Logic Pro純正コンプの音の傾向を波形で比較検証してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

Logic Pro純正コンプレッサーの、サーキット回路シミュレーションを変えると、音がどのように変わるのか波形を使って検証してみます。

この変化の傾向を知れば、ミックスでLogicコンプを使う時に、どのサーキットタイプを選べば良いかの参考になるかと思います。

サーキットタイプ別比較テスト

比較する音素材

まず、コンプする音の素材ですが、EXS24のサイン波を使います。これをディケイ短めにして、コンプするとどのように波形が変化するかを見てみます。

まずは使用する音源のEXS24。

Logic pro exs24

そして作ったテスト音色がこちら。

Logic pro exs24

頭の部分の波形を拡大。

Logic pro exs24

サイン波なので、綺麗な波の形です。

サーキット回路によっては、アタックとリリース速めで倍音が付き、この波形が変形します。倍音の付き方については、こちらの記事を参考にしてもらえたら幸いです。

▼ 参考記事:

Logic Pro純正コンプレッサーの倍音の付き方を知って、音作りに活用しよう
Logic Proの純正コンプレッサー(Compressor)に限らずですが、コンプは音を抑えるだけでなく、コンプした 際に倍音が加わること...

コンプレッサーの設定

この音を各サーキット回路別でコンプしてみます。コンプの設定は、

  • アタック:1ms
  • リリース:10ms
  • レシオ:最大
  • ニー:0
  • スレッショルド:音を-10dBリダクションする値
  • メイクアップ:ピークの音量がそれぞれのコンプで同じくらいになる値

という感じです。

では、どんな結果になったのか見て行きます。

試験結果

Platinum Digital

Logic pro studio platinum

Logic pro platinum digital

Logic pro platinum digital

コンプした音はアタックが潰れないので、メイクアップで音量を上げられませんでした。

結構アタックがパツパツした音になり、コンプのアタックの値を0にしても頭は潰れないです。なので、ドラムなどの鋭いアタックを抑えるのには向いてません。

波形は倍音がほとんど付かないので、綺麗なサイン波です。

これらの事から、Platinum Digitalはスローアタックなパッド系の音を揃えるのに向いていると思います。

Studio VCA

Logic pro studio vca

Logic pro studio vca

Logic pro studio vca

コンプすると良い感じに音が潰れます。けどそれほど強くは潰れないです。

そして若干「ニー」を上げたようなかかり方がします。なので自然な感じで音を揃えるのに向いてます。

波形は少し変形しているで、頭に倍音が付加されているのがわかります。

メーターの振れ方が他のより小さいので、とても扱いやすいコンプです。

Studio FET

Logic pro studio fet

Logic pro studio fet

Logic pro studio fet

音の傾向としては、Studio VCAと似ています。けどコンプのかかり方はこちらの方が少し強いです。

倍音の付き方もStudio VCAとほぼ一緒です。

Studio VCAより少し強めのコンプ感がほしい時に使うと良いでしょう。

Classic VCA

Classic VCA Logic pro

Logic Pro Classic VCA

Logic pro classic vca

これもPlatinum Digitalと同様に、アタックが潰れません。

Classic VCAはアタックとリリースが設定できない代わりに、無難なアタック、リリースタイムが設定されていて、不自然さのない波形になってる印象です。

サイン波も崩れてないので、倍音はほとんど付いていません。

Vintage VCA

Logic pro vintage vca

Logic pro Vintage VCA

Logic pro vintage vca

これはかなり音が潰れます。今回の実験したサーキット回路の中で、一番音が変形すると言って良いです。

アタックはリミッター的に潰す事ができます。なので積極的に音作りをするのに向いているでしょう。

また、波形も変形して若干歪みっぽくなっています。アタック、リリースを速めで使えば、音に倍音が付いて勢いが出ますね。

ただゼロアタックで使うと、かなりノイズっぽい音が付加されるので注意です。

Vintage FET

Logic pro vintage fet

Logic pro vintage fet

Logic pro vintage fet

コンプのかかり方や音の傾向は、Vintage FETに似てます。ただ倍音の付き方は、こちらの方がほんの少し弱い印象ですね。

Vintage VCAではコンプ感が強すぎる場合は、こちらを試してみると良いかも。

Vintage Opto

Logic pro vintage opt

Logic pro vintage opto

Logic pro vintage opto

今回のようなアタック、リリースが速い設定では、あまりコンプされた感じはしません。頭が一瞬リダクションされている程度です。波形で見た場合、リリースを20ms以上にしないと、効果は分かりにくいと思います。

けど倍音の付き方は独特で、ノイズっぽい音が頭に付いていますね。

Vintage Optoは細かい音量のコントロールはできませんが、ビンテージコンプっぽい音にするのには向いてます。

まとめ

音の傾向の似たサーキット回路がいくつかあるので、全てのコンプを使いこなせる必要はないと思います。

パラメータによっても音は変わってくるので、とにかくいじりまくって音の傾向を把握するのが、Logicコンプを極める一番の近道なのではないでしょうか。

▼ 他にもこんなLogic純正コンプの記事を書いてます。

Logic Pro純正コンプレッサーの使い分け方をサーキットタイプ別で解説
前回はLogic Proの純正コンプレッサーの、サーキット回路シミュレーション別でのコンプのかかり方について書きました。 ▼ 前回の記事: ...
Logic Pro純正コンプレッサーの倍音の付き方を知って、音作りに活用しよう
Logic Proの純正コンプレッサー(Compressor)に限らずですが、コンプは音を抑えるだけでなく、コンプした 際に倍音が加わること...
Logic Pro コンプレッサーのサイドチェイン機能と使い方を解説
Logic Proのコンプレッサー(Compressor)は、画面右の「Side Chain」ボタンを有効にすることで、この機能を使うことが...
Logic Pro付属コンプレッサーの「Limiter」パラメータを詳しく解説
今回はLogic Pro付属コンプレッサー(Compressor)に搭載されている、「Limiter」(リミッター)パラメータについて詳しく...
Logic Pro付属コンプレッサーのDISTORTIONパラメータを詳しく解説
私もよく使っているLogic Pro付属のコンプレッサー(Compressor)。 このコンプについている「DISTORTION」パラメー...

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. 夢幻キリコ より:

    これは主になんの音に使うコンプレッサーなんですか?
    ミクさん?
    オケ?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

facebookアカウントでコメント


Google+アカウントでコメント