『初音ミク V4X BETA』の声は扱いやすかった!楽曲制作で使用してみた感想

しばらくブログの更新が滞ってしまいましたが、音源制作で追い込み作業中でした(汗)

で、その音源の提出がとりあえず昨日完了しました!Logic Pro Xの画面をペタリ。

Logic Pro X

この楽曲についてのアナウンスは今月中に何かあるはず・・・。

で、今回は先月リリースされた『初音ミク V4X BETA』を使っての初の作業だったのですが、気になるその声の簡単なインプレッションを少々書こうと思います。

『初音ミク V4X BETA』を使ってみた感想

まず第一印象ですが声が扱いやすくなってますね!E.V.E.C.の搭載で作業量が増えるのではないかと心配してましたが、声が良くなったお陰で、今までやっていた編集の手間が少なくなりました。

具体的には、wavファイル書き出し後のタイムストレッチはほぼしなくなりましたね。V3だと音のデュレーションが思ったところまで伸びてくれない事が時々あって、編集で何とかしてたのですが、V4X BETAになってそこは改善され、言葉の繋がりも良くなってます。


E.V.E.C.については、Normalを中心にしてSoftを何箇所かで使いました。以前はSoftの音を書き出して、Originalの声と差し替えていたのですが、その手間もなくなり、歌唱にも表現力が増したと思います。

V4X BETAの特筆すべきは、音にアタックがついて、音量のバラつきが少なくなった事でしょうか。波形で見るとわかります。

初音ミク V3 V4Xβ 比較

 上がV3で、下がV4X BETAです。同じVSQXを使って書き出してますが、音量差が少なくなって、言葉の頭にアタックが付いてます。これによりV3に比べ発音がはっきりして、より自然な声になりました。

画像の一番最後の小さい波形は音素記号「k」を単独で発音しているのですが、V4Xβだとちゃんと発音してくれます!「ック」みたいな感じ。

また、声の抜けも良くなったので、あとで声質修正をする機会も少なくなり、良いことずくめです。^^

 

こんな素晴らしい進化を遂げた『初音ミク V4X BETA』ですが、その名の通り現状まだベータ版です!これは完成版が楽しみですね。

『初音ミク V3』と『巡音ルカ V4X』をお持ちの方には、『初音ミク V4X BETA』を無償配布しています。

初音ミク V4X | クリプトン

 

絶対こちらを使った方が作業が楽なのでオススメです。

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. あゆみ より:

    お疲れ様です
    波形はありがたい
    (話がわかりやすい)ですね、
    いまだにv2を使ってますから
    この説明を聞いてしまうと
    より欲しくなりますね
    アタックがあるのは良いですね
    出だしの息づかいとかも聞いてみたい

    でも、昔のv2ミクの声もとてもスキです

  2. 夢幻キリコ より:

    なるほどわからんですが、Mitchieさんが調声すると凄まじいクオリティになりそうですね^^
    うう~ん、早く聴いてみたい!

  3. まみりん より:

    Mitchieさん音源制作お疲れさまです!

    いよいよ新曲が聴けるのですね(*≧∀≦*)wktk

    素人まみりんでも一目瞭然な波形ですねぇ~ック♪

    秋も深まり朝晩の冷え込みで体調崩されぬようご自愛くださいませ。

    まみりん明日は全裸で紅葉狩り(* ̄ー ̄)
    じゃなくて
    Mitchieさんが冬に行った小金湯温泉へ
    行って露天風呂から紅葉を眺めて、
    湯上がりに台湾かき氷食べます!