VRoidの表情の変化具合をUnityで変更する方法

vroid 表情 変更

VRoid Studioで作ったモデルの表情の変化具合を、Unityで変更できるそうなのでやってみました。その方法を書きたいと思います。

UnityでVRoidのモデルの表情を調整する方法

まずUnityを入れてない人はダウンロードしてインストール。自分は「Unity 2017.4.15f1」を使用しました。

そしてUnityを起動して新規プロジェクト作成。次に「UniVRM-0.49_43af.unitypackage」をダウンロードし、ダブルクリックしてインポートします。

vroid 表情 変更

そしたら、Unityの「Assets」にVRoid Studioから書き出したモデルのVRMファイルをドラッグ&ドロップ。

vroid 表情 変更

するとAssetsにモデルが表示されたアイコンが出て来るので、それを上のエリアにドラッグ&ドロップ。すると、モデルがTポーズで表示されます。

ここから表情の変更作業です。

まずは画面左下のAssetsから「モデルのファイル名.BlendShapes」という項目をクリック。するとそれぞれの表情のBlendShapeが、その右に表示されるので、そこから調整したい表情を選択。

vroid 表情 変更

ここでは怒った顔を選んでみました。

この表情はデフォルトだと眉毛とアイラインがくっついてしまったり、少し大げさな感じです。なのでもう少しソフトな表情にしてみます。

変更方法は、画面右の「BlendShape」から「Face」の項目を開いて、スライダーで調節するだけでできます。

vroid 表情 変更

ここでは「Face.M_F00_000_Fcl_ALL_Ang」という、怒ってる表情全体を変化させるパラメータがマックスの100だったので、それを38にしました。すると少し表情が柔らかくなりましたね。

こんな感じで他の表情も調整して行きます。個人的にはどの表情も40前後くらいにするのが丁度良かったです。

ただ、”JOY”の表情に関しては開いてる口を小さくしたかったのですが、そうすると目が半開きのままになってしまいます。

なのでこの表情だけ目、口、眉毛を個別に設定しました。

vroid 表情 変更

で、調整したい全ての表情が設定し終わったら、メニューの「VRM」から UniVRM-0.49 > Export humanoid を選択してVRMファイルを書き出します。

vroid 表情 変更

Exportボタンを押せば表情の変化具合を調整したVRMが出来上がって完成!

Vワールドでも良い感じの表情になりました。^^

▶︎ 参考: BlendShapeのセットアップ · dwango/UniVRM Wiki · GitHub

 
Mitchie M のコメント:

 

BlendShapeはVRoid Studioでは見れない表情も入ってて興味深かったです!

 

【著者:Mitchie M @_MitchieM

▼ その他の VRoid関連の記事

VRoidで作ったモデルのVRMファイルをVRChatにアップして、アバターで使用してみました。 最近、VRChatのアバターで使用できる...
以前から予告されていた、3Dモデル投稿・共有サービスの「VRoid Hub」が、昨日から提供開始となりました! VRoid Hubはpix...
クリエイターによる創作の総合マーケット「BOOTH」にて、VRoid Studio用の自作髪テクスチャを配布してみました。 BOOTHについ...
VRoidで作ったアバターのVRMをclusterで使用する場合、cluster側で使用できる条件があるため、そのままでは読み込めません。 ...
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ