Logic Pro

Logic Pro内蔵シンセAlchemyでハンドクラップの音を作る方法

alchemy logic pro

AppleのDAWソフトLogic Proには、フレキシブルにエンベロープの形を作れるソフトシンセ「Alchemy」が内蔵されてます。

このエンベロープ機能、Multi-Staged Envelope Generator (MSEG) を使えば、アナログ・ハンドクラップの音を作れるので、その作り方の解説をしたいと思います。

Alchemyでアナログ・ハンドクラップの音を作る方法

まずはAlchemyを起動。Alchemyには初期設定的なプリセットがないかと思うので、鍵盤を押すとオシレータAだけが鳴るような設定を作ります。

alchemy

オシレータにホワイトノイズをアサイン

続いて、オシレータAにホワイトノイズをアサインします。

alchemy

オシレータAを選択したら、右上のVAを選択しOSCILLATORをオフNOISEをONにして「White」に。つまみは画像のように設定。Tuneについては後でお好みのピッチにすると良いです。

これで鍵盤を押すとホワイトノイズの音が出るようになりました。

エンベロープ(MSEG)の設定

今度はエンベロープを設定します。MSEG(1)を選択して、下の画像のような形を作ります。

alchemy mseg

頭の細かい3つの山でハンドクラップの人数感を作り、最後の減衰でクラップ音のリリースを加えるイメージです。この音をゆっくり言葉で表現すると「パパパパーーーーーン」って感じ。

細かい山の長さは1つ0.01s以下で、かなり短くします。実際音を鳴らしながら長さを調整してください。少しカーブをつけた方が頭の音の強さが出ます。

リリースの長さについては0.20s前後が良いかと思います。少しカーブを付けると良いかも。

で、このエンベロープをノイズオシレータのボリュームにアサイン。つまみをcontrolキーを押しながらクリックします。

alchemy

次に、MODULATIONの設定でDepthを右いっぱいに回します

alchemy

これでクラップっぽい音がとりあえず鳴ると思います。音はかなり細いですが・・・。

フィルターで音作り

で、次にフィルターで削って音作りをします。下の画像のように設定してみました。

alchemy

フィルタータイプはバンドパスで、BP 6dB Edgyが良い感じになりました。

Cutoffは1400Hz、Resは30%。ここはお好みの音になるように設定。Driveは最大の方が音が前に出て来ます。

これでとりあえずクラップの音はできました!!

別エンベロープCutoffなどをほんの少し動かすのもアリかと思いますが、もっと作り込みたい人は色々いじってみると良いかも。

コンプとEQで仕上げ

で、最後に仕上げとしてコンプEQをかけます。

alchemy

これは完全にお好みで調整してください。別にAlchemy内蔵のエフェクトでなくても大丈夫です。

こうして完成した音がこちら!

 
アナログ・ハンドクラップはあらゆる音源に入ってますが、自由にいじれるAlchemyのクラップ音も、選択肢としてプリセットに登録しておくと役に立つかも?

 
Mitchie M のコメント:

 

クラップはUltrabeatよりAlchemyの方が上手く作れます!

 

【著者:Mitchie M @_MitchieM

▼ その他のLogic Pro関連記事

iZotope RXをLogic Proのオーディオ・エディタとして使う方法
オーディオ修復ソフトウェアのiZotope「RX」。RXはLogic Pro上でオーディオ・エディタとしても使えるので、自分もLogic Proと連携させて活用してます。RXを使えばLogic Proではできない細部のオーディオ編集が...
Logic Pro「EVOC 20」でボコーダーを上手に鳴らす方法
  Logic Pro内蔵ボコーダーのEVOC 20 PolySynth。 自分は楽曲制作でこれをよく使っているのですが、初心者の人にはボコーダーは慣れないと扱いづらいかと思います。 そこで今回、EVOC 20 PolySynthを例...
Logic Pro内蔵Amp Designerのギター以外での活用方法
Logic Proに内蔵してるギター・アンプ・シミュレーターのエフェクト「Amp Designer」。このエフェクトはその名の通り、ギターにかけてアンプの音を再現するものなのですが、それ以外の楽器での活用方法を紹介したいと思います。自分...
Logic ProのUltrabeatを使ってハイハットの音をハイエンドまで出す方法
ハイハットのワンショット・サンプルを使ってると、「いい音なんだけど、もっとハイエンドまで音が出て欲しいんだよな〜」という場面が結構あります(個人的に)。 そんな時、Logic Pro付属のUltrabeatを使ってハイハットの音をハイ...
マスタリングでのプラグインの挿し方と順番を紹介
自分がマスタリングでやってるプラグインの挿し方と、その順番を紹介したいと思います。 このやり方が正解というわけではなく自己流なので、何か参考になれば幸いです。 プラグインの挿し方と順番 まず、自分はLogic Proを使用してるのです...
キック(バスドラ)に重低音を加える方法
打ち込みでキック(バスドラ)のサンプルを鳴らした場合に、重低音を加える方法を紹介します。まず、キックに重低音を加える必要があるのは以下のような場合です。重低音感が足りない重低音はあるけどピッチが違う重低音の余韻の長さが足りない...

コメント

タイトルとURLをコピーしました