『LG 360 Cam』360度全天球カメラの使用感レビュー

先々月に、LG社の360度(全天球)カメラ「LG 360 Cam(LG-R105)」を購入したので、その商品レビューを書きたいと思います。

このブログの登山記事で数回、360度パノラマ写真を掲載しましたが、実はこの「LG 360 Cam」を使って撮影しています。

lg 3360 cam 360度vrカメラ

▶︎ LG 360 Cam (R 105): Compact 360 Camera | LG USA

ちなみに、一番メジャーな360度カメラは、リコーの「RICOH THETA S」かと思います。

けど「LG 360 Cam」を選んだ理由としては、

  • 低価格
  • 軽量でコンパクト

というのが個人的には魅力でした。

あとGoogleのページで、ストリートビューの撮影用機材として紹介されていたのが大きかったですね。

screenshot 2017-03-31 22.52.18.jpg

▶︎ ストリートビューを手軽に作成 – Google ストリートビュー

なので「LG 360 Cam」はアプリと連携して、ストリートビューの撮影と投稿ができます!

 で、何度かこのカメラを使ってみて、使用感もわかってきたので、その感想を書いて行きたいと思います。

LG 360 Cam の開封

ということで、まず商品が到着!

Lg360cam

価格はAmazonで2万円しなかったのです。なので 3万円近くするRICOHのTHETA Sよりは、手軽に購入できます。

コンパクトなので箱も小さいですね。付属品はというと、

lg 360 cam

  • LG 360 Cam 本体
  • USBケーブル
  • 取扱説明書

です。今回購入したのは海外直送品です。説明書に日本語の表記はありません。けど操作は簡単なので、おそらく問題ないかと思います。

そして本体はこちら。

lg 360 cam

本当コンパクトです!余裕でポケットに入るくらいの大きさ。

そしてグレーのプラスチック製のカバーが付属してます。なので専用ケースを別途購入する必要はありません。

で、実は、手持ち撮影の時にこのカバーを着けて撮ると、自分の手の写り込みが軽減できるのです!装着するとこんな感じ。

Lg360cam case

手がなるべく写り込まないように、持ち方も工夫すると良いでしょう。

本体の操作は、撮影ボタンと電源ボタンの2つのみで行うシンプルなものです。

lg 360 cam

本体側だけで写真と動画の撮影ができるので、操作は特に難しい事はありません。

底面はこのようになってます。

lg 360 cam

USB端子とmicro SDカードの挿入口です。撮影した写真や動画はSDカードに保存されます。カードが挿入されていないと撮影できません。それと、micro SDカードは付属してないので、別途用意してください。

あと画像では蓋で隠れてますが、スタンド取り付け用のネジ穴もあります。

使用感レビュー

まず、LG 360 Camの基本的なスペックはこんな感じです。

  • デュアル13 MP広角カメラ搭載
  • 2Kのビデオ録画、16 MP球面画像のサポート 
  • 3つのマイクを搭載し、5.1チャンネルサラウンドに対応 
  • アンドロイド5.0以降、およびiOSの8以降に対応
  • 本体重量102g(ケース込み 実測)

自分の使用用途では十分なスペックでした。

ただ注意が必要なのは、アンドロイド5.0以上対応なのですね。

自分のスマホはアンドロイド4.4で、5.0にできなかったので「LG 360 CAM Manager」という機能マネージメントアプリが使用できませんでした。(>_<) 同じようなスマホを使っている方は注意してください。

けど「LG 360 CAM Manager」が使えないと、カメラも使えないということではありません。細かい機能設定ができないだけなので、自分は今のところ問題なく使えてます。タイマー撮影ができないのは多少不便ですが・・・。

 
画質については、他のブログのレビューでも書かれてるように「RICOH THETA S」よりは若干劣るかなという印象。360度写真は2枚の180度写真を繋げてるので、つなぎ目が多少気になる感じです。

でも自分は写真をブログに載せるだけなので、ほとんど気にならないレベルの差です。ちなみに、動画の画質は「LG 360 Cam」の方が良いらしいですよ。

サンプルの写真はこちら。

Googleストリートビューとの連携

先ほども述べたように、Googleストリートビューは「LG 360 CAM」をサポートしてます。なのでストリートビューのアプリから直接撮影と投稿ができます。

▶︎ Google ストリートビューを App Store で

▶︎ Googleストリートビュー – Google Play の Android アプリ

やり方は簡単です。まずスマホと「LG 360 CAM」をWI-FI接続。

そしてストリートビューアプリを立ち上げて「360°カメラにリンク」を選択。

ストリートビュー 360度

そしたら、画面の右下にカメラ撮影のボタンが出てくるので、それを押してください。

Streetview lg 360 cam

これで撮影した写真がスマホに転送され、ストリートビューに360度写真が投稿されます。

実に簡単に撮影と投稿ができます。けど、全天球写真は撮影者やカメラスタンドが写り込むので、一度編集してそれらを消してから投稿するのが、綺麗な写真をアップするコツです。

▼ 関連記事:

360度パノラマ写真で撮影者の姿を消す方法

まとめ

ということで、個人的には機能設定アプリが使えなかった事以外は「LG 360 Cam」を購入して良かったと思ってます。

特に自分が使う用途での登山やサイクリングでは、荷物はなるべく軽量コンパクトな方が良いので、この商品はちょうど良いです。

初めて360度(全天球)カメラを購入する方で、「RICOH THETA Sはちょっと高いな」と思っている人は、こちらを検討してみてはいかがでしょうか?

Mitchie M の最後に一言:

 

360度カメラの撮影は単純に楽しいですよ!

 

▼ その他関連記事:

360°カメラを登山に持ち歩くようになって、やはり撮影には撮影者が写り込まないようスタンドがあると便利かな?と思い、軽量な一脚を購入しました...
近年、360度パノラマ写真を手軽に撮影できるようになったので、自分も使ってみることにしました。別名で、全天球写真とか全方位写真とか呼ばれてる...

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. @大佐 より:

     こういう電子光学機器があったことすら存じていませんでした。
    昔は、一眼レフに広角レンズを付けて、三脚固定で、360度撮影して、後で貼るしかありませんでした。
    凄い時代ですねー。

     これは、山岳愛好家にはたまらないと思います。きっと。

  2. 夢幻キリコ より:

    LGって確か韓国の現代(HYUNDAI)ですよね?
    韓国製品の性能も上がってきてるんですねぇ。
    日本製品が海外であまり売れなくなっているのもわかります。

    360°カメラってそんなに軽量なんですね!
    びっくりです。

    あ、あと前回のお返事ですが、三春の滝桜は毎年観に行っていましたがとてもすばらしいですよ!
    周囲になにもないので1本だけなのですが、その大きさがとにかく迫力あります。
    ぜひ1度生で見てみてください。
    ついでに夏井渓谷に寄っていくのもいいですよ^^
    トレッキングには最高です。

    • Mitchie M Mitchie M より:

      海外製品のクオリティーも高いですし、日本の製品との価格差ほど性能の差がそれほどないのですよね。競争が大変でしょうね。(>_<) 三春滝桜の情報もありがとうございます!