Logic Pro X 10.4.1がリリース。バグが改善されました。

先日の3月1日に、AppleのDAWソフト「Logic Pro X」の バージョン10.4.1がリリースされました。

「Logic Pro X」をMac App Storeで

 

前回のバージョン 10.4.0では大幅に新機能や新プラグインが増えたのですが、その分バグも多かったようですね。それが今回のアップデートで改善されてます。

ちなみに、10.4.0の記事はこちらです。

先日、私が愛用してるDAWソフト「Logic Pro X 」バージョン10.4のアップデートのアナウンスがあったので、早速最新版に更新してみ...

 
で、早速自分のLogic Proも10.4.1にアップデートしてみました。主な改善点は以下のような感じです。

  • 以前のバージョンで作成されたプロジェクトを開くときに、アプリケーションが終了する問題が修正されます
  • Step FX、Phat FX、ChromaVerbおよびビンテージEQコレクションにプラグインの設定が適切にインストールされます
  • オートメーションが別のトラックにコピーされた後に再生を押したときにLogicが予期せず終了しなくなります
  • ChromaVerbによって予期しないCPU使用率の急上昇が発生する問題が解決されます。
  • オーディオ・ファイル・エディタで“拡大/縮小”キーコマンドが期待どおり動作するようになります
  • ピアノ・ロール・エディタでノートをControlキーを押しながらクリックしたときに、ほかのノートの選択が解除されなくなります

 
個人的に困ってたのは、オーディオエディタの拡大縮小キーコマンドがうまく動作しなかった点ですね。このショートカットは頻繁に使うので、それが改善されたのは助かりました!

あと、10.4.0ではトラックのボリュームやプラグインなどのパラメータを動かすと、トラックオートメションの表示もそのパラメータに自動的に変わるようになってましたが、今回アップデートしたら元に戻ってしまいましたね。あれはバグだったのでしょうか・・・?

書きたいオートメーションのパラメータにすぐアクセスできて、あれはあれで便利だったのですが・・・。(^^;)

 
とりあえず、今回のリリースでLogic Pro X 10.4の動作が安定してきたので、まだアップデートしてない人はぜひ。

 
Mitchie M のコメント:

 

コまだ改善されてないバグがあると思ってるのは自分だけかな・・・?

 

▼ その他のLogic Pro関連記事

Logic Pro 10.4で新たに追加となった音源「Studio Horns」と「Studio Strings」では、一つのノート上で音の...
Logic Pro 10.4で新たに追加となった音源「Studio Horns」と「Studio Strings」。 つい先ほどこ...
先日のLogic Pro 10.4アップデートで新たに追加された3つのVintage EQ、「Vintage Console EQ」「Vin...
Logic Proには、ロータリースピーカーで鳴らした音を得られるエフェクトプラグイン「Rotor Cabinet」が付属してます。 ...
AppleのDAWソフトLogic Proには「MIDIトランスフォーム機能」という、MIDIデータを指定した条件によって変換できる機能があ...
自分は楽曲制作のとき、トラックメイキングとボーカルミックスのファイルは分けて作ってます。 ロックバンド形態のようなトラックが少ない場合は分...

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. 道産子スキーヤー より:

    仕事で使用されているのであればアップデートのタイミングとかも慎重にされている事と思います。コンピューターのバグは原因がわからずじまいが多いですよね~。

  2. 夢幻キリコ より:

    これはなんのソフトなんでしょう?
    MIX?

  3. ☆かおる☆道産子(`・ω・´) より:

    お久しぶりです!
    コメントは久しぶりですが、いつも楽しく拝見させていただいてます!
    今回の記事を読んでいて、一箇所だけ気になったところがあったので、自分なりに調べてみました。
    具体的には、以下の文章の「スパイク」という耳慣れない単語なのですが…

    ・ChromaVerbによってCPU使用率の予期しないスパイクが発生する問題が解決されます。

    「英辞郎 on the WEB」というサイトによると、「急増する。急上昇する。」という意味があるらしいので、

    ・ChromaVerbによってCPU使用率の予期しない急上昇(スパイク)が発生する問題が解決されます。

    意訳表現だと、
    ・ChromaVerbによって予期しないCPU使用率の急上昇が発生する問題が解決されます。
    という感じでしょうか?

    上記の様に書いた方が、多分、PCの仕組みに詳しくない方にも分かり易い表現になるのかな?と、思った次第です。

    何となく揚げ足取りみたいで、コメントするかどうか、(一旦、頭を冷やす意味を含めて)一日置いて考えてみたのですが、Mitchieさんのブログを、沢山の人に読んでもらえたら良いなぁ・・・という気持ちでコメントさせて頂きました。

    生意気言ってすみません!お気に障ったら、コメントを削除して頂いても構いません。

    • Mitchie M Mitchie M より:

      ご親切に提案ありがとうございます!
      確かにその方が分かりやすいので、その表現を使わせて頂きます。m(_ _)m
      細かい部分まで気を使って頂き感謝します。

  4. rispeee より:

    主さんのおっしゃるとおり、前のバージョンのオートメーションパラメータにすぐアクセスできるの便利だったんですけどね。バグ的に解決されたのでしょうか~今回のバージョンで逆にすごくストレスに感じてます;;個人的に次回のアップデートで元に戻してほしいですね