SONEXの吸音材 PYR2を貼り終えた。[使用感レビュー②]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

3月末に、SONEX(ソネックス)の吸音材 PYR2を買ったので、その記事を書きました。

▼ 参考記事:

SONEX PYR2 吸音材を買ってみた。吸音効果はというと? [使用感レビュー①]
以前から作業部屋の音の反響が気になっていたので、壁に吸音材を貼ることにしました。そこで、購入した吸音材関係の商品のレビューと、使用感を書きた...

で、その時点で全部貼れず、制作が忙しくなってきたので放置していたのですが、今日ようやく貼り終わりました。(^^;) こんな感じです!

snnex pyr2

これは作業部屋の角の録音スペースなので、部屋の一部すが、こんな感じで貼れる部分は全部貼りました。

この角に立ってみると音の反射がなく、吸音されているのが良くわかりましたね。

で、前回純正接着剤の値段が高い事を書きました。この接着剤です。

SONEX ( ソネックス ) >PA02 | サウンドハウス

 

貼る面積が多いとかなりの量を使います。

で、今回それを何かで代用できないかと考えてみました。そして使用してみたのがこれ。

Konishi bond

シリコンシーラント。225円(笑)

実際使ってみたところ、結果的に接着はしたのですが、固まるまで時間がかかるので、仮止めしないと使いづらい感じでしたね。(^^;)

やはり純正接着剤を使った方が良いです。しかし、例えば床と接触している部分など、吸音材を支えられている箇所では純正接着剤と併用して使えば問題なく貼れて、コスト削減になりました。

壁に直接貼る場合は、純正接着剤のみでやらないと、吸音材自体の重さで落ちてきて、固まった頃には位置が数ミリくらいズレてしまいましたね・・・。

そんな小実験もしながらですが、全体的に結構綺麗に貼れました!吸音材もカッターナイフで簡単に切れるので加工しやすいですし、マイク録音時に部屋鳴りが少なくなったのでオススメです!

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. ひで より:

    お疲れ様でした(^^;)
    シーラントはボンドという名前が付いてますが主な用途はシール材ですので
    接着力という点では弱いです。w
    シーラントよりは高いかもわかりませんが業務用の木工ボンドとか布地用ボンド等のほうがよかったかもわかりませんね(貼る下地にもよりますが(^^;)
    もしまたどこかに貼ることがあればぜひ試してみてください^^

  2. 夢幻キリコ より:

    うおおっ!
    なんか本格的なスタジオっぽいですね。
    かっこいい!

  3. まみりん より:

    Mitchieさんこんばんは(*^▽^*)

    吸音材良いですね♪

    まみりんもその昔、宅録する人の手伝いで大量の段ボールを切断して吸音材を作ったことあります(笑)

    アコギや生ピアノの録音に吸音材あるとないとじゃ断然違いますもんね(*´∀`)

  4. たいら より:

    天井まで貼ってあるとなかなか壮観ですね~。
    記事にはずれているとありますが全然わかりません。
    いろいろと工夫されているのを楽しく見させていただいております。

  5. ☆かおる☆道産子(`・ω・´) より:

    これ見てると、やる気になれそうな感じですね!(^^)
    吸音材って、見た目だと軽そうに見えますが、意外と重いのですね^^;

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

facebookアカウントでコメント


Google+アカウントでコメント