マスタリングでのプラグインの挿し方と順番を紹介

自分がマスタリングでやってるプラグインの挿し方と、その順番を紹介したいと思います。

このやり方が正解というわけではなく自己流なので、何か参考になれば幸いです。

プラグインの挿し方と順番

まず、自分はLogic Proを使用してるのですが、マスターアウトプットに挿すプラグインは、上から順にこのような感じです。

  • Logic Pro Linear Phase EQ(イコライザー)
  • iZotope Ozone 7 Imager(ステレオ・イメージャー)
  • Logic Pro Multipressor(マルチバンド・コンプ)
  • iZotope Ozone 7 Vintage Compressor(コンプレッサー)
  • Logic Pro Linear Phase EQ(イコライザー)
  • iZotope Ozone 7 Exciter(エキサイター)
  • NOMAD FACTORY MAGNETIC Ⅱ(サチュレーター)
  • iZotope Ozone 7 Maximizer(マキシマイザー)
  • Logic Pro Level Meter(レベルメーター)

ちなみに、iZotope Ozoneは現在バージョン8が最新ですが、7のままアップデートしてません(汗)。区切りの良いところでバージョンアップしようとは思ってるのですが・・・(汗)

あと、OzoneはAdvancedバージョンでないと、各エフェクトを個別に挿すことができないと思うので注意してください。

では、以下にそれぞれのプラグインの使い方の解説をして行きます。

Logic Pro Linear Phase EQ(カット用)

Logic Pro Linear Phase EQ

EQは別にLinear Phase EQでなくも良いのですが、Logic Proのは個人的に扱い慣れてて、音が自然なので使ってます。

 

ここはカット専用のEQです。コンプする前に音を整えた方が良いので、最初に挿してます。

-3dB以上動かすようならミックスに戻って調整した方が良いでしょう。

場合によってはEQの代わりにディエッサーを使って抑えることもあります。

iZotope Ozone 7 Imager

マスタリング プラグイン 挿し方

次にステレオ・イメージャーで音像を作ります。狭めるよりは広げる方向で使うがほとんどです。

個人的に、音を広げるエフェクトはコンプの前に挿した方が良いと思ってるので、ここに挿してます。

Logic Pro Multipressor

マスタリング プラグイン 挿し方

次はマルチバンド・コンプで各帯域の音の出方を揃えます。

クロスオーバー周波数は下から200Hz、820Hz、5,000Hzに設定していて、この数値を動かすことはあまりないです。

コンプのリダクション量は、各バンドが最大でも6dBくらいになるようにしてます。各バンドのゲインも調整しますが、±3dB以上動かすようならミックスに戻って調整した方が良いでしょう。

Outのゲインは、メーターが時々レッドゾーンになるくらいまで上げます。

Multipressorは独特のコンプのかかり方がするので、扱いには慣れが必要かも知れません。

▼ 参考記事:

特定の帯域を抑えたりする目的で使う、Logic Pro付属マルチバンドコンプ「Multipressor」。 そのコンプのかかり方や音の傾向...

iZotope Ozone 7 Vintage Compressor

マスタリング プラグイン 挿し方

ここでは全体にコンプ感を付けます。

前段のMultipressorである程度コンプしてるので、レシオもリダクション量も低めに設定します。

MSモードにして、ミドルとサイドを分けてコンプする場合が多いです。

Logic Pro Linear Phase EQ(ブースト用)

マスタリング プラグイン 挿し方

EQのブーストはコンプ後にした方が良い場合が多いので、ここに挿してます。

このEQも大きくブーストすることはないです。+3dB以上動かすようならミックスに戻って調整した方が良いでしょう。

また、もう一つEQを挿してProcessingを「Mid Only」と「Side Only」に分けて、MSでEQすることもあります。

iZotope Ozone 7 Exciter

マスタリング プラグイン 挿し方

ここではEQで物足りなかった分を、エキサイターで調整します。EQだけで十分だった場合は使わない場合もあります。

基本的には中高域と高域を少し上げる場合が多いです。中低域と低域はあまりいじりません。

NOMAD FACTORY MAGNETIC Ⅱ

マスタリング プラグイン 挿し方

マキシマイザーの前にサチュレーターで倍音を加えます。

設定は、赤ランプのスイッチをオンにするだけです。「BOOST」や下のツマミも全部オフにします。もし音が歪みすぎる場合は、「OUTPUT」のツマミを少し下げます。

「これで音変わるの?」と思うかも知れませんが、変わります!

試しにこの設定に1kHzのサイン波を入力したのが以下の画像です。

NOMAD FACTORY MAGNETIC Ⅱ

3kHzに倍音と、低域にも少し音が加わってるのがわかるかと思います。これにより若干音圧が上がった感じになります。

iZotope Ozone 7 Maximizer

マスタリング プラグイン 挿し方

「Threshold」の値は-6~7dBにしてます。入力する音量とマキシマイザーをかけた時の音量感はコンプのゲインの方で決めてるので、この値以外にする事はないです。

音圧高めの曲の場合は「IRC Ⅲ」の「Balanced」を、低めの曲では「IRC Ⅳ」の「Modern」を使ってます。

Logic Pro Level Meter

level meter logic pro

最後にLogic ProのLevel Meterで音量を確認します。

設定は「Level」の項目で「RMS」を選択。自分はダンスミュージックを作ることが多いので、その時はメーターのRMSの値が-7.5くらいになるよう、音量を調整してます。

 
以上がMitchie M流のマスタリングでのプラグインの挿し方でした。

 

マスタリングは最終調整なので、ミックスでなるべく良い状態にするのが大事です

 

【著者:Mitchie M @_MitchieM

▼ 関連商品

iZotope ( アイゾトープ ) / Ozone 8 Advanced マスタリングソフト

iZotope ( アイゾトープ ) / Ozone 8 Advanced マスタリングソフト

▼ その他のDAW関連記事

打ち込みでキック(バスドラ)のサンプルを鳴らした場合に、重低音を加える方法を紹介します。 まず、キックに重低音を加える必要があるのは以下のよ...
Logic Proで制作した曲をオーディオファイルに書き出すバウンス機能。これを使って楽曲の最終的な書き出し(ミックスダウン)をする際に、自...
Logic Proに付属してるステレオイメージ系エフェクト「Stereo Spread」。このエフェクターの活用方法を紹介したいと思います。...
今回はボーカルをミックスする際のエフェクトの挿し方を紹介したいと思います。 自分はボカロ曲制作がメインなので、ボカロに合わせたセティングで紹...
前回、Sonnox「VoxDoubler」を紹介したので、同社のOxfordプラグインを紹介したいと思います。 自分はミックスでは主にLog...
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. hartfield より:

    プロの技を垣間見れるって、ものすごく貴重です。

    Mitchie MさんはCDとYouTubeの両方で音源を公開していますが、その場合のRMSって違うものを2つ作っているんですか?

    • Mitchie M Mitchie M より:

      読んでくれてありがとうございます!
      CDはメジャー盤だとエンジニアさんがマスタリングしてるので音圧が違います。
      同人盤だと同じRMSの音源を使ってます。

      • hartfield より:

        Mitchie Mさんのブログはいつもわかりやすくて、とても参考になります。
        自分の場合MSの調節がうまくいかず、時間ばかり経ってしまいます。
        ステレオイメージャー、使ってみます。
        ありがとうございました。