Parallels DesktopでDockにWindowsのアプリケーションを追加する方法

どうも、右Dock派のMitchie Mです。

自分の環境では、Mac用のWindows仮想環境ソフトウェア「Parallels Desktop」は、ほぼ「VOCALOID4 Editor」を使うのを目的で使用してます。

なので、それが動けば不便はないので、今まで「Parallels Desktop」の説明書とか読んだことがなかったのですね(汗)

けど、この前書いたSteerMouseの設定をきっかけにして、もう少し 「Parallels Desktop」の操作方法ついて理解を深めようと思い、本を買いました。こちらです。

Parallels Desktop 11 for Mac 公式ユーザーガイド

Parallels Desktop 11 for Mac 公式ユーザーガイド」というParallels社公認のガイド本です。

これに「Parallels Desktop 11」のインストールから操作方法まで書かれてます。早速読み始めてるのですが、やはり自分の知らなかった機能など載ってて参考になりますね。

例えば、Parallels DesktopでWindowsのアプリケーションはDockに追加できると書いてありました。

今まで自分はWindowsアプリケーション起動の際は「Parallels Desktop」を立ち上げてから、スタートメニューでアプリを選択してたのですね。けど、DockにWindowsアプリケーションを追加すれば、ワンクリックで目的のアプリケーションを起動できます。

で、ガイド本にはその追加方法については書いてなかったので、ここでそれを紹介したいと思います。

WindowsのアプリケーションをDockに追加する方法 その①

やり方は簡単です。まずDockに追加したいWindowsアプリケーションを起動します(ここでは「VOCALOID4 Editor」を使用)。

するとDockにそのアプリケーションが表示されます。

dock Parallels Desktop

で、このアプリケーションのアイコンを「Control +クリック」します。すると、

DockParallels Desktop

「オプション」の項目に「Dockに追加」とあるので、これを選択すれば、Dockに登録されます。

WindowsのアプリケーションをDockに追加する方法 その②

 もうひとつの方法としては、Mac上にあるWindowsアプリケーションをDockにドラッグ&ドロップする方法もあります。この場合、

「ユーザー」→「ユーザー名」→「Applications (Parallels)」→「Windows 7 Applications」

にあるアプリケーションをDockに持って来ればOKです。

今まで知らなかったのですが、このフォルダに仮想環境で起動するためのWindowsアプリケーションが入ってるのですね(汗)。ここのファイルはexeではないので、他のMacのアプリケーションと同様に扱うことが可能です。

「[C] Windows」の中にある、アプリケーションのexeファイルはDockに追加できませんので注意を。

 
あと、WindowsアプリケーションのMacでの共有についての設定は「Parallels Desktop コントロールセンター」のオプションで設定可能です。

Parallels Desktop dock

今回その詳細は省略しますが、こういう設定について公式ユーザーガイドに書かれてました。

「Parallels Desktop」はただWindowsアプリケーションを仮想環境で使えるだけでなく、Macでの共有機能も良くできてます!

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ