『初音ミク V4X』が予約開始!8月31日リリース決定!

ついに本日、『初音ミク V4X』の特設ページ公開され、予約受付が開始となりました!

初音ミク V4X | クリプトン

 

2016年8月31日の「ミク誕」に合わせて発売されるそうです。

V4Xの公式イラストは、V3に引き続きiXimaさんです!

初音ミク V4X 画像

「少し見た目の年齢が下がったかな?」という第一印象でしたが、V2時代から比べるとかなりスッキリしたデザインに進化しましたね!素敵です!!

 
そして、肝心の「歌声」ですが、特設サイトの記述によると、

歌詞とメロディを打ち込むだけで、より自然により表現豊かになった初音ミクは、ポップス、ダンス、ロックほか、どんなジャンルも、あなたの思うままに歌ってくれます。さらに声に吐息や声質変化などを加える「E.V.E.C.」(イーベック)機能やVOCALOID4のクロスシンセシス、グロウル機能を操作することで、メリハリの有る歌声を作ることが可能になっています。

とのこと。「巡音ルカ V4X」「鏡音リン・レン V4X」に続き、「初音ミク」でもE.V.E.C.機能が使えるようになります!

なお、E.V.E.C.対応データベースは「Original」「Soft」「Solid」で、「Dark」と「Sweet」が非対応だそうです。

そして「鏡音リン・レン V4X」で搭載された発音拡張機能もあります。「初音ミク V4X」では「強い発音」と「 弱い発音」に切り替えられるとのこと。

そしてVoice Colorは「Power」と「Soft」の2種類。Voice Releaseは「Breath-Long」と「Breath-Short」を搭載。

「クロスシンセシス」や「グロウル」機能もあるので、これはかなり表現力が上がると思います。

 
しかし、それと同時に、制作する側としては「エディターでの作業が増えそう」という心配もあります。(^^;)

けど、以前公開された「初音ミク V4X beta」を使用した感じでは、「確かにエディターでの作業が増えたけど、ミックスで声の補正をすることが少なくなったので、トータルの作業量はそれほど変わらない」という印象でした。

ちなみに『初音ミク V4X』の特設ページで「V4X beta」を使用した私の楽曲「アメイジング・マジシャン」を載せて頂いてます。

今後は声の特徴を把握するために、とにかく使い込む事が大事になってきそうですね。

更なる初音ミクの進化を期待して、発売を楽しみにしてます!^^

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. @大佐 より:

     私は実のところ、VOCALOIDというシステムそのものがどういうものなのか、よく分かっておりません。
    綺麗な歌声で、素敵な曲を、美しいキャラクター達に歌わせている楽曲Pの皆様に感銘を受け、ミクさんワールドに来た訳です。
    V4Xの登場により、Mitchie M様の音楽活動が、より素晴らしいものになることを、応援しております。

    • Mitchie M Mitchie M より:

      MMDもミクさんのお陰で生まれたわけですからね。
      それぞれの楽しみ方で、みんなで盛り上げて行きましょう!^^

  2. 夢幻キリコ より:

    こんばんは^^
    こういうの見るとどうしても欲しくなってしまうんですが、DTMしないのに買っても無駄なので買った気にだけなっておきます。
    発売されたら、その日のうちに投稿されるんでしょうねぇ。
    ルカの「星屑ユートピア」みたいに(^_^;)