Boot Campを使わずMacにWindows10をインストールする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

前回、Macbook Pro 13インチ mid 2012に、Boot Campを使ってWindows10をインストールするのを諦めました(汗)

▶︎ MacBook ProにBoot CampでWindows10をインストールできない(諦め編)

しかし、読者の皆様からコメントを頂いたおかげで、道が開けました!Boot Campを使わないでWindows10をインストールすることができたのです!その方法を紹介します。手順としては。

  • DVDのWindows10インストール用ディスクを作成
  • ディスクユーティリティでパーティションを作成。この際フォーマットはexFAT
  • DVDからWindows10をインストール
  • 「Boot Camp アシスタント」で作成した、Boot Campのドライバをインストール

と、こんな感じです。

Boot Campを使うと、インストールディスクの容量が大きいので、DVDからの起動は諦めていました。けどWindows10のインストールディスクを作成するだけなら、容量は4G程度なのでDVDからでも行けるのですね。ということで、以下に詳細を書いて行きます。

Windows 10のインストール方法

まずDVDの「Windows10インストール用ディスク」を作成します。

windows10 iso

Microsoftのページからダウンロードした「Windows10 (64bit)」のisoファイルを、control+クリックでメニューを開きます。そして「ディスクを作成」を選択。空のDVD-Rに焼けば起動ディスクが完成。

次に、ディスクユーティリティでWindows10用のパーティションを作成します。「Boot Camp アシスタント」でもパーティションは作成されますが、Windows10のインストール時に問題があるようで出来ませんでした。必ずディスクユーティリティで作成してください。

ディスクユーティリティ パーティション exFAT

で、この際フォーマットですが、「MS-DOS」ではなく「exFAT」を選択してください。

マカーの自分には何が違うのかよくわかりませんが「MS-DOS」を選択すると、Windows10のインストール時にメッセージが出て、インストールできません。自分はここでハマりました。(^^;)

パーティションを作成したら、DVDから起動してWindows10のインストール作業に入ります。

インストール直前までは問題行けると思います。こんな画面。以下デジカメからの写真ですいません。

Windows10 インストール

ここで、作成したパーティションを選ぶのですが、そのままだとインストールできません。こんなメッセージが。

Windows10 mac インストール

NTFSフォーマットされたパーティションが必要らしいです。なので、一度「フォーマット」を選択して初期化してください。そうすればインストールできるようになります。

ここで、Macのディスクユーティリティのパーティション作成の段階で「MS-DOS」を選択してると、フォーマットしてもインストールできないのですね。メッセージに「GPTのパーティション形式ではありません」とかいうのが出てきて。自分には理由がよくわかりませんが・・・。

で、Windows10をインストールします。ようやくここまで進むことができた。(^^;)

windows10 インストール

あとは問題ないかと思います。インストールが終わると再起動されてWindows10が立ち上がります。

Windows10の起動後、Boot Campのドライバをインストール。ドライバはMacのBoot Campアシスタントで作成できます。

boot camp ドライバ インストール windows10

その中の「BootCamp」フォルダー中にある「setup.exe」を実行すると、ドライバをインストールできます。

boot camp ドライバ インストール windows10

ここでインストール中にまたトラブルが(汗)。「RealTek オーディオ」というファイルのインストール中に止まるのです・・・。なので、ここから先に進めない人は “BootCamp > Drivers” 中の「RealTek」フォルダをどこかに外してインストールを実行してください。そうすれば最後までインストールが完了すると思います。

インストール終了後、「RealTek」フォルダにある「setup.exe」を実行すれば、後でこのドライバを入れることができます。

BootCamp RealTekオーディオ

ということで、これで全インストール完了です!かなり苦戦しました(汗)

けど、コメントをくださった皆様のおかげで、無事Windows10がインストールできた。お礼申し上げます。m(_ _)m

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. まみりん より:

    Mitchieさんこんばんは(*^▽^*)

    遂にWindows10インストール成功したのですね(*´∀`)ヨカッタ

    IT関連に疎いまみりんだけど、記事を読んでいて自分のことのようにハラハラしてましたw

    そういえばアップル社のネーミング由来がマッキントッシュっていうりんごの品種だったとか、
    そんなことも露知らず市場に出回らない旭っていうりんごを大量に貰い
    生の果物が苦手なまみりんは、ジャムやアップルパイにして食べきるのに苦心しました

    その旭がマッキントッシュの和名だと知った時には…

  2. 通りすがり より:

    ここ方法だとexFatでもMSDOS(Fat)のどっちでも出来ますよ。
    ひとつ問題が有りますね。
    それは、Windowsのパーティションを4番目に置いている事です。
    Windowsは4番目以内のパーティションからしかブート出来ないので、後にディスクユーティリティーからパーティションを追加した途端にブート出来なくなります。
    それを避けるにはWindowsは第2パーティションに置いて下さい。
    そうしておくと、後で何個パーティションを追加しても起動が可能です。

  3. taka001 より:

    macBook almi は公式CaptainEl、Win7迄の対応ですが、おかげさまでWin10-64bitがインストールできました。ありがとうございます。

  4. MT より:

    Mitchie Mさん、はじまめまして!
    私のMacBook Pro(late 2011)も、公式ではwindows8.1までの対応でしたが
    この投稿をヒントに試行錯誤した結果、Bootcamp Assistantを介してのWindows10x64をインストールに成功しました!
    ありがとうございます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

facebookアカウントでコメント


Google+アカウントでコメント