Logic Pro

Ultrabeatで剣を振った時のような空振り効果音を作る方法

今回はLogic Pro内蔵のドラムシンセサイザー「Ultrabeat」で、空(くう)を切る音の効果音の作り方を紹介します。

この音は例えば、剣などの武器を振った時の空振り効果音として使えます。

無料効果音サイトなどにも似たような音が置いてありDLできますが、シンセで作っておくと、音高や音調など細かい部分までカスタマイズできて便利です。

簡単に作れるので、プリセットとして登録しておくといつか役立つかも?

実際にUltrabeatで鳴らしてみるとこんな音です(少しリバーブを加えてます)。

Ultrabeatで空振り効果音を作成

まず、完成したUltrabeatの画面を貼っておきます。

Ultrabeat

ノイズジェネレータだけで作れてしまうのですね。では、その部分を詳しく解説して行きます。

ノイズジェネレータの設定

まずは、ノイズジェネレータをオンに。OSC1、OSC2はオフにしてください。

そして画面左のBP(バンドパス・フィルター)を選択し、設定したカットオフ周波数だけを通すようにします。

次に「cut」ツマミの値を0.49に設定。

ultrabeat

そしたら、ツマミの上の「mod」を「Env2」にして、エンベロープ2にアサインします。

Ultrabeat

するとツマミ外周のリングが有効になるので、これの値も0.49にします。解説すると、このリングは「mod」ソースの増加具合を決めているのですね。

さらに、その下の「via」を「Vel」に設定。ツマミの外周にスライダが現れるので、それを0.74にします。

これでベロシティによって「cut」の値が変わるようになり、ベロシティが強いと周波数の変化量も大きくなります。

ultrabeat

あとは「res」レゾナンスを0.95、「dirt」を0.04にします。最後に「vol」つまみの「mod」を「Env2」にして、上の画像のような感じに設定してください。これでボリュームがEnv2に合わせて変化します。

エンベロープの設定

続いてEnv2の設定です。下の画像のように、アタックとディケイに少しカーブをかけた形状にします。

ultrabeat

アタックは55msec、ディケイは64msecの合計119msecくらいの長さです。この値は必要としてる音に合わせて調節してください。

そして、その下の「mod via VEL」を「A Time」に設定し、スライダの値を2.00くらいにします。これによって、ベロシティが弱いときにはアタックの遅い音になります。

最後に、「voice volume」の設定です。

Ultrabeat

ここは上の画像のように、ベロシティが弱い時には少し音量が小さくなるようにしました。

「voice volume」はEnv4にアサインされているので、そのエンベロープの影響を受けないようにしてください。

Ultrabeat

これで冒頭で紹介した音の完成です!

関連商品

Mitchie M のコメント:

 

効果音は色んな音と混ぜるといい感じになります

 

【著者:Mitchie M @_MitchieM

コメント

タイトルとURLをコピーしました