VOCALOID音素記号「Asp」を使ってピッチ変化を付ける方法

Vocalic Editorで、音を切るときに使う音素記号「Sil」と「Asp」。両者は音を切るという機能は同じですが、性質は若干異なります。

例えば、下の画像のように「あ [a]」と「い [i]」という2音があったとします。

vocaloid sil asp

この時、「あ」のノートの終わりと、「い」のノートの頭に十分距離(時間)があれば、自動的「あ」と「い」は音が切れます。

音のサンプルは用意してませんが、下のスクショのピッチラインを見てわかる通り、音は切れてます。

Asp Sil

けど、十分な距離が保てない場合は音が繋がってしまいます。ピッチラインは下の画像のような感じです。

vocaloid sil asp

で、このような場合に音を切る役割をするのが、「Sil」と「Asp」です。

まずは発音記号「Sil」と音素記号を打ち込んだノートを「あ」と「い」の間に入れます。

vocaloid sil asp

すると、下のスクショ画像のピッチラインからわかるように、音が切れました。

vocaloid sil asp

ここで、「Sil」の代わりに「Asp」を入れても効果は同じか?というと少し違うのです。下の画像のようになります。

vocaloid sil asp

「Sil」の場合とピッチラインが若干違うのですね。「Sil」はそのノート自体のピッチは無視されますが、「Asp」の場合はそのノートの高さによってピッチ変化に影響を与えます。

では「それがどのような使い道があるか?」というのを、次に示します。

vocaloid sil asp

ここでは「あ」の語尾を下げて、「い」はしゃくり上げて入りたい場合の例です。「Asp」をこの位置に置いてみます。

すると、「Asp」のノートがピッチの経過点となるので、次のような思い通りのピッチラインになります。

vocaloid sil asp

ちなみに、ここでは効果がわかりやすいように、ポルタメントタイミングを少し調整してます。デフォルトの64だと、少しわかりにくいかと思います。

このように「Asp」を置く位置によって、前方のノートの語尾と、後方のノートの頭のピッチを変化させることができます。

では「Asp」の代わりに「Sil」を使った場合どうなるかというと、下の画像のように「音は切れるけどノートの高さは無視」されてしまいます。

vocaloid sil asp

では最後にその音の違いを比較して聴いてみましょう。

音源には「あ」→「い」の音(フレーズ)が3つ入ってますが、

  • 1つ目:「Sil」「Asp」なし
  • 2つ目:「Sil」
  • 3つ目:「Asp」

となってます。

1つ目は「あ」と「い」の音が繋がってしまう例です。で、2つ目がその音を切るために「Sil」を入れてます。3つ目が「Asp」を入れてピッチ変化を付けたものです。それぞれの効果の違いを聴いてみてください。

最後に

もちろん、コントロールパラメータでピッチを書いてもこれと同じ効果は得られます。けどピッチを書くのって面倒じゃないですか。(^^;) なので、ノートを打ち込む際に、とりあえずこの方法を使ってみるのも良いかと思います。

 
Mitchie M のコメント:

 

音素記号「?」でも「Asp」と同じピッチ変化になるっぽいです

 

【著者:Mitchie M @_MitchieM

▼ その他のVOCALOID関連記事

VOCALOIDは音程の違う2つのノートが続く場合、ピッチにポルタメントがかかります。 例えば四分音符でC4→F3というノートがある場合、通...
VOCALOIDは音程の違う2つのノートが続く場合、ピッチにポルタメントがかかります。 例えば四分音符でC4→F3というノートがある場合、通...
VOCALOIDの初心者だと、『DYN』(ダイナミクス)パラメータが、音量以外に音質も変わることをご存知ない方もいると思うので、その事を書き...
VOCALOIDで歌を打ち込む場合、フレーズの最後の音で語尾にブレスを入れると、結構生っぽく聴こえます。初歩的な事ではあるのですが、そのブレ...
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. 夢幻キリコ より:

    すごい!
    こうやってフレーズを歌わせてるんですねぇ。
    個人的には2つめのSil? が気に入りました!

  2. あゆみ より:

    お疲れ様です
    あいかわらず分かりやすい説明で読んでいて楽しいです!
    マジミラ2018でもmitchieさんの様々な技が使われた楽曲が聴けるかもと楽しみです