VRoidで作ったキャラをSTYLYにモーション付きでアップする方法の補足

style vrm

今回はVRoidで作ったキャラをVRM形式で書き出し、Unityを経由してSTYLYにモーション付きでアップする方法の補足記事を書きたいと思います。

補足というのは、実はこの方法について詳しく書いてある記事があるのです。こちら。

今回はVTuberの3Dモデル(FBXやVRM)に動きを付けて、STYLYにアップロードする方法を紹介します。 STYLYのUnityプラグインを使えば、3Dモデルの質感や動きを保ちつつ、Unityから簡単にアップロードできます。 自作モデルのVR展示会など色々なことに応用できるので、ぜひ活用してみてください。

 
ここにやり方が載ってるので、自分もこれを参考にしてやってみました。Unityを初めて使う自分でもわかりやすい内容でした!

ただ、現在仕様が変わり操作に手こずった部分があるので、その補足をこの記事で書きたいと思います。

Unityのバージョンとインストール

まず使用するUnityのバージョンですが、最新のものではなく、自分は「Unity 2017 4.14」をダウンロードしました。ダウンロードはこちらからできます。

元の記事にも書いてありますが、作業で使う「UNITY PLUGIN FOR STYLY」がUnity 2017.4.x 以下のサポートなので、それ以上のものは使わないでください(自分は最初、最新版でやってしまいました・・・)

インストールについて

Unityのインストールの際には以下のコンポーネントを入れることを忘れないでください。これがないとSTYLYにアップできないようです。

  • Android Build Support
  • iOS Build Support
  • Mac Build Support
  • WebGL Build Support

インストールの時にデフォルトではチェックが外れてるので、これらにチェックを入れます。詳細は下記の記事に書いてあります。

本記事では、Unityで作成したアセットをSTYLY上で使用するための方法をご紹介します。STYLYで使用できるUnityのアセットの種類は、3DModel、Particle system(Shuriken)、Light、UI要素、Shader(Amplifed Shaderを使ったもの等)、PlayMakerを用いた...

Unityでのまばたきモーションの作成

Unityではだいたい元記事に従えば大丈夫です。が、自分が手こずったのは、まばたきのアニメーションの作成作業です。画面が少々元の記事と違いました。以下でやり方を解説します。

まずはHierarchyからモデルを選択した状態で、Windowメニューの「アニメーション」を選択すると、下のようなモーションデータの画面が出てきます。

Unity 2017 vrm

ここで左上のモーションの名前部分をクリックすると「Create New Clip」という項目があるので、それを選択(ここで元記事では”mabataki”という名前でファイルを作ってました)

Unity vrm モーション

すると新たなモーションデータを作れます。ここで左下の「Add Property」をクリック。するとアニメーションで動かす部分を選択します。ここで、

Face > Skinned Mesh Renderer > Blend Shape,Face,M_F00_000_Fcl_EYE_Close

を選択します。

Unity vrm まばたき

Unity vrm

右の「+」マークをクリックすると、このプロパティが追加されます。

これでまばたきのキーフレームを打っていきます。打ち込むのは下の画像の部分です。

Unity vrm

録画ボタンを押した状態で、ポジションを指定しパラメータの値を設定。そしたらキーフレームを登録し次へ、といった感じで進めます。自分はここでパラメータの値をどこに打ち込むかわからなくて手こずりました。すごく小さくて、場所的にもわかりづらいのですよね・・・。

あとは問題なく進められるかと思います。

 
すると、VR機器を使えばSTYLYで自作のVRoidキャラが等身大で見れます!

▶︎ STYLYで公開してるページはこちら:STYLY Gallery VRoid Miku’s dance

VRで見ると結構面白いので、興味のある方はぜひチャレンジしてみてください。^^

 
Mitchie M のコメント:

 

Unityは難しそうだったけど、実際難しかった(汗)

 

【著者:Mitchie M @_MitchieM

▼ その他のVR関連の記事

VRoid Studioで作ったアバターをVRMファイルでエクスポートして、試験的にバーチャルキャストでそのアバターを読み込んでみたところ、...
VR体験の際にはヘッドマウントディスプレイ(HMD)を顔に装着します。 その際問題なのが、人は顔に皮脂が多いので、HMDと顔の接する部分にそ...
せっかく「Oculus Rift」と「RICOH THETA SC Type HATSUNE MIKU」を持っているので、THETA SCで...
Oculus Rift用のアプリケーションで、MuRoさん(@MuRo_CG)が開発した、アニメ作成ソフト『PlayAniMaker』の操作...
今回は『PlayAniMaker』の『操作パネル』について解説していきます。ちなみに、PlayAniMakerの紹介と基本画面について書いた...
今回は、『PlayAniMaker』の物理コントローラーについて解説していきます。ちなみに、前2回の解説記事はこちらです。  Oculu...
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ