Parallels Desktop 12 for Macのインストール方法

自分のノートPC、Macbook ProにはBootCampを使ってWindows 10を入れてます。

けどやっぱBootCampはWndowsに切り替えるのに、いちいち再起動しなければならないのは不便なのですよね・・・。結構な時間ロスに繋がります。

そこで、先日のParallels Desktopのイベント『Parallels Night』で頂いた、『Parallels Desktop 12 for Mac』に移行して、仮想環境でWindows10を使うことにしました。

▶︎ 関連記事:『Parallels Night』に呼んでもらえたら絶対参加した方が良い理由

そして『Parallels Desktop 12』をインストールしたので、その手順と方法について記事にしたいと思います。

インストール手順と方法

まずは『Parallels Desktop 12』のウェブサイトで、インストール用ファイルをダウンロードします。サイトはこちらです。

Run Windows on Mac: Parallels Desktop 12 for Mac

 

『Parallels Desktop 12』は『通常版』と『Pro Edition』がありますが、必要性に応じて選べば良いかと思います。

自分はメインで使用してるiMacでは、『Parallels Desktop 11』の通常版を使ってますが、今回は『Parallels Desktop 12』の『Pro Edition』のライセンスを頂いたので、こちらをインストールします。

14日間の無償トライアルも用意されているので、初めての方はまずそちらを使ってみるもの良いでしょう。

無償トライアルを選んだ場合、下の画面になるので、自分のメールアドレスを入力して「ダウンロードに進む」をクリックします。

Parallels Desktop 12 インストール

すると、インストール用のファイルがダウンロードされ、ディスクイメージファイルがデスクトップにマウントされます。

Parallels Desktop 12 インストール

これをダブルクリックすると、Parallels Desktop 12のフォルダーが開きます。

Parallels Desktop 12 インストール

このアイコンをダブルクリックして、インストールを開始!

次のような警告が出ますが、『開く』を選択してください。

Parallels Desktop 12 インストール

この後「ソフトウェア使用許諾契約書」の内容を確認して「同意する」をクリック。

続いて、使用してるMacの管理者名(ユーザー名)とパスワードを求められますので、欄に入力するとインストールが始まります。

で、最後に「カスタマ エクスペリエンス プログラムにぜひご参加ください」というウィンドウが表示されますが、これは任意です。

Parallels Desktop 12 インストール

「はい」か「いいえ」どちらかを選んだらインストールは終了となります。

アカウント登録とアクティベーション

インストールが終わったら、次はアカウント登録アクティベーションを行います。

アカウント登録は、下のようなサインインの画面が出てきます。

Parallels Desktop 12 インストール

ここで「新規ユーザーの場合」と「パスワードをお持ちの場合」のどちらかを選んで、サインインします。また、FacebookかGoogle+のアカウントを使ってサインインすることも可能です。

自分は既にアカウント登録をしてあるので、「パスワードをお持ちの場合」を選択してサインイン。

これが完了したら、次はアクティベーションです。下のような画面が出てきます。

Parallels Desktop 12 インストール

トライアルの場合は画面下の「14日間の無償トライアル」を選択してください。

既に購入してアクティベーションキーがある場合などは、入力欄にアクティベーションキーを入れれば完了となります!

すると、仮想マシンのインストール画面が・・・。

Parallels Desktop 12 インストール

記事が長くなるので、仮想マシンインストールについては、またの機会に書きたいと思います。何か参考になれば幸いです。

▼ この後「Parallels Desktop」に「Windows 10」をインストールする手順の記事はこちら

少し間が空いてしましたが、前回の「Parallels Desktop 12 for Mac」をMacにインストールした記事を書きました。▶︎...

 
▼ 他にも「Parallels Desktop」に関連する、こんな記事も書いてます。

どうも、右Dock派のMitchie Mです。 自分の環境では、Mac用のWindows仮想環境ソフトウェア「Parallels Deskt...
Mac用のマウスドライバ「SteerMouse」。最近バージョン5になって、ものすごく使いやすくなりました。 ▶︎ 関連記事:ステアーマウ...

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. 夢幻キリコ より:

    私も昔はマックユーザだったんですよねぇ。
    クラリスワークス使いやすかった♪
    マックもいいなあ。

  2. まさひと より:

    こんにちは。
    自分インストールしたのですけども早速初期の段階で躓いています、ダウンロードして開いた後に管理者名(ユーザー名)とパスワードを求められますと有りますが、ここの管理者名とパスの設定が解らなくて?
    その様な記述のあるものもメールで送られてきていないので、サポートにもその様なものが無いのでわかりますでしょうか?

    • Mitchie M Mitchie M より:

      ここの管理者名とパスワードは、Parallels Desktopのものではなく、ご使用のMacに設定している管理者名とパスワードです。