VRoidのアバターをVReducerでcluster用にコンバートしてみた

VRoidで作ったアバターのVRMをclusterで使用する場合、cluster側で使用できる条件があるため、そのままでは読み込めません。

ですが、VReducerというVRMをcluster用にコンバートできる便利なアプリがあるので、それを使ってみたところ読み込めました。

結果的に一部コンバートが上手くいかなかったのですが、やり方を書き残しておきたいと思います。

VReducerの使用方法

VReducerを使うのにはpythonの知識が少々必要です。自分もpythonは初心者なので間違った事を書くかも知れませんが、慣れてない人の参考になれば幸いです(汗)

まずは、VReducerのソースをGitHubからDLします。

VRoidモデルをClusterアバター用に軽量化するスクリプト. Contribute to kanno2inf/VReducer development by creating an account on GitHub.

ページ右の「clone or download」ボタンからDLできます。

github

で、DLしたらVReducer-masterというフォルダが現れるので、自分は

ドライブ名//Users/ユーザー名/

の場所に、落としたファイルを置きました。

そのディレクトリに変換するVRMファイルも一緒に置いて置きましょう。

あとVRMファイルですが、VRoidでは髪のテクスチャ(マテリアル)の使用は2つまでにすることと、髪の毛メッシュを結合してエクスポートしてください。また、髪はテクスチャが同じでも、色を変えるとマテリアルが増えるので注意が必要です。

自分は作成中の”ミクロイドM”を使ってコンバートしてみます!

vroid 初音ミク

pythonでVReducerを使う

次にpythonを使うのですが、ここではMacの場合で説明します。Windowsの人は別途python2.7をインストールしてください。

Macにはpython2が入っているので、ターミナルから使うことができます。バージョンはOSにもよるので、2.7であるか確認してみてください。下記のコマンドを打てば確認できます。

$ python --version

で、Pythonを使う前に、モジュールのpillow(PIL)が必要なので、それをインストールします。

まずはpipでインストールできるように、下記のコマンドを打ちます。

$ sudo easy_install pip

次にpipでpillowをインストールするので、下記のコマンドを打ちます。

$ sudo pip install pillow

これで準備はできました。次にpythonパスを通します。

$ export PYTHONPATH=/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/bin:$PYTHONPATH

で、VReducer-masterのフォルダがあるディレクトリに移動。

$ cd /Users/ユーザー名/VReducer-master

で、vreducer.pyを読み込んでVRMを変換します(hogeは仮の名前です)。

$ python vreducer.py /Users/ユーザー名/hoge.vrm

これで無事変換できると、VReducer-masterのフォルダがあるディレクトリにresultというフォルダができ、その中に変換したVRMファイルが入ってます。

clusterで読み込んでみる

ではclusterのアバター設定画面に行って、先ほどコンバートしたVRMファイルをアップします。

cluster vroid

それをclusterの空間内で見るとこんな感じです。

cluster vroid

読み込めましたが、真ん中の前髪とまぶたの上辺りのテクスチャが崩れてます・・・。

追記:その後前髪は制御点をスムージングしたら直りました。その画像がこちら。

vreducer vroid cluster

目の上の内側の影はどうしてもテクスチャが崩れるみたいですね。

とにかく、Blenderとか使えない人には、VReducerは一発で変換してくれるので、ありがたいツールなのではないでしょうか?

 
Mitchie M のコメント:

 

やはりコンバートするとモデルの見え方が変わりますね・・・(汗)

 

【著者:Mitchie M @_MitchieM

▼ その他のVR関連の記事

バーチャルキャストで背景に360度画像や写真を設定できるそうなのでやってみました。 やり方は、 360度写真(全天球画像)をアップ...
VR体験の際にはヘッドマウントディスプレイ(HMD)を顔に装着します。 その際問題なのが、人は顔に皮脂が多いので、HMDと顔の接する部分にそ...
せっかく「Oculus Rift」と「RICOH THETA SC Type HATSUNE MIKU」を持っているので、THETA SCで...
Oculus Rift用のアプリケーションで、MuRoさん(@MuRo_CG)が開発した、アニメ作成ソフト『PlayAniMaker』の操作...
今回は『PlayAniMaker』の『操作パネル』について解説していきます。ちなみに、PlayAniMakerの紹介と基本画面について書いた...
今回は、『PlayAniMaker』の物理コントローラーについて解説していきます。ちなみに、前2回の解説記事はこちらです。  Oculu...
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ