古いシンセは液晶用のトランスが寿命でノイズを出すことがあるので注意

自分の使用しているハード機材は古い物が多いので、最近修理に追われてます(汗)

で、今回書くのはタイトルの通り「古いシンセは液晶用のトランスが寿命でノイズを出すことがあるので注意しましょう」という話です。

古いシンセと言っても液晶ディスプレイを搭載しているものなので、1980年代末からの機材ですね。

今回自分が修理を試みたのはKORG 01/W です。ネプチューンズも愛用してる90年代KORGシンセの名器!

KORG 01/W

症状はというと、このシンセの電源部分あたりから「プー」というノイズが出るという(アウトプットから出ているのではありません)。その音量が結構気になるレベルで、スピーカーで音を鳴らしてても耳障りなのです。(^^;)

ということで、シンセを開けて電源部を調べることに。

で、原因を探ってみた結果、メインのでかい電源トランスではなく、液晶用の小さいトランスが鳴っていたのです。

トランス 高周波ノイズ シンセ korg 01/w

緑のテープに「TA042」と書いてあるのが、その問題のトランス。

隣に4ピンの液晶用コネクターがあるのですが、それに繋げてない状態では、モスキート音のようなかなりハイピッチのノイズが鳴ります。

ハンダを取って外してみました。

Ta042 transformer 電源 トランス ノイズ

調べてみたら、同じKORGのWAVESTATIONにもこのトランスが使われていて、同様のトラブルの報告が上がっていますね。

やはり修理にはこの部品を交換するしかないかなぁ・・・。あとはこのトランスを使わなくて良いような液晶に変えてしまう方法があるけど、入手が難しいという・・・。

 
いずれにしても90年代の古いシンセは、液晶を使っている場合、トランスの寿命には注意ですね。特に中古で購入する時は通電して、電源部分に耳を近づけてノイズが鳴ってないか確認した方が良いと思います。

▼ 関連記事:

前回の記事で、KORGのシンセ 01/Wの液晶用トランスからノイズ(プーという異音)が出る場合がある事を書きました。 ▶︎ 参考記事: ...

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. 夢幻キリコ より:

    これ結局取り替えたんですか?
    直ったのでしょうか?
    その後が気になります!

  2. poco より:

    M1はもっとひどかったですwww

    しかしここまで原因究明しようとは思わず手放しましたw

    辛い過去がありますw

  3. あゆみ より:

    お疲れ様です
    機械は劣化するとありますよね
    液晶が入り切りできる機器で点灯時に
    ノイズが入る最初からお粗末なものもw
    初期のうちにアースがしっかり
    してるか確認するときがありますが
    メーカーのその商品に対しての姿勢や
    様々な事が見えたりします
    (テキトーなつくりの場合は無茶な運用は
    避けて使い、特に音響機器は改修して
    グレードアップをはかります)