[ボカロ調声] 母音が「あ」から「い」に変化する時は間に「え」を入れてみる

VOCALOIDの調声の話です。

突然ですが、声に出して母音を「あ」から「い」にゆっくり変化させてみてください。その中間くらいで「え」の音を経過しているのがわかるでしょうか?

つまり「あ」⇒「え」⇒「い」という感じです。

この「あ」から「い」に変化する時、間に「え」が入るのを、VOCALOIDの調声で活用することができるのですね。

例えば、以下のように「あい」というフレーズがあったとします。

VOCALOID

普通は上の画像ように打ち込むと思いますが、これだと「あ」から「い」への変化が急でストレート過ぎると感じる場合も・・・。

そこで、先ほどの《「あ」から「い」に変化する時は中間に「え」が入る》の原理を利用して、次のように打ち込みます。

VOCALOID 母音

間に短く「え」を打ち込むのですね。

すると、「あ」から「い」に移行する時に、短い「え」を経過することによって変化がスムーズに!

音符の長さや音域などにより、うまく行かない場合もありますが、試してみると良いかと思います。

ちょっと「え」が強調されるので、外国人っぽい感じの発音のニュアンスかも知れません。

で、その特性を活かして、英語を日本語ライブラリで打ち込む際にも使えます。

例えば「I talk」という言葉を日本語ライブラリで歌わせるとします。普通はこんな感じで打ち込むでしょう。

VOCALOID 母音

音素記号で書くと「a i  t o  k」ですね。

けど、実際「私」を意味する「I(アイ)」は「イ」って思いっきり言わないですよね。

そこで、《「あ」から「い」に変化する時は中間に「え」が入る》の原理を利用して、「い」と発音する前の「え」で止めます。下の画像のような感じです。

VOCALOID 母音

音素記号では「a e  t o  k」となり、日本語で書くと「あえとーく」になります。けどこの方が英語の発音に近いですよね?

最後に

ということで、この「え」の使い方ですが、ポイントは「え」が目立ちすぎないように短く打ち込むことです。

あと「え」のアクセントが目立つ可能性もあるので、アクセントは30%くらいまで抑えましょう。

聴感上は小さな違いですが(汗)こういう積み重ねで声に差が出てくるのではないかと思います。

あと「お」から「い」の間でも「え」は使える場合があります。逆で「い」⇒「あ」でに使ってみてもいいでしょう。ぜひ色々と試してみてください。

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. あゆみ より:

    お疲れ様です
    スムーズじゃないとき口にするのは
    重要ですよね!
    夜独りでやりますから家族は
    うるさいとか、気が狂ったとか思うそうで

  2. 夢幻キリコ より:

    おお~っ!
    Mitchieさんの調声技術の一端ですね。
    バラしちゃっていいんですか?
    でもすごいです。
    言語学や音声学的な知識も役立つんですねぇ。
    方言なんかもこういう方法で研究できそうですね^^