CARACLE-Sのテレスコピックハンドルポストをカットして軽量化

私の乗ってる折り畳み自転車「CARACLE-S」は、ハンドル高が調整可能な「テレスコピックハンドルポスト」というのを使用してます。

▶︎ テレスコピックハンドルポスト [CARACLE-S用]

下の写真のように、ハンドルポストにクイックリリースが付いてて、テレスコピックハンドルポストを出し入れすることによって、ハンドル高を調整できるのですね。

coracle-s ハンドル

このようにテレスコピックハンドルポストは便利ではあるのですが、必要以上に長いので重量が重くなってしまいます。

測ってみたところ、202グラムでした。

caracle-s ハンドルポスト 重量

自分は乗る際には、テレスコピックハンドルポストは一番低くしているので、結構カットしてしまって大丈夫だと判断。

ただ、最低でも9cmは差し込んでなきゃいけないです。あと折りたたむ際に5~6cmほどテレスコピックハンドルポストを出しておかないと、フレームと干渉してしまうので、9cm残してカットすることにします。

で、金鋸を使って切断した写真がこちら。

テレスコピックハンドルポスト

一度切断してしまうと元に戻せないので、乗ってみながら何度かに分けてカットしました。(^^;) 合わせると大体12.5cmほど切断しましたかね・・・。

ちなみに、切断する部分は円形ではないのでパイプカッターは使えません。

では、切断後のテレスコピックハンドルポストの重量を測ってみましょう。

テレスコピックハンドルポスト 軽量化

127グラムです。75グラム軽量化できましたね!まあまあ軽くなりました。

今のところ特にトラブルははないので、軽量化したい方は不要な部分はカットしても良いのではないでしょうか。

ただし、軽量化の改造は自己責任でお願いします。

 
Mitchie M のコメント:

 

何とかCARACLE-Sを9kg前半まで落としたい・・・

 

【著者:Mitchie M @_MitchieM

▼ その他のCARACLE-S関連記事

メリクリ!(^o^)/ ということでクリスマスイヴの今日、注文していたCARACLE-S用のフルカーボン・フラットバーが届いたので、そのレ...
つい最近、CARACLE-S 2017年モデル専用の軽量ハンドルポスト固定プラグが発売されたので、早速注文して取り付けてみました。その記事を...
折りたたみ自転車「CARACLE-S」で輪行する場合、専用の輪行袋(トレバッグ)が販売されてるので、それに収納して持ち運びます。 ▶︎ ト...
折りたたみ自転車「CARACLE-S(カラクル・エス)」の予約時に、一緒にオプションの専用輪行袋(トレバッグ)も注文しました。 ▶︎ トレ...
先月、折りたたみ自転車「CARACLE-S」のトレバッグ(輪行袋)用キャスターを、狐塚自転車工房さんに注文して取り寄せてもらいました。 ...
折りたたみ自転車のCARACLE-Sには、折りたたみ時にその状態が固定できるよう、マグネットが付いてます。 マグネットの片方はフロントフ...
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. 夢幻キリコ より:

    おお~っ、これは大胆な軽量化ですねぇ。
    車でいうと使わない座席を取り外してしまうようなものですね。
    ほんと、取り返しはつかないので慎重にですね。