SHIMANO ブレーキシュー M70T3(重量74g)に交換

街乗り用MTBのフロントのブレーキシュー(パッド)が摩耗したので交換しました。というか未だにディスクではなくVブレーキを使ってます(汗)

その摩耗したブレーキシュー取り外したのがこちら。かなり使い込みました。

shimano deore ブレーキシュー

Deoreグレードの物なのですが、本体とパッドが一体化してるので、どこまで摩耗したら交換時期なのかよくわからないのですよね。(^^;)

とはいえブレーキ時にがパッドが変な音で鳴り出したので替えることにしたわけです。

普段パーツを交換する時は軽量なものに替えるのですが、フロントのブレーキは消耗が激しいので同じものを購入。

Shimano m70t3 ブレーキシュー

SHIMANO ブレーキシューセット M70T3 です。DeoreのVブレーキ「BR-M530」に付いてるブレーキシューの互換品になります。ブレーキの効きはしっかりしてますね!

そして 新しいパーツ購入時の儀式「重量計測」。なんか相撲の新弟子検査みたいだな・・・。

shimano m70t3 重さ ブレーキシュー

74グラムです!けっこう重いのですね・・・。

ちなみにKCNCの軽量ブレーキシューが34グラムだったので、それに替えれば40グラム軽量化できるという。

▶︎ 参考記事:KCNCの軽量VブレーキパッドをRIDEAのショートアームV-Brakeに装着

KCNCのは前後ペアで68グラムは軽いな。けど高い・・・。 

まぁこんな軽量化を想像するのも自転車いじりの楽しみです。(^^;)

それはいいとして、購入したブレーキシューを自転車に装着、調整して交換完了!

shimano m70t3 ブレーキシュー

早速乗ってみましたが、新しいブレーキシューの制動感はいいですね。^^

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. まみりん より:

    Mitchieさんおはようございます。

    チャリ通で4ヵ所ある信号機に引っ掛かることなくノンストップで出勤してきたまみりんです(*^▽^*)

    新弟子検査w

    どうぞ安全にも気を付けてくて自転車ライフ満喫してください!