VRoid Studioに待望の髪揺れ機能が搭載!

誰でも手軽に3Dキャラクタのアバターが作成できるアプリ「VRoid Studio」。

先日そのバージョン0.4.0が公開となり、待望の髪揺れ機能が搭載となりました!

まずはその髪揺れを見てもらいましょうか。こちら!

VRoid 髪揺れ

すごいです!かなり自然な動きが設定できる上、3Dの知識がない自分でも簡単に作れました!

また、こんな事して遊んでみたり・・・(^^;)

 
今までのVRoidは、髪にボーンが入ってませんでした。なので例えば首を横にかしげると、ツインテールもそれに合わせて斜めになってしまったのですよね。

しかし今回のアップデートで、自然な髪が表現できるようになりました!やった〜!(^^)

髪揺れ機能の設定の仕方

では、その髪揺れ機能の設定方法を紹介します。

やり方は簡単。まず髪編集画面に移動。そしてボーンを設定したい髪の束を選択。

画面左に「揺れもの」という項目があるので「ボーングループを作成」ボタンを押せば、新たなボーングループが作成され、その髪にボーンが設定されます。

VRoid Studio 髪揺れ機能

ボーングループには複数の髪を選択することができます。手書きガイドの違う髪を同じボーングループに加えることも可能なので、すでに作ってある髪に新たにボーンを設定するのも楽でした。

また、ボーングループに髪を新たに追加したい場合、手順としては、

  1. ヘアーを追加したいボーングループを選択
  2. 目的のボーン未設定のヘアーを選択
  3. 「ボーングループに髪を追加」をクリック

という流れです。例えば下の画像のような感じ。

bone vroid

複数の髪を1つのボーンにまとめるのも良いですが、VRoidのデフォルトキャラは15個くらいのボーングループを設定していたので、細かくボーンを入れると良さそうです。

ボーン設定のパラメータ

また、画面右にボーン設定のパラメータがあり、今のところ自分は以下の設定にすることが多いです。

  • ボーン数:2~4
  • 固定点:髪の場所や長さによるけど30~60くらい
  • かたさ:70~95
  • 重力:0(髪の形が変わるため)
  • 衝突半径:髪の長さによる

最初は髪の揺れに感動して揺らし過ぎました。(^^;) けど今は基本的な髪型が崩れない程度の揺れにしてます。なのでかたさの数値は大きめです。

というのもVワールドにこのモデルを持って行ったら、歩くだけでかなり髪がなびくため、控えめな設定にしました。

あとツインテールは、ボーン数、重力や衝突半径の値を大きくした方が良さそう。まだ試行錯誤中です。

最後に感想

こんなに簡単に髪揺れが設定できるので感動しました!

実は髪揺れをやりたくて、少しずつBlenderを勉強し始めたのですが、その必要もなくなりそうです。(^^;)

今後のVRoid Studioのアップデートにも超期待してます!

 
Mitchie M のコメント:

 

素人でも3Dキャラモデリングができる時代になりましたよ!

 

【著者:Mitchie M @_MitchieM

▼ その他のVRoid関連記事:

クリエイターによる創作の総合マーケット「BOOTH」にて、VRoid Studio用の自作髪テクスチャを配布してみました。 BOOTHについ...
VRoidで作ったアバターのVRMをclusterで使用する場合、cluster側で使用できる条件があるため、そのままでは読み込めません。 ...
今回はVRoidで作ったキャラをVRM形式で書き出し、Unityを経由してSTYLYにモーション付きでアップする方法の補足記事を書きたいと...
VRoid Studioで作ったアバターをVRMファイルでエクスポートして、試験的にバーチャルキャストでそのアバターを読み込んでみたところ、...
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ