MacBook Proの互換電源アダプタはノイズが乗りまくる件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

以前、MacBook Proの互換電源アダプタを買った記事を書きました。

Apple MagSafe電源アダプタの互換品を買ってみた
家の中はMacbook Proを2箇所で使うことが多く、その度にMagSafe電源アダプタを抜き差しするのが面倒になったので、アダプタの互換...

で、最近ギター・アンプシミュレータでそのアダプタを使ってみたところ、ノイズが乗りまくることが判明・・・(>_<) その事を書きたいと思います。

 

まず、自分はギター録音の際、アンプシミュレータ用のMacBook Proを使って、iMacのほうに録音してます。

amplitube

オーディオ・インターフェイスはもちろん経由してますが、互換電源アダプタを使うと、どうもギターのアナログ信号にノイズが乗りまくるようなのですね・・・。ギターを無音状態にして、そのノイズをアナライザーで見てました。

まず、これがApple純正アダプタ使用時のノイズ。

Adapter analyze2

で、こちらが互換電源アダプタ。

Adapter analyzer1

歪み系のエフェクト使っていて、音量もわかりやすいように大きくしてますが、互換電源アダプタは低域と高域のチリチリした帯域が、純正アダプタよりノイズが目立ちます。耳で聴いて明らかに違いがわかる音量です。

あと、純正品はアダプタ接続とバッテリーで駆動を比べると、ノイズ量の違いはあまり感じられないのですが、互換品はこの差が出ます!

物によるのかも知れませんが、互換電源アダプタは録音では使わない方が良いかも知れませんね。

 
あと、互換品は純正品に比べて重量が軽いので、中身が気になっていてのですが、こんな記事を発見。

▶︎ 本物そっくりの偽物「MacBook充電器」の危険な内部はこうなっている – GIGAZINE

全ての互換電源アダプタが危険かはわかりませんが、作りが結構お粗末らしいので、オーディオ的にも良くないのでしょう・・・。

なので結論としては、「録音の際は純正品を使った方が良い」ということですね。
 
 
ちなみに、ギターのシールドを変えてノイズの量を比較してみたのですが、自分の持っている物ではGeorge L’sの赤いのが一番ノイズが少なかったです。

普段これを愛用してますが、細いのにノイズに強いのでオススメです。

ということで、最後に一言。

 

今まで純正アダプタはやたら値段が高いと思ってたけど、安全性とか品質を考えると妥当な価格に思えてきた。(^^;)

 

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. あゆみ より:

    お疲れ様です
    電源が大切なのはわかっているのですが
    どうも投資が後回しになってしまいます
    各機器のGNDがきちんとしてるか
    チェックして改修したりはしますが
    電源ケーブルだけで何万円もするヤツ、
    いつか使ってみたいですね

    まぁプロじゃないから良いかw

  2. まみりん より:

    Mitchieさんこんばんは(*´ω`*)

    最後の吹き出しコメントでより解りやすい記事になっていますね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

facebookアカウントでコメント


Google+アカウントでコメント