フロント74mmの軽量クイックリリース、RIDEA「HQR-2D Ti」のレビュー

先日、折りたたみ自転車のCARACLE-Sには、通常のフロントエンド幅100mmのクイックリリースが使えない事を知りました。

最近、折りたたみ自転車「CARACLE-S」のクイックリリースを交換しようとしました。 で、手持ちのものに変えてみたのですが、フロントのク...

 
そこでCARACLE-Sの軽量化用に、エンド幅74mmの製品を探してたところ、RIDEA(リデア)から軽量クイックリリース出てることが判明。早速注文しました。こちら。

リデア HQR-2D Ti Quick Release

HQR-2D Ti Quick Release」です!RIDEAはどの製品も透明の箱に入ってますね。

色はブラックを選択しましたが、他にもレッド、ブルー、ゴールド、チタン、シルバーが用意されてます。

では開けてみましょう。

リデア HQR-2D Ti Quick Release

フロントはエンド幅74mm用なので、通常の100mmのものよりかなり短いです。リアはロード用と同じ130mm。

部品がCARACLE-S付属の物より小ぶりなので、スタイリッシュになりました。

リデア HQR-2D Ti Quick Release

上がCARACLE-S付属、下がRIDEA製です。

リデア HQR-2D Ti Quick Release

「HQR-2D」には「Titanium」の文字が。軸がチタン製なので軽いです。

で、その重量はというと・・・。

リデア HQR-2D Ti Quick Release

44グラムです(バネ込み)!カタログ値は40グラムでしたが、これはバネなしの重量なのではないかと推測。まぁ問題ありません。

CARACLE-S付属のものが103グラムなので59グラムも軽量化できるのですね。

では早速装着してみましょう。

リデア HQR-2D Ti Quick Release

オープンの状態にセットしてねじを締めていき、

リデア HQR-2D Ti Quick Release

そしてクローズ。正直レバーが細いので、あまり力を入れすぎると「折れるのではないか」と心配になりますが、そこはRIDEAのクオリティーなので大丈夫です!特に締めにくい事もありません。

そして、クイックリリースが小ぶりになったことで、折りたたんだ際の横の突起も少なくなりました。

IMG 0068

これで輪行袋への収納でほんの少し余裕ができるかも?

 
ということで、この軽量化の効果は乗ってわかるものではありませんが、サイズが小さくなって見た目もスッキリしたのが良かったですね。

 
Mitchie M のコメント:

 

安全のためにも、クイックリリースはしっかりしたものを選んだ方が良いかも

 

▼ その他の自転車関連記事

おりたたみ自転車のCARACLE-Sといえば、BROMPTONと比較されることが多いのです。 が、自分はbd-1を所有しているので、ここで...
先日の記事で、折りたたみ自転車「CARACLE-S」用にWellgoの「W-1 QRD2」という着脱式ビンディングペダルを導入したことを書き...
愛用している折りたたみ自転車の「bd-1」。 そのブレーキ周りの軽量化が完了しました。 最後に交換したのが、KCNCのVブレーキパッ...
秋らしい気候に近づいてきたので、久々に自転車のパーツをアップグレードしてみました。 今回交換したパーツは、折りたたみ自転車BD-1のVブレ...
スポーツ車(自転車)に乗るようになって何年も経ちますが、初期からずっと愛用してるグリップがあります。 それがOGKというメーカーの「CX-...
愛用の折りたたみ自転車bd-1のシフトケーブルを交換することになったので、せっかくなので軽量のシフトケーブルを試してみることにしました。 そ...

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. 夢幻キリコ より:

    あーなるほど。
    これは車輪をフレームに固定するための器具だったんですね。
    すごく重要な部品ですよね?
    それが59gも軽量化できるなんてすごいです。
    高額ですが、大事ですよねぇ。