DAW

DAW

SoundToys「Little Plate」という「EMT 140」をエミュレートしたプレートリバーブが無償配布中。音がなかなか良かった

「SoundToys」というエフェクトプラグイン・メーカーから「Little Plate」という、リバーブの名機「EMT 140」をエミュレートしたプレートリバーブが、11月22日までの期間中無償配布しております。 NEW! Little...
DAW

「初音ミクシンフォニー2017」告知動画の「未来序曲」で使用した音源を紹介

一昨日投稿し、お陰様で5万再生を超えた「初音ミクシンフォニー2017」の告知動画。この中で流れる「未来序曲」の制作で使用した音源を紹介したいと思います。さすがにコンサート前にフルオーケストラで録音するわけにはいかないので、これは打ち込み音源...
DAW

VIENNA INSTRUMENTSのベロシティクロスフェードで音色を作る

オーケストラ音源『Vienna Special Edition』は、フルライブラリに比べ音源の容量が少ないので、同じ楽器の同じ音程の音でも、ベロシティによって大きく音が変わってしまいます。 例えば、クラリネットのサスティンの音をC3で鳴ら...
DAW

CDから曲の区間を指定してPCに取り込めるソフト

自分はCDを聴いて、「お!」と思う気になった箇所などがあると、その部分をPCに取り込んで、オーディオファイルをそのままメモ代わりにしてます。 で、取り込みで例えばその曲の「1分15秒〜1分32秒までを読み込んでオーディオファイルにする」みた...
DAW

VSLはSTANDARDライブラリを購入するとEXTENDEDライブラリが一緒にインスコされる

先月、VIENNA SYMPHONIC LIBRARY(VSL)の「CHAMBER STRINGS 1」を導入しました。 Vienna Symphonic Library   VIENNA SYMPHONIC LIBRARYは、基本的な奏法...
DAW

トラック制作とボーカルミックスのファイルを分けて作業するメリット

自分は楽曲制作のとき、トラックメイキングとボーカルミックスのファイルは分けて作ってます。 ロックバンド形態のようなトラックが少ない場合は分けませんが、普段はほぼこのやり方です。 今回はそのファイルを分けることによるメリットを紹介したいと...
DAW

テクノ玩具の名器『Speak & Spell』のフリー音源ライブラリを落としてみた

前回、ブラシ奏法のフリードラム音源 Soniccouture『Brush Kit』について書きました。 それを落とした方ならお気づきからも知れませんが、 Soniccoutureではテクノ玩具の名器『Speak & Spell...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました