DAW機材

ミニキーボードをトラックボールの拡張ボタンに使って作業効率アップ

自分はトラックボールを愛用してて、KensingtonのExpertMouseを使用してます。

 
ExpertMouseはボールの周りに4つのボタンが配置されてて、これにキーストロークやショートカットを自由に割り当てられるのですね。

特にマウスユーティリティのSteer Mouseと一緒に使うと、ボタンの組み合わせやアプリごとのショートカットを設定できて超便利です!

Expert MouseとSteer Mouseを使ってPiapro Studioの作業効率アップ
Piapro Studio NTでの作業効率向上のため、自分はKensingtonのトラックボール「Expert Mouse」と、マウスドライバ「Steer Mouse」を組み合わせ、カスタマイズして使ってます。それについて紹介したいと思い...

 
 
ただ最近、DAWでの使用ではボタン4つだと物足りなくなってきたんですね。そこで、ミニキーボードを購入しトラックボールの真横に置いて、拡張ボタンのような感じで使ってみました。

ミニキーボード

購入したのは、Amazonで売ってたキーパッドが2つだけのキーボード、SayoDevice Mini Mechanical Keypad

SayoDevice Mini Mechanical Keypad

これゲーム用なのか、PCと繋げてみたら無駄に光ります。キーを打つたびに点灯するし(笑)

値段は¥1,199円とリーズナブルです。ただ中国から発送されるようなので、商品到着まで2週間くらいかかったかな・・・?

けどこれのおかげで作業は快適になりましたね。右腕はトラックボールの位置から動かさず、中指と薬指でキーパッドを押せるので、いちいちメインのキーボードに手を移動させずに済むようになりました。

 
ちなみにキーパッドのアサイン設定にはSayoDeviceの専用アプリ(中国語)が配布されてます。けど自分はKarabiner-Elementsというフリーウェアを使って好きなキーにアサインしました。

Karabiner-Elements
A powerful and stable keyboard customizer for macOS.

Karabiner-Elements

最初キーパッドをPCに認識させるときはシステム環境設定を多少いじりましたが、デフォルトでは2つのキーパッドはxとzにアサインされていたので、それをKarabiner-Elementsで変更。問題なく動作しました。

あと希望としては、アプリごとにキーのアサインを変えられれば便利なんだけど、できる方法があるといいな・・・。

 
ということで、このミニキーボードは買って良かったです!他にも3~9ボタンくらいのミニキーボードが色々売っているので、興味ある人はぜひ導入してみてください。

関連商品

【著者:Mitchie M @_MitchieM

コメント

タイトルとURLをコピーしました