赤岩山(小樽)に登山!② そして秘境の山中海岸へ

赤岩山 登山 小樽

前回の小樽 赤岩山登山の続きです。

▼ 前回の記事:

一昨日、楽しみにしてた北海道登山に行ってきました! 本当は小樽の塩谷丸山に行くつもりだったのですが、別の面白そうな山を発見したので予定...

赤岩山 登山レポート

ということで、下赤岩山の山頂に来たら、次は赤岩山山頂を目指します!

赤岩山

今度は「赤岩オタモイ線歩道」をひたすら歩くだけなので安全です。歩道からは岩壁もよく見えます。

赤岩 岩壁

岩の先に立つこともできますが気をつけて。

赤岩 岩壁

この日は予想最高気温25℃だったので、昼を過ぎると北海道としてはちょっと暑かったですね・・・。

こんな歩道をひたすら歩いて、

赤岩オタモイ線歩道

赤岩山白龍神社に到着。

赤岩山白龍神社

赤岩山白龍神社

そしてさらに歩いて行くと赤岩峠。そこに祀られている観音様。

赤岩峠

ここに駐車場やトイレがあります。疲れたらここから住宅街に向かうこともできます。自分はこのまま赤岩山山頂へ。

ここから先は山の奥に入って行くので、雰囲気も少々寂しくなります。

赤岩山登山道

道はほぼこれ一本なので迷うことはないでしょう。

あと北海道の山といえば熊ですが、出没注意の看板は見なかったですね。ここにはいないのではないかと(たぶん)。海と住宅街に囲まれた山なので。

で、ひたすら歩いて行くと海の見える展望台に到着。

赤岩山 展望台 オタモイ海岸

おお、オタモイ海岸!切り立った絶壁がすばらしい!海上から岩壁を観賞するクルーズもあるとか。

ここから少々歩いて、山頂付近には山頂の電波塔に行く道があります。ピンクのテープが貼ってある木が目印ですが、小さいので見逃さないよう注意。

赤岩山 山頂 分岐

で、赤岩山山頂の電波塔に到着。標高371m。

赤岩山 山頂 電波塔

山頂はこの施設があるだけで、他は何もありません。歩道に戻りオタモイ方面に歩いて行きます。

赤岩峠からのこの道は、先ほどの展望台以外に特に見所はないです。(^^;) けどこの時期なので新緑が綺麗でしたね。

赤岩オタモイ線歩道 新緑

そして下山は3kmくらい歩いて出羽三山神社に到着。

出羽三山神社 オタモイ

ここからオタモイの住宅街に降りられるのですが、ちょっと海岸に寄ってきます。

山中海岸

その海岸とは、山中海岸です。

オタモイといえば「千と千尋の神隠し」のモデルにもなったという「オタモイ遊園地跡」のある、オタモイ海岸が有名です。

けど事前に調べたところ、そこの名物の崖っ淵の遊歩道や、海岸に降りる道が崩落の危険のため通行禁止になってるらしいのですね。なので、今回はあまり知られていない山中海岸に行くことにしました。

ここはマイナーな海岸だけに小樽の秘境海岸とも一部で言われているとか?何で知られてないかというと、海岸に行くまで山を結構下るのですよね。(^^;)

ではそこに行ってみます。出羽三山神社に出たところが十字路になってて、海側に進むと山中海岸です。

出羽三山神社 分岐

事前に調べた写真ではここに「山中海岸方面」の案内板もあったはずなんだけど、なくなってる・・・。行って大丈夫か・・・?

海岸方面に歩いて行ったところ、ここもワイルドな道ですね(汗)

山中海岸 道

これはあまり人が多く通ってる感じじゃないですね。さすが秘境海岸。

山中海岸 道 分岐

途中道が分かれたりしますが、どちらに行っても同じところに出ます。安心してください。倒木で遮られている道に行かなければ大丈夫かと。

しばらくこんな道を下って、海岸に近づくと胸の高さくらいの草をかき分けて行きます。

山中海岸

これ夏になったら大変でしょ。道わかるのかなぁ?(^^;)

で、ついに山中海岸に到着!

山中海岸

山中海岸

山中海岸

視界が悪かったけど、オタモイ海岸方面は特に綺麗ですね!関東の海では見られない光景だなぁ。こういう場所は海のないネオサイタマ県民の自分としては憧れますね。

あと山中海岸にはチャラセナイの滝というのがあるらしいのですが、それは見つけられませんでした・・・。水が少しだけ出てる場所があったので、滝が枯れてるのかな?と思ったのですが、帰ってきてから調べたところ、ここから更に東に歩くようですね。

山中海岸

水が出ているところが赤くなってるので、鉄分を多く含んでる感じ。

山中海岸はゴツゴツした岩が多いところでしたが、来る人は少ないと思うので、静かに海を楽しみたい人にはオススメです。

山中海岸

山中海岸

ただ、帰りは来た道を登ることになりますので注意。(^^;)

で、自分は出羽三山神社の分岐に戻って、オタモイ住宅街に出て、バスで小樽駅に行きました。

思ったより住宅街から近いので、バスでアクセスしても海岸まで700mだそうです。

山中海岸

オタモイはバスが結構本数が出てるので便利でしたね。

ということで、ミッション完了!小樽を楽しませてもらいました。

最後に、高低表はこんな感じになりました。

赤岩山登山 高低表

地図とルートはこちら。

今回撮った写真はGoogle+にまとめてあります。

 

まとめ 

赤岩山登山はこれで十分ですが、白龍胎内巡りはもう一度行きたいなあ。それくらい面白かったです!

あとオタモイでは超秘境の「オタモイ地蔵」にはいつか行ってみたいですね。現在道路が通行禁止で行けなくなっていて(けど人は住んでる)今回は断念したので・・・。

なお、今回の赤岩山登山ではこちらの「札幌・小樽 ゆったりハイキング」という本を参考にして計画を立てました。

既に絶版で多少古い本ですが(中古品で入手可)、小樽の低山が詳しく解説してあるので、重宝してます。

それでは、ありがとう北海道!また来ます!!^^

 
▼ 小樽の登山のこんな記事も書いてます。

先日、5月17日に北海道小樽市の塩谷丸山(しおやまるやま:標高629m)に登山してきました!例によって埼玉県から日帰りです。(^^;) ...
先日10月16日に、札幌観光の際に隣の小樽市の銭函天狗山(ぜにばこてんぐやま)に登山してきました!銭函天狗山は通称「銭天」とも呼ばれてま...

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. まみりん より:

    Mitchieさんこんばんは(*^▽^*)

    山中海岸懐かしかったです!
    こどもの頃、ウニを密ry…監視のおじさんが『ちゃんこいのは獲るんじゃねぇよ~』って笑ってたから大丈夫w

    大人になって回らないお寿司屋さんで食べた時価とかいうウニなんか比べモノにならないくらい美味しかった(*´∀`)

    一方、オタモイ海岸は心霊スポット&ヤンキーのたまり場になってしまい残念です。

    でもオタモイ地蔵は観られますのでまた来てみて下さい!

  2. 夢幻キリコ より:

    ヘタなテーマパークよりよほど面白そうですね^^
    一度行ってみたいです。
    高いところ以外はw
    リポートありがとうございました!
    癒されました!

  3. エレノア より:

    高校生まで小樽にいました(もう二十数年前ですが)。
    実家は今でも山中海岸に行く途中にあります(山中海岸の山道に入るそば)
    子供の頃はよく海岸に行ってましたよ。
    高校生の頃からウニなどが少なくなってきてました。
    赤岩遊歩道も子供の頃に遠足などで行ってました。
    懐かしいです。

    • Mitchie M Mitchie M より:

      おお!海岸の山道に入るそばということは、出羽三山神社に続く道のあたりですかね?
      そこだったら通りましたが、住宅街と海が比較的近くて良いところでしたね。^^