストールするといいでしょう。

するとスタンドアローンアプリなどが入ったフォルダが、アプリケーションフォルダにできます。

vienna instruments インストール

後ほどここのDirectory Managerを使って、音源データベースを読み込みます。

 
次に音源データベースを古いPCからコピー。

vienna instruments インストール

ちなみに、音源フォルダの中身はdatファイルです。置き場所はどこでもいいですが、自分は Documents/VSL フォルダに置くようにしてます。

次に、先ほど書いたDirectory Managerを起動。これで下の画像のように音源データベースのフォルダを読み込んでください。”Add folder”ボタンをクリックすればフォルダーを選択できます。

Vienna Instruments インストール

これでVienna Instrumentsを起動したときに音源が読み込まれ、楽器を選択できるようになります。以上で完了。

この方法はインストール以外にも、音源データベースのディスクを変える際にも使えますので、覚えておくと良いでしょう。

【著者:Mitchie M @_MitchieM

コメント

タイトルとURLをコピーしました