Logic Pro

Logic Pro純正コンプレッサーの使い分け方をサーキットタイプ別で解説

前回はLogic Proの純正コンプレッサーの、サーキット回路シミュレーション別でのコンプのかかり方について書きました。

▼ 前回の記事:

Logic Pro純正コンプの音の傾向を波形で比較検証してみた
Logic Pro純正コンプレッサーの、サーキット回路シミュレーションを変えると、音がどのように変わるのか波形を使って検証してみます。この変化の傾向を知れば、ミックスでLogicコンプを使う時に、どのサーキットタイプを選べば良いかの参考にな...

そこで今回は前回の内容を踏まえて、「どんな楽器にどのサーキットタイプを使えば良いのか」を解説したいと思います。

ただ、これは私の判断基準です。コンプの使い方に正解はないので、以下に書く事は参考程度にとどめておいてもらえればと思います。

Platinum Digital

studio platinum

向いている楽器:シンセパッドなどスローアタックなもの

解説

Platinum Digitalは前回の記事にも書きましたが、アタックの頭を潰すことができません。なので、これを使う場合は、シンセパッドなどのスローアタックな楽器の音量を抑えるのに向いています。

また、音色の傾向としては倍音による色付けはほとんどないです。したがって、音色を変えずに純粋に音量を抑える目的で使うのが良いです。

Studio VCA

studio vca

向いている楽器:ボーカルやベースなど何でも

解説

Studio VCAは、どんな楽器でもオールマイティーに使えます。

自分は初音ミクのボーカルは全てこのコンプを使ってますね。付け加えて言うとボーカルはコンプで音量を揃えるよりは、細かくボリュームを書いた方が良い結果が得られると個人的には思ってます。

Studio VCAのコンプのかかり方はVintage VCA、FETと比べるとそれほど強くないです。けど潰し過ぎることのないかかり方で、倍音付加により音が前に出てきます。

なので、極端に音作りをする場合を除けば、とりあえずこのコンプを挿して試してみるのが良いでしょう。

Studio FET

向いている楽器:皮物のドラム

解説

Studio FETは、前述のStudio VCAがもう少し強くかかるようになったものというイメージです。

なので、皮物のドラムのようにコンプでしっかり音を揃えた方が良い楽器に向いていると言えます。

Classic VCA

Classic VCA Logic pro

向いている楽器:Platinum Difgitalと同じ

解説

自分はこれをあまり使ったことがありません。(^^;)

コンプのかかり方や音についてはPlatinum Digitalと同じです。Classic VCAはアタック、リリースが設定できないので、結局Platinum Digitalの方を使ってしまいますね・・・。

けど、60年代のコンプでパツパツさせたような音を作りたい場合、これが合いそうです。

Vintage VCA

vintage vca

向いている楽器:キック、スネア、ギター、パーカッション

解説

Vintage VCAは一番音を潰すことができます。なので、打ち込みのドラムで、キックやスネアを思いっきりコンプして、太い音を作るのに向いてます。

また、ギターではアタックのピークを除去するのにも適していますし、倍音多く付加されるので、音が前に出てきて気持ち良いサウンドになります。

それとパーカションでは、強すぎるアタックを抑える場合や、リリースを大きく持ち上げるのにも良いです。

Vintage FET

vintage fet

向いている楽器:ハイハットなど金物のドラム、ハモリなどのコーラス

解説

音の傾向としてはVintage VCAをほんの少し弱くした感じです。けどかなり音は潰せます。

個人的には高域の音が良い感じに出るので、ハイハットなど金物のドラムにかけることが多いです。

あとハモリでは、音を潰してボーカルに対してしっかり聴こえるようにした方が良いため、このコンプを使ってます。

Vintage Opto

vintage opt

向いている楽器:ビンテージコンプっぽい音が欲しい場合なら何でも

解説

Vintage Optoは細かい音量のコントロールができません。ですが、これをかけるとビンテージコンプ独特の音になるので、そういう音が欲しい場合にはこれを使うと良いでしょう。

最後に

・・・とこんな感じですが、コンプの設定の仕方によっても使える楽器は変わってくるので、色々と試してもらえたらと思います。

コンプの設定の仕方については、以下の本がオススメです。

この本で使用してるのは、PrioToolsの付属コンプなので、Logic Pro付属コンプとは若干かかり方が違います。

けど、コンプ前とコンプ後の波形変化が載っているので、視覚的にコンプによる音の変化を理解することができて、勉強になります。

 
Mitchie M のコメント:

 

最初は違いがわからなくても、慣れてくると「コンプ耳」になってくると思う

 

▼ 他にもこんなLogic純正コンプの記事を書いてます。

Logic Pro純正コンプレッサーの倍音の付き方を知って、音作りに活用しよう
Logic Proの純正コンプレッサー(Compressor)に限らずですが、コンプは音を抑えるだけでなく、コンプした 際に倍音が加わることで音が太くなります。基本的にはアタック、リリースが速めだと倍音の付き方も大きいです。そこで今回、Lo...
Logic Pro コンプレッサーのサイドチェイン機能と使い方を解説
Logic Proのコンプレッサー(Compressor)は、画面右の「Side Chain」ボタンを有効にすることで、この機能を使うことができます。 サイドチェインと言っても、クラブミュージックで良く聴く「ンワンワ」したやつではありませ...
Logic Pro付属コンプレッサーの「Limiter」パラメータを詳しく解説
今回はLogic Pro付属コンプレッサー(Compressor)に搭載されている、「Limiter」(リミッター)パラメータについて詳しく解説したいと思います。 まずコンプレッサーの画面がこちら。 で、右上の方に「Limiter」...
Logic Pro付属コンプレッサーのDISTORTIONパラメータを詳しく解説
私もよく使っているLogic Pro付属のコンプレッサー(Compressor)。 このコンプについている「DISTORTION」パラメータについて解説したいと思います。 感覚で使ってる人も多いかもしれませんが、説明書には細かいことは書...

【著者:Mitchie M @_MitchieM

コメント

  1. コンプの種類によって特性も違うものですねぇ。
    ってかこれ全部Mitchieさん持ってるんですか!?
    ものすごくお金かかったんじゃ…><

タイトルとURLをコピーしました