鼻曲山ハイキング。桂木観音、獅子ヶ滝、出雲伊波比神社を巡る [埼玉県毛呂山町/越生町]

桂木観音 展望台

先日4月13日に、埼玉県毛呂山町にある鼻曲山(はなまがりやま:標高447m)にハイキングしてきました。

あまり登山本などでも取り上げられることがない鼻曲山ですが、今回のコース上では意外と見どころがあり楽しむことができました。

主な名所は以下のような感じです。

  • 虚空蔵尊さくら公園
  • 桂木観音展望台からの眺め
  • 獅子ヶ滝
  • 出雲伊波比神社(国の重要文化財)

桜の咲いた毛呂山町の里山風景はとても綺麗なので、春なら結構充実した山歩きをできると思います。ではそのハイキングレポートを書いていきます。

ハイキングコースと地図

まず、今回のハイキングのルートと地図はこちら。

東武鉄道の越生駅からスタート。虚空蔵尊→桂木展望台→鼻曲山→獅子ヶ滝→出雲伊波比神社と回って、東毛呂駅をゴールとするルートです。

コースの参考にした本は、旺文社の「山と高原地図 奥武蔵・秩父」。

この本に載ってるコースを参考に独自に設定してみました。

で、実際自分が歩いてみたところ、コースタイムは4時間2分歩行距離は15.45kmでした。区間別の所要時間など、詳細はヤマレコの山行記録に載せてあります。

ではレポートに行ってみましょう!

鼻曲山ハイキング・レポート

ということで、東武越生線の越生駅に到着。

越生駅

上の写真は西口ですが、今年3月に東口が開設されました。これによりJR越生駅は無人化になったとのこと。何度も利用してる駅だけに少し寂しいな・・・。

ではGPSをオンにしてスタート。

虚空蔵尊さくら公園へ

まずは虚空蔵尊へ向かいます。さこまでは舗装路歩きなのですが、梅の木が多くある越生の里山風景が綺麗。

越生 ハイキング

山が近くなると途中から道標があるので、それに従って歩きます。

虚空蔵尊

そして、20数分歩いたところで虚空蔵尊さくら公園に到着。

虚空蔵尊さくら公園

本堂へは少し長い階段を登ります。

虚空蔵尊

で、こちらがその本堂。

虚空蔵尊

静かな寺社ですが、梅が満開の3月中旬には「だるま市」が開かれ賑わうそうです。

虚空蔵尊

周辺には公園の名前ほど桜はなかった気がしましたが、桂木観音へ向かう道では結構咲いてましたね。

桂木観音

桂木観音展望台へ

では次は桂木観音へ向かいます。ここから登山道歩き。

桂木観音 ハイキング

けど桂木観音が近づくと一旦舗装路に出ます。

桂木観音 ハイキング

そのまま登って行くと桂木展望台に到着(今回で二度目)!

桂木観音 展望台

関東平野が良い眺め。ここからは12月上旬頃、日の出と東京スカイツリーが重なって見えるそうです。

道を挟んだ階段を登って行くと、桂木観音の山門と本堂があります。

桂木観音

本堂の周りは桜など花が咲いてて綺麗。

桂木観音

ちなみに、先ほどの展望台の近くにお手洗いと自販機があります。一休みするにはちょうど良い場所です。

鼻曲山へ

では続いて桂木観音を目指します。道標は「黒山三滝、大満」の方向に歩いてください。

桂木峠 ハイキング

しばらく行くと桂木峠に到着。道標に「鼻曲山」と書いてあるのでそれに従います。

桂木峠

さらに進むと、舗装路を横切ります。ここが天望峠

天望峠

で、道の向かいからハイキングコースに入りますが、この先から急坂が出てきます。

	
椎ノ木山 登山

それを登りきったところが椎ノ木山・・・かと思われます。

	
椎ノ木山

山頂には「四等三角点」と書いてあるだけです・・・。

では引き続き鼻曲山を目指します。「山々を望む丘」と書かれた道標のある鉄塔を過ぎると、

山々を望む丘

ロープ場登場。危険はないですが、鼻曲山周辺は露岩地帯もあったり、思ったより登山らしい道でした。

鼻曲山 登山

そして鼻曲山山頂に到着!

鼻曲山 山頂

標高447m。周りが木に囲まれてて展望はありません。

では獅子ヶ滝方面に下山します。この先から両脇の少し切り立った尾根を歩きます。

鼻曲山 登山

ゆるいハイキングを予想してたけど、意外と巨石もあってテンション上がってきた。

鼻曲山 登山

岩+ロープ場もあり。

鼻曲山 登山

逆側から登ると「岩場危険」の看板が先に出てきます。

鼻曲山 岩場

個人的にはそれほど危険ではない感じでしたが、油断しないよう注意してください。

そしてそのまま進むとカイ立場(笹郷峠)に到着。

カイ立場 笹郷峠

ここから獅子ヶ滝方面に降りて行きます。

獅子ヶ滝

下山道は簡単な階段が整備されてて、それを降りたら沢沿いの道を歩きます。

獅子ヶ滝 ハイキング

下の写真はその沢にあった巨岩。

獅子ヶ滝

なんか獅子の顔っぽいかも?これが獅子ヶ滝の名前の由来かな?

個人的には映画「ネバーエンディング・ストーリー」のモーラを思い出しますね。手前の木によじ登ってアトレイユになってみたい(笑)

で、その少し先にある獅子ヶ滝入口に到着。

獅子ヶ滝

ここに来るのは二度目ですが、こんな感じの滝です。

獅子ヶ滝

落差は5mほど。ちょっと水量が少ないかな・・・。上からも撮ってみました。

獅子ヶ滝

滝壺はこん感じ。

獅子ヶ滝

同じ毛呂山町の宿谷の滝に比べると小ぢんまりしてますが、パワースポット感のある場所です。ってか滝の手前の木が横から生えててすごかった!

IMG 7795

獅子ヶ滝から先は舗装路歩きです。春の毛呂山町の里山風景は桜が本当綺麗!

獅子ヶ滝 ハイキング

毛呂山町 ハイキング

出雲伊波比神社

東毛呂駅が近くなると、小高い丘の上に出雲伊波比神社があるのでそこに寄ってみます。

出雲伊波比神社

下の写真が拝殿。国の重要文化財の指定されてるので立派!

出雲伊波比神社

左に流鏑馬の的がありますね。「瀬戸大也」って書いてあるぞ。

出雲伊波比神社

この神社では11月にやぶさめ祭りが行われているのですね。境内の横に馬が走る直線の道があります。

で、リオデジャネイロ五輪競泳400メートル個人メドレー銅メダリストの瀬戸大也選手が毛呂山町出身ということで、2016年に流鏑馬を披露したそうです。それを記念してこの的が飾られてます。

さすが重要文化財だけあって、拝殿奥の本殿も見応えありそう。

出雲伊波比神社 本殿

そしてゴールの東武鉄道東毛呂駅に到着!

東毛呂駅

これにてハイキング終了!

感想とまとめ

舗装路歩きも少し多かったですが、神社やお寺や滝が見れて思ってたより楽しめました。

山歩きは展望がなく少々地味なので、やはり桜の開花時期に来るのがベストでしょう。

 
Mitchie M の最後に一言:

 

毛呂山町は日本最古のゆずの里だそうです。

 

▼ このハイキングで使用した装備の商品リンク

▼ 周辺地域のこんな記事も書いてます。

先日9月23日に、埼玉県越生町にある大高取山(おおたかとりやま:標高376m)にハイキングしてきました。 大高取山は東武越生線の越生駅から...
昨日、埼玉県越生町の越上山(おがみやま:標高566m)に登山、そして顔振峠(こうぶりとうげ:標高500m)に自転車でクライミングしてきま...
梅の花が咲く季節になりました! 今月2月18日から、来月3月20日まで、関東三大梅林の一つ「越生梅林」で「越生梅林梅まつり」が開催され...
昨日、埼玉県入間郡毛呂山町(もろやままち)の鎌北湖(かまきたこ)と物見山(ものみやま)にハイキングに行ってきました。 鎌北湖・物見山ハイキ...

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ