Logic Pro 音楽制作

ダブのディレイ・エフェクト音を作る方法

前回、Logic Proのディレイに関する記事を書きました。今回はその流れで、Logic Proでダブのディレイエフェクト音を作る方法を書いて行きます。

Logic ProにはTape Delayというダブ向きのエフェクターも内蔵しているのですが、少し手間を加えると音作りの幅がグンと広がるので、そのやり方を紹介。

ダブのディレイエフェクトのためのセッティング

まずは、エフェクトのセッティングから解説。例として、ギターのオーディオ・トラックからセンドでディレイに送り、ダブっぽいディレイ・エフェクトをかけてみます。

トラックのセッティングは下の画像のような感じです。

ダブディレイ 作り方

オーディオ・トラックからBusでAuxに送ってTape Delayをかけます。ディレイは別にTape Delayでなくても大丈夫ですが、この方がテープエコーっぽい効果が出て良いかも。

そして更にAuxにセンドを設定し、もう一度同じBusに戻す事でフィードバックさせます。これをやることで音作りの自由度が上がります!

SShot 2020 06 13 14 18 17

このとき、Auxのセンドは「ポストフェーダー」にしてください。これをしないと、フェーダーを上げ下げした時にフィードバック量が変わってしまうので注意。

このようにしてセンドを使ってフィードバックさせるので、Tape DelayのFEEDBACKは 0% に設定。

tape delay

あとディレイタイムやカットオフ周波数などはお好みで。OUTPUTのDryを 0%にするのをお忘れなく。

エフェクトをかけてみる

ではサンプルとして、ギターのコード弾き一発にこのディレイをかけてみます。

ダブディレイ 作り方

こんな音です。

 
Tape DelayのFEEDBACKは”0”ですが、センドを使ったフィードバックが効いてるのが分かりますね。でもまぁ音は普通のディレイ・エフェクトですよ (^^;)

そこで、今度は下の画像のようにAuxにEQをインサートしてみます。

ダブディレイ 作り方

EQは2kHzを持ち上げました。

channel eq

これで鳴らしてみるとこんな感じです。

 
このように、フィードバックするたびに2kHzだけが増幅されるディレイ音になりました。こういうエフェクトはTape Delay単体では作れないのですね。

 
で、今度はEQの代わりにピッチシフターをインサートします。ダブではディレイとピッチシフターの組み合わせは良く使われます。

ダブディレイ ピッチシフター

ピッチシフターはSemi Tonesを+1に設定。Mixは100%で。

ダブ ディレイ ピッチシフター

これを鳴らしてみると・・・ 

 
フィードバックするたびに半音ずつ上がっていくエフェクトになるのですね。

もちろんオートメーションでパラメータをいじっても面白いです。下の画像は、ディレイ音の途中でピッチシフターの音を半音下げてます。

ダブディレイ logic pro

鳴らしてみたのがこちら。

 
このように、ディレイ音の途中からピッチが半音ずつ下がっていくエフェクトが作れます。

こういうピッチの変化するディレイは、ダブだとギターよりはドラムの方がよく使われますかね。ということでスネア・ドラムの音にかけてみます。

下の画像のように、スネアのトラックのセンドをだんだん大きくするオートメーションを加えて鳴らしてみました。

ダブディレイ スネア

 
シンプルな音ではありますが、ダブっぽい感じが出たのではないでしょうか。

ディレイタイムとフィードバック、ピッチシフターのシフト量を変える事で様々なサウンドが出せますので、色々試してみてください。ディレイの後にインサートするエフェクトを変えてみるのも面白いですよ。

 
ちなみに、このエフェクトを多用した曲として自分の曲の『REBEL DIVA feat. 初音ミク』を貼っておきます。

2コーラス目以降(1:30~)からディレイを大胆にかけたエフェクトが聴けるかと思います。

 関連商品

▼ 初回生産限定盤

▼ 通常盤

▼ アナログ盤(LPレコード)

 
Mitchie M のコメント:

 

リアルタイムでパラメータをいじるのも面白いですよ

 

【著者:Mitchie M @_MitchieM

コメント

タイトルとURLをコピーしました