『ルパン三世』OPテーマ曲のシンセ効果音の作り方を解説

今回は国民的アニメ『ルパン三世』の、OPテーマ曲のシンセ効果音の作り方を解説したいと思います。

『ルパン三世』のテーマ曲にはいくつかバージョンがあります。が、ここでは『ルパン三世のテーマ’78』のバージョンでのシンセ音を扱います。

で、曲のどの部分でのシンセ効果音かというと、秒数でいうと0:31くらい。ピート・マックジュニアの歌ありバージョンで場所を説明すると、Aメロの、

「瞳の(ビュビューン・ビュビューン)奥に 獲物を(ビュビューン・ビュビューン)映して」

の「ビュビューン」という効果音です。

これは簡単に言うと、シンセのオシレーターシンクという機能を使って作られた音です。ではその音の作り方の解説に行ってみましょう!

『ルパン三世』シンセ効果音の作り方

まず、使用するシンセですが、オシレーターシンクが出来るシンセなら、ほぼ近い音が作れます。

ここでは自分の愛用してるDAWソフト『Logic Pro』付属のES2を使用することに。

最初にそのES2の設定画面を紹介するとこんな感じ。

ルパン三世 シンセ 効果音 作り方 ES2

では各パラメータを解説します。

まずオシレーターですが、2番のみをオンにて、SYNCのノコギリ波を選択。で、周波数ノブを24sにしてください。

次にENV3(エンベロープ3)を、アタック=5.20ms、ディケイ=610ms、サスティン=0、リリース=0に設定。

で、最後にオシレータ2のピッチをENV3にかけます(ルーターの左から3番目のユニット)。かける量に関しては最大にはせず、上に0.89くらいが良いです。

これでシンセの音は完成!実に簡単。鍵盤のG1のキーを押してみましょう。ソロで聴くと結構エグい音が鳴ります。いかがでしょうか?

シンセの音にエフェクトをかける

ただ、このままだとラインのそのままの音なので、少しエフェクトをかけます。

まず、シンセの減衰音を持ち上げたいので、チャンネルにコンプを挿入。使ったのはLogic Pro付属のCompressor

ルパン三世 シンセ 効果音 作り方

音のアタックを抑えて余韻を持ち上げる感じです。

次にアンプシミュレータを使ってシンセの音を丸くし、少し空気感を出します。Logic Pro付属のAmp Designerを使用。

ルパン三世 シンセ 効果音 作り方

ここではAmpは”Large Blackface”、Cabinetは”Silverface 2×12″、Micは”Dynamic 57″を使用。

で、原曲の音源をよく聴くと、4分音符のディレイがかかってるの、Tape Delayを挿入。

ルパン三世 シンセ 効果音 作り方

最後にリバーブをかけます。ヴィンテージ系プレートとかスプリングの方が雰囲気が出るかと。

ここでは Space Designer内臓プリセットのスプリングリバーブ(Large Space > Spring Reverbs > Rack Spring Flat)を選択して使いました。

ルパン三世 シンセ 効果音 作り方

これで音の全体が完成!

チャンネルにインサートしたエフェクトはこうなりました。

ルパン三世 シンセ 効果音 作り方

で、出来上がった音はこちらのSoundCloudに置いてあります。

いかがでしょうか。音は似てるかな?(^^;) ちなみに原曲だと音を右か左に振ってますね。

最後にまとめ

今回はES2を使いましたが、大体どのシンセを使っても近い音は作れるかと。

けどオシレータシンクやエンベロープのかかり方には個体差があります。なので、色々なシンセで試してみると音の違いが出て、それぞれのシンセの特徴がわかるかと思います。

ちなみにNative InstrumentsのMssiveではこのような設定になりました。

ルパン三世 シンセ 効果音 作り方

オシレータシンクのかかり方はMassiveの方が気持ち良いですね!参考までに。

Mitchie M の最後に一言:

 

音をコピーするのはとても勉強になるよ。

 

▼ 他にもこんな音作りの記事を書いてます。

EDMでよく聴く音といえば「ノイズ・スイープ」。これは文字説明すると、曲が盛り上がりきったところで、風のような「シュー!」って音がするアレで...
前回の『キュート・メドレー 〜アイドル サウンズ〜』の記事で、「シンセベースは何を使ってるのですか?」という質問を受けたので、ベースの音作り...

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ