VOCALOID Editorの作業スピードを上げるショートカットキー その①

ボカロの歌を作るのに使用する「VOCALOID Editor」。

V4になってからパラメータも増えたので、打ち込む作業量も増えました(汗)

なので、作業を早くするにはショートカットキーを活用することは必須です!

そこで、自分がよく使っているショートカットを紹介したいと思います。

使用するキーは「ショートカットのカスタマイズ」で変更できるので、自分の使いやすいキーに割り当てると良いと思います。

VOCALOID Editor ショートカット

ということで、今回は最低限これだけは覚えておきたい、基本のショートカットを紹介します。

ツール選択

まずは基本のツール選択です。

確かデフォルトで以下のように設定されてると思います。

  • Control + 1:矢印ツール
  • Control + 2:鉛筆ツール
  • Control + 3:ラインツール
  • Control + 4:消しゴムツール

ツールの切り替えはよく使うので、まずこれは覚えて、使えるようになりたいものです。

コントロールパラメータの表示切り替え

コントロールパラメータの表示切り替えを、いちいちマウスカーソルで選択していたら面倒だし、時間がかかります。なので、これもショートカットを割り当てます。

個人的にはショートカットは以下のような設定にしてます。

  • Control + Shift + V:VEL(ヴェロシティ)
  • Control + Shift + D:DYN(ダイナミクス)
  • Control + Shift + E:BRE(ブレシネス)
  • Control + Shift + B:BRI(ブライトネス)
  • Control + Shift + C:CLE(クリアネス)
  • Control + Shift + O:OPE(オープニングファクター)
  • Control + Shift + G:GEN(ジェンダーファクター)
  • Control + Shift + T:POR(ポルタメントタイミング)
  • Control + Shift + X:XSY(クロスシンセシス)
  • Control + Shift + P:PIT(ピッチ)
  • Control + Shift + I:PBS(ピッチベンドセンシティビティ)

これは「Control + Shift + アルファベットキー」を基本にして、自分覚えやすいアルファベットキーを設定すると良いでしょう。

全てのパラメータを頻繁に使用することはないと思うので、よく使うパラメータのショートカットは是非おぼえておきたいところです。

とりあえず上記のショートカットを楽に使えるようになれば、作業スピードは今までより上がるかと。

ショートカットは、はじめは覚えるのが面倒で、作業効率もあまり上がらないかと思います。けど慣れてくると格段に打ち込みが早くなるので、最初は無理をしてでもショートを使って作業することをオススメします。

まだ他にもよく使うショートカットがあるのですが、また機会があれば記事に書きたいと思います。

 
追記:その②の記事はこちらです。

VOCALOID Editorの作業スピードを上げるショートカットキー その②

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. 夢幻キリコ より:

    これ一太郎やワードなどを使う時もそうですよねぇ。
    外字や旧字体などを呼び出すのも、最初はたいへんですが設定しておけばあとはスムーズ。
    使いこなすって結局使い込むしかないんですよね。
    昔も今も、結局道具は人間が使い込んでナンボなんですよね。