Logic Pro

Logic Proのファイルが開けない時の最終手段

先日、Logic Pro Xを10.6.2にアップデートしたら、今まで開くことが出来てたプロジェクト・ファイルが開けなくなりました。

どうやら起動時にプラグインがクラッシュするようなのですね。

Logic Pro 開かない

Oxford Dynamicsプラグインの使用中にLogic Proが予期しない理由で終了しました。」とのこと。

原因はプラグインと分かっているので、そのプラグインを削除すればファイルを開くことはできます。けど、今後もこのプラグインが原因で開けなくなると思うので、何とか解決したいですね。

ファイルが開かない時の対処法

で、こういう時のトラブルで試してみるのは、以下の3つが有名かと思います。

  • PRAMクリア
  • SMCリセット
  • 設定ファイル「com.apple.logic10.plist」「com.apple.logic.pro.cs」の削除

けど、全て試したもののダメでした・・・(>_<)

ということで、最後の手段を使います。それは、

Logic Proを前のバージョン(以前開けていたバージョン)に戻す

です。まあファイルを開くにはこれが確実ですね。(^^;)

 
自分は毎回 Logic Proのアップデート時には、現在使っているバージョンのバックアップをしてからアップデートするようにしてます。

というのも、確かLogic Proは過去のバージョンを配布していないのですよね。

まぁ古いOSを使えば、そのOSに合った最新バージョンは入手できるものの、Appleも公式に

Logic Pro をアップデートする前に、現在インストールされているバージョンの Logic Pro アプリケーションと Logic Pro プロジェクトをバックアップしておいてください。

と言ってます。

今回のようなトラブルに備えてアップデート前にバックアップはとっておきましょう。

Logic Pro アプリケーションのバックアップ方法

Logic Pro アプリケーションのバックアップ方法は、アプリケーションのファイルをコピーするだけです。

ただ、アプリケーションのファイル名を変えるのは危険なので、Macのアプリケーション・フォルダに最新バージョンと一緒に入れておく場合は、新たにフォルダを作って、その中に古いバージョンを入れておくと良いでしょう。

logic pro legacy

最後に

ということで、トラブルのためのバックアップはもちろんですが、場合によってはLogic Proのアップデートによって挙動が変わったりするので、完成したプロジェクト・ファイルを正確に再生できるよう、過去のバージョンはバックアップをとっておくことをオススメします。

関連商品

Mitchie M のコメント:

 

Logic proは長く使ってるけど、今回みたいに完全に開けなくなるのは初めてでした

 

【著者:Mitchie M @_MitchieM

コメント

タイトルとURLをコピーしました