テレキャスのサドルを交換。Callaham(カラハム) 3 Vintage Compensated Tele saddles

先日、テレキャスターのサドルを、Callaham(カラハム)の「3 Vintage Compensated Tele saddles」に交換しました。

そのレビューや使用感を、以下に書いていきたいと思います。

Fender テレキャスターのサドルについて

元々Fenderのテレキャスターには、デフォルトで下の画像のようなブラス・サドルが付いてます。

テレキャス,サドル,ブラス

弦2本につき1サドルという3way構造なので、片方の弦をオクターブ調整すると、もう片方がずれてチューニングが微妙に合わないのですね。

何で弦ごとにサドルの位置が違ってくるのかは自分にはよくわからないです(汗)

けど今の時代、打ち込み音源のチューニングのしっかりした音の中に、微妙にチューニングが合ってないギターの音が入ると、結構気持ち悪く感じるものです。

Callaham 3 Vintage Compensated Tele saddlesのレビュー

そこで、チューニングの精度を改善できる良いサドルを探していたら、Callahamの「3 Vintage Compensated Tele saddles」が良さそうなので購入したわけです。

メーカーの公式サイトはこちら。

Callaham Vintage Guitars and Parts (Callaham 3 Enhanced Vintage Compensated Tele Saddles)

 

そして到着した商品がこちら。

 Callaham カラハム 3 Vintage Compensated Tele saddles

テレキャスのデフォルトのサドルは円筒型なので、1組の弦はサドルの位置が同じになってしまうのです。けどこのサドルは、チューニングが合うように弦の当たる位置を各弦別に調整してあるのですね。

別のメーカーで円筒型を斜めにして位置をずらした製品もあったのですが、見た目的に良くなかったので、Callahamの物にしました。

そして交換。

Callaham カラハム 3 Vintage Compensated Tele saddles

おお!輝いてる!見た目も損なうことなく、なかなか良いです!!

使用感と音

肝心の音の感想はというと、チューニングがしっかり合うようになった印象です。コードを弾いた時の音が綺麗に響くようになりましたね。

ただ、チューニングが若干合ってない方が、荒々しくてテレキャスっぽいような気もしましたが (^^;)、扱いやすい音にはなったと思います。録音で使うのが楽しみ!

 
追記:その後録音で使用してみました。以前ほどチューニングを気にしなくなり、テレキャスがより扱いやすくなった感じです。

音質自体はそれほど変わらない感じなので、チューニング問題を解決したい人、そしてテレキャスの外観を損ねたくない人にはオススメのサドルです。

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. まみりん より:

    Mitchieさんおはようございます(*^▽^*)

    テレキャス職人は2・4・6弦にピッチを合わせて
    微妙にピッチが低くなった他の弦はチョーキングで調整するとか…

    けど、そんな風に改造しちゃうのもアリですよね♪

    そしてそのテレキャスがどんなお仕事してくれるのか
    Mitchieさんの新しい曲が楽しみです(*≧∀≦*)