機材

フェンダーUSAのビンテージ風ネックプレートに交換してみた

フェンダー・ストラトキャスターのネック・ジョイントプレートを交換してみました。

ネックプレートは、ネックとボディを繋ぐボルトをボディに埋め過ぎないようにするための部品ではありますが、音にも影響を与えることが知られてます。

自分はフェンダージャパンのストラトを使ってるのですが、フェンダーUSAとフェンダージャパンのプレートで何か違うのか興味があったので試しに購入。

で、届いたのがフェンダーUSAのこちら。

フェンダー ネックプレート

4ボルトの70年代ビンテージ風ネックプレートです。値段はSOUNDHOUSEで1580円。Fのロゴが良いですね。

フェンダー ネックプレート

仕様は下記のようになってます。

  • サイズ:縦6.3cm、横5cm 
  • ネジ間ピッチ:縦5.2cm、横3.9cm 
  • 厚み1.9mm

材質はスチールにクロムメッキを施した感じでしょうか。

今回、フェンダージャパンとネジ間ピッチが合うか心配でしたが、そこは問題なくピッタリ合ってました。プレートのサイズも同じですね。

ただし、固定ネジのサイズが違います。

フェンダー ネックプレート ねじ

USAの方はインチサイズで若干細め。ネジはジャパンのギターに元から付いてるものを使いまわすことに。

そのため、プレートのねじ穴の面取りも若干違います。下の画像の右のがフェンダージャパンのデフォルトのプレートです。

フェンダー ネックプレート

で、一番のポイントは重量の違いでしょうか。フェンダーUSAのプレートは・・・42グラム。

フェンダー ネックプレート

続いて、フェンダージャパンのも計測。こちらは50グラムですね。

フェンダー ネックプレート

この重さの違いはプレートの厚みにあるかと。実はフェンダージャパンのネックプレートは2.0mmと、USAのより0.1mm厚くなっているのです。

一般的に材質が同じなら、重い方がサスティンが長くローが出る、軽い方がブライトで音の立ち上がりが速いと言われてますね。

ではストラトに装着してみましょう。

フェンダー ネックプレート

前述のネジのサイズが違う関係で、ネジの頭が少しだけ出てしまいますが、使用上全く問題ないです。

では弾いてみましょう。違いはというと・・・分からん!(笑)

ただ、サスティンは短くなってビンテージ風の枯れた感じが若干出てきたような気もするけど、気のせいかな・・・(汗)

自分はたまにしかギターを弾かないけど、毎日のように弾いてる人なら変化が分かるかも知れません。

まぁFのロゴで見栄えも良くなったし、これを使って行きましょう(笑)

 
ということで、やっぱプレートの材質を変えないと大きな変化は望めないかなと思いましたね。

以前、ブラス製のネックプレートに交換した記事も書いてますので、こちらも参考になればと思います。

Freedom Custom GuitarのTone Shift Plate SP-JP-01ネックプレートで音はどうか変わるのか
Freedom Custom Guitarというメーカーから、音が変わるギター用ネック・ジョイントプレート「Tone Shift Plate SP-JP-01」というのが発売されてます。 ▶︎ Freedom Custom Guita...

関連商品

FENDER ( フェンダー ) / 4-BOLT '70S VINTAGE-STYLE F LOGO NECK PLATE

▶︎ FENDER ( フェンダー ) / 4-BOLT ’70S VINTAGE-STYLE F LOGO NECK PLATE

【著者:Mitchie M @_MitchieM

コメント

タイトルとURLをコピーしました