SNS

Spotifyの新機能「Promo Cards」の使用方法を紹介

spotify cards

Spotifyから、SNSでアルバムや楽曲をシェアした時に表示されるカードを作成できる機能「Promo Cards」がローンチされました。

Promo Cards
Create personalized assets to share your music or podcast with fans on social.

 
この機能の使い方を紹介したいと思います。

Promo Cardsの使用方法

Promo Cardsは以下の3ステップで簡単にカードを作成できるようになってます。

  1. SELECT
  2. CUSTOMIZE
  3. SHARE

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

SELECT

まずは、冒頭に記したPromo Cardsのサイトに行きます。

spotify cards

サイトには「Spotify for Artists」と書いてありますが、Spotify for Artistsのアカウントがなくても大丈夫です。なので、アーティストだけでなく、リスナーの人もこの機能を使えます。

そして「GET STARTED」をクリックし作成開始。

最初にアーティストやアルバムや曲など、何のカードを作るのか、「Search for artists」にその名前を入れて検索します。

ここでは例として、自分のアルバム『グレイテスト・アイドル』でカード作成を試してみます。

spotify cards

検索すると見つかったので、それを選択し次の「CUSTOMIZE」をクリック。

CUSTOMIZE

CUSTOMIZEでは、カードの背景色を選択します。

spotify cards

色が5種類あり、マゼンダがあったのでそれを選択。ちなみに、アーティストのカードを作る場合は、選択できる色がまた違うみたいですね。

色が決まったら「NEXT」をクリックし次へ。カード画像の形を選択します。

spotify cards

ここでは、縦長、横長、正方形の3種類を選べます。自分は利用頻度の高い横長を選択。これでカード画像は完成。

SHARE

で、最後に「SHARE」ボタンをクリックし、カードをシェアします。

spotify cards

ここではシェアのURLをコピーでき、TwitterとFacebookには直接投稿も可能。

あと作ったカードの画像もダウンロードできるので、それをブログなどに貼って活用もできます。

 
では実際に、Spotifyのアルバムや曲を普通にシェアした場合と、Promo Cardsを使った場合の違いを比較してみましょう。

例えば、Spotifyの曲などをTwitterでシェアした場合は、下の画像のような感じで表示されます。

spotify cards

このように画像が小さく、あまり目立たない感じなのですね。

しかし、Promo Cardsを利用するとこうなります。

spotify cards

表示される画像も大きくなり、背景色が目立つので、これならTLを見た人の目に止まりやすそうですね!

最後に

こんな感じで、目に止まりやすいカードを作ってくれるPromo Cards機能なのですが、自分の環境では動作が不安定でした・・・。最初の検索画面で日本語でサーチすると、その後動かなくなったり不便でしたね。

けど、Spotifyで普通にシェアするよりは目立つカードが作れるので、アルバムや楽曲などを宣伝した時に活用してみると良いでしょう。

 
Mitchie M のコメント:

 

Spotifyのアプリに直接この機能があるとさらに便利かも?

 

【著者:Mitchie M @_MitchieM

コメント

タイトルとURLをコピーしました