Logic Pro付属コンプレッサーはどれを使えば良いか?一番使えるコンプはこれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

フォロワーさんからLogic Pro付属のコンプレッサーの記事のリクエストを頂いたので、それについて書きたいと思います。

Logic Pro付属のコンプレッサー(Compressor)は、サーキット回路をエミュレートした7つのタイプが用意されてます。名前を挙げると、

  1. Platinum Digital
  2. Studio VCA
  3. Studio FET
  4. Classic VCA
  5. Vintage VCA
  6. Vintage FET
  7. Vintage Opto

の7つです。

ただでさえエフェクト効果のわかりにくいコンプレッサーなのに、7種類もあると初心者の方はどれを使っていいのかわからないかと思います。

そこで独断で、一番使えるLogic Pro付属のコンプレッサーを選ばせて頂こうかと思います。(^^;)

Logic使用歴の非常に長いMitchie Mが選んだそのコンプとは・・・

 

ずばり「Studio VCA」です!

 

logic pro compressor studio vca

迷ったらまずこれを選んでおけば良いかと。ほぼどんな楽器にも有効に使えます。もちろんボーカルにもOK。

自分は「Studio VCA」を「Compressor」のデフォルトに設定してますね。

これが良い理由としては以下の3つが上げられます。

  1. コンプのかかり方が良く、音が前に出る
  2. アタック、リリースが早めで音に倍音が付く
  3. コンプしても低音が保たれる(個人的な感想)

1番目は、「Studio VCA」は自然な心地よいコンプのかかり方がする印象で、かつ音に勢いも出てきます。音量をバイパスした音に合わせ、両者を比較してみると良くわかるかと思います。

そして、メーターの振れ幅が他と比べて小さくとても扱いやすいので、コンプを使い慣れてない人はコンプし過ぎることなく扱えるでしょう。

2番目については、前回のコンプの記事でも少し触れてますが、アタック、リリースが早めの設定で音に倍音が付きます。

例えば以下のような設定で、1kHzのサイン波を入力。もちろん「DISTORTION」はオフです。

Studio VCA Logic Pro Compressor

で、コンプした音の周波数分布を見てみると

Studio VCA Logic Pro Compressor

3kHzの倍音が付加されてます。これにより「Studio VCA」はコンプすると音が太くなるのですね。

ちなみに「Platinum Digital」と「Classic VCA」は倍音がほとんど付かなくて、それ以外では倍音を付けることができます。けど「Studio VCA」の場合は他と比べ、コンプすると聴いた感じで低音感が減少することはない印象なので、個人的に音が良いなと思ってます。なのでベースにも向いてますね。

そういうことで、「Studio VCA」比較的扱いやすいコンプのかかり方と音なので、これが一番オススメです!

あと「Studio VCA」は「Knee」のパラメータがありませんが、初心者の方はいじる項目が減って扱いやすいのではないかと思います。

ただ、思いっきり音を潰すような音作りには、他のサーキット回路を選択した方が良いです。そこは注意してください。

  
逆に、音に色付けせず純粋に音量をコントロールしたいなら「Platinum Digital」を使うことをオススメします。

Logic Pro Platinum Digital compressor

音に面白みはありませんが、音を変えることなくコンプしてくれます。ただし「Platinum Digital」は他と比べアタックが遅めなので注意。

各サーキット回路の音の傾向はこちらの記事にまとめてあるので、参考にしてもらえたら幸いです。

▼ 参考記事:

Logic Pro純正コンプの音の傾向を波形で比較検証してみた
Logic Pro純正コンプレッサーの、サーキット回路シミュレーションを変えると、音がどのように変わるのか波形を使って検証してみます。この変...

 
あと番外編として、ギターのサスティンを上げる場合などには、「Pedalboard」の「SQUAH COMPRESSOR」を使うのもアリです。

squashcompressor Logic Pro

 
以上ですが、機会があればそれぞれのコンプの倍音のつき方の記事でも書ければと思ってます。

ちなみに、この前「Compressor」の「DISTORTION」パラメータに関する記事を書きましたので、よかったらこちらもどうぞ。

Logic Pro付属コンプレッサーのDISTORTIONパラメータを詳しく解説
私もよく使っているLogic Pro付属のコンプレッサー(Compressor)。 このコンプについている「DISTORTION」パラメー...

【著者:Mitchie M @_MitchieM

Mitchie M の最後に一言:

 

コンプはとにかくいじって、音の変化に慣れることが大事

 

▼ 他にもCompressorのこんな記事を書いてます。

Logic Pro純正コンプレッサーの使い分け方をサーキットタイプ別で解説
前回はLogic Proの純正コンプレッサーの、サーキット回路シミュレーション別でのコンプのかかり方について書きました。 ▼ 前回の記事: ...
Logic Pro付属コンプレッサーのDISTORTIONパラメータを詳しく解説
私もよく使っているLogic Pro付属のコンプレッサー(Compressor)。 このコンプについている「DISTORTION」パラメー...
Logic Pro付属コンプレッサーの「DISTORTION」を音を太くするエフェクターとして使う
この前、Logic Pro付属「Compressor」の「DISTORTION」パラメータについての記事を書きました。 ▼ 関連記事: ...
Logic Pro付属コンプレッサーの「Limiter」パラメータを詳しく解説
今回はLogic Pro付属コンプレッサー(Compressor)に搭載されている、「Limiter」(リミッター)パラメータについて詳しく...
Logic Pro コンプレッサーのサイドチェイン機能と使い方を解説
Logic Proのコンプレッサー(Compressor)は、画面右の「Side Chain」ボタンを有効にすることで、この機能を使うことが...
Logic Pro純正コンプレッサーの倍音の付き方を知って、音作りに活用しよう
Logic Proの純正コンプレッサー(Compressor)に限らずですが、コンプは音を抑えるだけでなく、コンプした 際に倍音が加わること...

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. @大佐 より:

     すみません。
    拝見しましたが、私は勉強不足です…。

  2. hartfield より:

    初めてコメントさせていただきます。ボカロでJpopのカバーをやっています。自分はcubaseを使っているのですが、コンプ7種類!しかも名前を見ただけで役割がわかるって、うらやましいです。FETコンプほし~い。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

facebookアカウントでコメント


Google+アカウントでコメント