浅間岳・大澄山ハイキング。玉川上水の起点 羽村堰が面白い![東京都羽村市 / あきるの市]

浅間岳 ハイキング

先日1月20日に東京都あきるの市にある浅間岳(せんげんだけ:標高235m)と大澄山(だいちょうざん:標高192)にハイキングしてきました。山というよりは丘陵ですね。(^^;)

けど、浅間岳は多摩100山にも選ばれており、意外と人気の山です。また、近くを流れる多摩川には、玉川上水の起点となる羽村取水堰があり歴史的にも面白い場所なのですね。

山歩き以外にも色々と見どころがあるこのハイキングコースをレポートしたいと思います。

ハイキングコースと地図

まず、今回のハイキングのルートと地図はこちら。

JR青梅線の羽村駅からスタート。羽村堰を通って浅間岳大澄山に登り、福生駅まで歩きます。

コースはヤマレコMAPを見て設定しました。丘陵歩きなので、浅間岳と大澄山に行くことだけ決めて歩いた感じです。

で、実際自分が歩いてみたところ、コースタイムは2時間32分歩行距離は8.04kmでした。区間別の所要時間など、詳細はヤマレコの山行記録に載せてあります。

ではレポートに行ってみましょう!

浅間岳・大澄山ハイキング・レポート

ということで、JR青梅線の羽村駅に到着。

羽村駅

西口からスタートしますが、実は駅東口のすぐ近くに今回見逃した観光名所があります。

まいまいず井戸」という史跡なのですが、地表面をすり鉢状に掘り下げ、すり鉢の底の部分から更に垂直に掘った構造の井戸です。鎌倉時代に創建されたと推定される珍しい史跡なので、来たら見ておくと良いかも。

▶︎ まいまいず井戸|羽村市五ノ神の名所旧跡

 
では、ハイキング開始。まずは多摩川を目指します。

途中稲荷神社禅林寺を通ると、玉川上水手前に山田屋という和菓子屋さんがあります。

山田屋

調べたらこのお店の「桜サブレ」が羽村市銘菓とのことなので、ハイキングの食料も兼ねて買ってみることに。

桜サブレ

あとで食べてみたのですが、素朴な懐かしい感じのするサブレで美味しかったです!桜の花びらが乗ってるのが特徴なのですが、羽村堰が桜の名所だからのようです。

玉川上水の起点 羽村取水堰

で、その羽村取水堰すぐ手前の玉川上水に到着。

玉川上水

橋を渡って上流側に歩いて行くと、公園のような感じになってるのですね。そこには玉川上水を作った玉川兄弟の像が。

玉川兄弟

江戸中心部まで40kmを超える距離を、100mの高低差を使って水を流すプロジェクトはもはや伝説。しかも8ヵ月で作ったとか!

途中失敗もあり、そこは福生市に水喰土公園という名前で残ってたり、興味深い話が多いです。

で、ここから羽村堰が見えます。

羽村堰

おお、確かに多摩川の一部を堰止めて玉川上水に流してますね。

羽村堰

玉川上水 起点

これが江戸の飲み水になったのかぁ。あまり下調べせずに来たのですが、これ見たら玉川上水の歴史を勉強したくなりました。

あと、ここから少し歩いたところに玉川上水の水神宮「玉川水神社」があるので、そちらにも行ってみると良いかも。

▶︎ 玉川水神社|羽村市羽東の神社

浅間岳へ

では浅間岳へ行きましょう。多摩川を渡りますが、台風19号の影響で一部が結構荒れてますね・・・。

羽村堰

橋を渡ったら道標があるので、土手を上流方面に歩きます。

浅間岳 ハイキング

すると羽村市郷土博物館の前に来ます。

羽村市郷土博物館

今回は休館日だったのですが、屋外に古民家(旧下田家住宅)とかあったので、時間があったら寄ってみると面白いかも。

▶︎ 郷土博物館 | 羽村市公式サイト

 
で、郷土博物館の横の道を通って山に入って行きます。

浅間岳 ハイキング

平日だったのですが、意外と歩いてる人多かったですね。近所の住民のお散歩コースになってるのかな?

しばらく登ると、羽村神社に到着。

羽村神社

ここから市街地を望むことができます。高さはそれほどないけどいい眺め。

浅間岳 展望

そして、羽村神社からほんの少し登ったところに浅間岳山頂があります。

浅間岳山頂

山頂にはあずまやがありますが、こちらは展望はあまりないです。標高235m。

大澄山へ

次は大澄山へ。コースのすぐ隣がゴルフ場なので、その横をずっと歩いて行きます。

浅間岳 ハイキング

しばらくすると舗装路に出るので、道を横切って再び山の中へ。

大澄山 ハイキング

少し登ったところに朝日山妙見堂という寺院があるのですが、建物はなくなってました。

妙見堂

さらに進むと左へピークを巻く道になりますが、右に行って山頂へ。

番神山

すると「番神山」という道標が。

番神山

山頂はとくに何もないので、ここは巻いて良かったかな・・・。

さらに進むと、一旦大きな車道に出ます。

大澄山 ハイキング

道を渡って再びハイキングコースへ。少し進むと竹林。

大澄山 ハイキング

で、この先が大澄山山頂です。

大澄山

あずまやがあって広い広場になってます。

大澄山 ハイキング

標高は192m。ずっと「おおすみやま」って読んでましたが、「だいちょうざん」が正解です。

福生駅へ

では下山。降りるコースは草花神社方面と、慈勝寺方面がありますが、草花神社に行ってみます。

草花神社は行ってみると、少し高いところにある眺めの良い境内でした。

草花神社

▶︎ 草花神社|あきる野市草花の神社

ただし階段がめっちゃ急勾配です。気をつけて降りましょう。

草花神社

あとは街を歩いて福生駅に到着。

福生駅

これにてハイキング終了!

感想とまとめ

浅間岳は市販の地図にも乗ってなかったのでマイナーな山かと思いきや、周辺住民のお散歩コースになってるのか、思ったより多くの人が歩いてました。

羽村取水堰など、山歩き以外にも見どころがあるので、気軽に散歩に来るのにオススメの場所です!

 
Mitchie M の最後に一言:

 

ちなみに、玉川兄弟の苗字は上水を作った功績から名付けられたそうです。

 

▼ 周辺のこんな山にも登ってます。

霞丘陵ハイキング。見頃の塩船観音寺のツツジと楽しむ山歩き [東京都青梅市]
先日4月28日に、東京都青梅市の霞丘陵(かすみきゅうりょう)にハイキングしてきました! 今回は丘陵歩きなので最高標高は238mと低く、山の中を歩いてる感じは少ないです。 けどそのコースの途中にある、つつじの名所の塩船観音寺で、見頃を...
青梅丘陵ハイキング。雷電山・辛垣山コースは初心者にもオススメ!
昨日はリフレッシュのため、東京都青梅市の青梅丘陵(おうめきゅうりょう)を12km弱歩いてきました。 丘陵なので標高は低いです。歩行距離は少々長いですが、エスケープルートも多いので、途中で下山しやすいです。なので初心者の方にもオススメな...
要害山・赤ぼっこハイキング。天狗岩からの青梅市街の眺望が素晴らしい![東京都青梅市]
先月になりますが2月21日に東京都青梅市にある要害山(ようがいさん:標高414m)と赤ぼっこ(標高409m)にハイキングしてきました。このハイキングコースの魅力はというと天狗岩からの青梅市街の展望赤ぼっこからの関東平野、奥多摩の山...
高水三山に登山!初心者にも人気の縦走コースをご紹介 [東京都青梅市]
先日2月20日に、東京都青梅市にある高水三山(たかみずさんざん)に登山してきました! 高水三山はJR奥多摩線の駅からアクセスしやすい場所にあり、ちょっとした縦走を楽しめる初心者にも人気の山です。実は自分も今回で2回目です。 このコー...

【著者:Mitchie M @_MitchieM

コメント

タイトルとURLをコピーしました