Logic Pro内蔵Amp Designerのギター以外での活用方法

Logic Proに内蔵してるギター・アンプ・シミュレーターのエフェクト「Amp Designer」。

このエフェクトはその名の通り、ギターにかけてアンプの音を再現するものなのですが、それ以外の楽器での活用方法を紹介したいと思います。

自分がギター以外でAmp Designerを使用するのは下記の2つのケースです。

  • ドラムの音作り
  • 声のラジオボイスに空気感を加える

それぞれについて書いていきたいと思います。

Amp Designerを使ったドラムの音作り

ドラムの音作りでは、キット全体を少しディストーションのかかった個性的な音にしたい場合、Amp Designerをかけてます。

プリセットに登録してるのは以下のような設定です。

Amp Designer

AmpはLarge Blackface Amp。CabinetはBrownface 1×15でとりあえず試してみます。

AmpのGAINはドラムが程よい感じに歪むように設定し、BASS、MIDS、TREBLE、PRESENCEで音作りします。

エフェクトはオフにしますが、場合によってはREVERBを少し上げてスプリング・リバーブを加えてビンテージ感を演出するのも良いかも。

 
CabinetはMicをDynamic 57に。色々なタイプのマイクが用意されてるけど、個人的な音の好みで結局これに落ち着く事が多いです。

マイクのポジションはスピーカーのセンターに近づけて、空気感の少ない抜けの良いサウンドにします。

Amp Designer

このドラムサウンドは、1曲通してかけてると少し疲れる音ですが、フィルインや間奏など一部でアクセントとして使うと良いかと。

 Amp Designerを使ってラジオボイスに空気感を加える

通常ラジオボイスについては、EQでハイとローをカットしレンジを狭めれば作る事ができます。

けど、アンプシミュレーターを使えば、実際にラジオのスピーカーから鳴ってるような感じにできるので、少し凝った音にしたい場合にオススメ。

自分がプリセットに登録してる設定は下の画像のような感じです。

Amp Designer

AmpはBoutique Retro Amp。Cabinetは一番小さいTweed1×10。これを元に音作りして行きます。エフェクトはオフです。

CabinetはMicをRibbon 121にして、ポジションはスピーカーから一番離して空気感が出るようにします。

Amp Designer

もし音の抜けがイマイチだったら、マイクをスピーカーのセンターに近づけてください。

 もちろんAmp Designerだけでは声のレンジを狭めらません。なのでEQを挿してハイとローをカットしラジオ声っぽくなるように調整してください。

logic pro eq

 
以上、Amp Designeを使った音作りの紹介でした。何か参考になれば幸いです。

 
Mitchie M のコメント:

 

AmpとCabinetは多くの種類が用意されているので、好みの組み合わせを見つけてみてください

 

【著者:Mitchie M @_MitchieM

▼ その他のLogic Pro関連記事

ハイハットのワンショット・サンプルを使ってると、「いい音なんだけど、もっとハイエンドまで音が出て欲しいんだよな〜」という場面が結構ありま...
音楽制作では便利なので良く使う Logic ProのUltrabeat。 Ultrabeatはドラムの音作をするには機能が充実している...
自分がマスタリングでやってるプラグインの挿し方と、その順番を紹介したいと思います。 このやり方が正解というわけではなく自己流なので、何か参考...
打ち込みでキック(バスドラ)のサンプルを鳴らした場合に、重低音を加える方法を紹介します。 まず、キックに重低音を加える必要があるのは以下のよ...
Logic Proで制作した曲をオーディオファイルに書き出すバウンス機能。これを使って楽曲の最終的な書き出し(ミックスダウン)をする際に、自...
Logic Proに付属してるステレオイメージ系エフェクト「Stereo Spread」。このエフェクターの活用方法を紹介したいと思います。...
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ