DAW

リバース・エコー(リバース・リバーブ)の音の作り方

通常のリバーブは、原音に対して後ろに残響が付きます。それに対しリバース・エコー(リバース・リバーブ)というのはこれとは逆に、原音の前から残響がやってくるエフェクトの事です。

例を挙げると、Madonnaの「Get Together」の動画の2:28~2:51くらいからがリバース・エコーの音を使ってますね。

わかりますでしょうか?ちょっと不思議な感じがするリバーブ音なのですが、その作り方を解説して行きたいと思います。

リバース・エコーの作り方

まずはエフェクトをかける原音を用意します。初音ミクの声で「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」とベタ打ちで歌わせました。

リバース・エコー リバース・リバーブ

その音声はこちら。

これを波形で見ると、下の画像のような感じです。

リバース・エコー リバース・リバーブ

リバーブ音がわかりやすいように、わざと音を短く切ってます。

そしてこのオーディオを逆再生させます。すると波形は下の画像のようになりました。

リバース・エコー リバース・リバーブ

これで原音の編集は完了。続いてこの逆再生した原音にリバーブをかけます。

かける比率は原音0%の完全なウェットの状態です。その音声がこちら。

ちなみに、自分はリバーブはLogic Pro付属のSpace Designerを使ってます。

リバース・エコー

上の画像はロング・プレートリバーブのプリセットですが、リバース・エコーの音を作るときは、ほとんどこれを使ってますね。

あとリバーブ音が目立つように、コンプやEQも同時に挿してます。

リバース・エコー

で、その音をオーディオに書き出して波形で見るとこうなってます。

リバース・エコー リバース・リバーブ

で、リバース・エコーの音を得るためには、さらにこの音を逆再生します。

リバース・エコー リバース・リバーブ

音声はこちら。

これでリバース・エコーが完成しました。

そして、最後に原音とリバース・エコーをミックスします。

まずリバース・エコーの音の位置を原音に合わせるのですが、ここは耳で聴いた感じと、両方の波形のピークを見比べながら調整すると良いかと思います。

リバース・エコー リバース・リバーブ

そして、リバース・エコーにはハイパスフィルターをかけると音がすっきりします。

logic pro hpf

これでミックス完了!では聴いてみましょう。

おお、残響が前からやってくるリバーブができました!

ちなみに、リバース・エコーを原音のフレーズ全部にかけずに、頭だけ加える手もあります。例えばこんな感じで。

リバース・エコー

こうすることで、フレーズが始まる予告になります。これをそのままやってるのが『FREELY TOMORROW』のイントロです。(^^;)

最後に

ということで、こんな感じでリバース・エコーの音を作ることができます。多少作業が面倒ではあるのですが、もしかしたら自動的に作ってくれるプラグインがありそうな気もしますね。どうなんでしょう・・・?(汗)

あとリバース・エコーは曲中での使い場所が難しいです。というのも残響が前から来るためリズム感が崩れやすかったり、コードと合わない可能性もあります。

なのでその辺に注意しながらうまく使ってみてください。

 
Mitchie M のコメント:

 

ボーカルでなくギターにも合いますよ

 

▶︎ その他のDAW関連の記事

EDMでよく聴くノイズ・スイープ音の作り方と、シンセ4機種聴き比べ
EDMでよく聴く音といえば「ノイズ・スイープ」。これは文字説明すると、曲が盛り上がりきったところで、風のような「シュー!」って音がするアレです。わかるかな?(^^;) で、シンセでこの音を作るのはとても簡単なので、その作り方を紹介したいと...
エフェクターによるボーカルのダブルトラックの作り方
ボーカルにもう一本同じボーカルを重ね録りすると、音に厚みが出ます。この手法をダブルトラックといいます。 けど最近は重ね録りをせず、このダブルトラックの効果をエフェクターで得ることができます。 そこで、エフェクターでダブルトラックを作る場...
Logic Pro付属オルガン『Vintage B3』のロータリースピーカーを自由にコントロールする方法
AppleのDAWソフトLogic Pro Xに内蔵してるオルガン「Vintage B3」。自分はオルガンの音源はこれを使うことがほとんどです。音の太さとリアルさは少々物足りないのですが、音作りが細かくできるため重宝してます。V...
Logic Pro新音源「Studio Horns」「Studio Strings」でのDynamics via CC活用方法
Logic Pro 10.4で新たに追加となった音源「Studio Horns」と「Studio Strings」では、一つのノート上で音の強さを変えることのできる「Dynamics via CC」というパラメータが装備されています。 ...
Logic Pro新音源「Studio Horns」「Studio Strings」のアーティキュレーションの変更方法
Logic Pro 10.4で新たに追加となった音源「Studio Horns」と「Studio Strings」。 つい先ほどこの音源を使ってみたのですが、打ち込みでアーティキュレーション(奏法)を変える方法がわからなくて無駄に...
Logic Proに新搭載されたVintage EQの音の傾向を調べてみた
先日のLogic Pro 10.4アップデートで新たに追加された3つのVintage EQ、「Vintage Console EQ」「Vintage Graphic EQ」「Vintage Tube EQ」。 これらを少々いじってみたとこ...

【著者:Mitchie M @_MitchieM

コメント

  1. DTMならではの技術ですね!
    オーケストラとかじゃ無理ですもんねぇ。
    SFちっくな感じがとてもいいです^^

  2. ChanMatsuMusic (CMM) より:

    FREELY TOMORROWのイントロにもこんなすごいテクニックが!
    DTMにはまだ慣れてないのでもっと小技を身に付けていきたいです!

タイトルとURLをコピーしました