新曲 初音ミク『アメイジング・マジシャン』の制作で使用した機材を紹介してみる

先週公開された『黒猫のウィズ × 初音ミク』コラボ企画の楽曲『アメイジング・マジシャン』。

そこで使用したソフトウェアや機材を、このブログでアフィリエイトも交えて露骨に紹介しようと思います(笑)

音楽制作をやる方の何か参考になれば幸いです。(^^;)

ボーカル

メインボーカルはもちろん初音ミクです!今回は最新の『初音ミク V4X BETA』を使用してます。『初音ミク V3』と『巡音ルカ V4X』をお持ちの方に無償で配布してます。

初音ミク V4X | クリプトン

 

で、コーラスや掛け声の部分に、その『巡音ルカ V4X』を使用。

同じくそのパートに『鏡音リン・レン』と、そのアペンドを使用。コーラスワークではリンちゃんのwarm、レンくんのcoldを使いました。これはV2ですが、12月発売予定の『鏡音リン・レン V4X』にも、warmとcoldの声は引き続き収録されるみたいですね!

鏡音リン・レン V4X | クリプトン

 

ドラム・ベース

ドラムについてはキック、スネア、ハイハットで色々なサンプルを使っていて、Logic Pro XのEXS24で鳴らしてます。なので音源は特定できないのですが、ベースこちらの『SPECTRASONICS TRILIAN』になります。

よく『愛Dee』とかで「ベースは生ですか?」と聞かれるのですが、打ち込みです。(^^;) 最近では生ベース系の音では大体『TRILIAN』を使ってます。

生で弾けなくはないのですが、後々フレーズや音色を変更するのが難しいので、ベースラインを作り込むような曲に関しては打ち込む場合が多いかも。

上もの

上ものはほとんどEXS24に入れてある音源です。ブラスはRolandの結構古いライブラリなのですが、収録音がすごく使える音なので、今でも出番が多いです。

で、ストリングスに関しては愛用の『VIENNA SPECIAL EDITION』を使用してます。

この音源は、細かくプログラミングすれば結構リアルに鳴るので気に入ってます。あとサンプルのリバーブ音が少ないので、音を作って色々なジャンルに対応できるのが良いです。

エフェクター

エフェクターに関しては、主にギター関係ですが、アンプシミュレーターに『Amplitube』を使用してます。最近はGuitar Rigからこちらに乗り換え気味です。

記事にも書いてますので、もしよろしければ。

▶︎ Amplitube vs Guitar Rig 音の比較。どこが違うのか?

そして、ギターのペダルワウには、定番の『Cry Baby』。

『Amplitube』でワウをするにはペダルコントローラーが必要だったので、ハードで買いました。(^^;) 以前ブログの記事でも書いてます。

▶︎ cry baby ワウ・ペダル(Jimdunlop GCB-95)をAmplitubeで使うために購入

中古でたくさん出回っているので、中古での購入がお得です。

あと、エフェクターではないのですが、アコギの録音には『AKG C451B』を使用。

AKG C451B

普通のハンドマイクのようにマイク・スタンドに付けられるので、取り付けにショックマウントが必要なコンデンサーマイクよりセッティングが楽。音も良いです!

あとはマスタリングで『iZotope Ozone』を使用していますが、内臓のステレオイメージャーのみを単体で使って多少音像を広げています。

・・・こんな感じで、あとは大体Logic Pro Xに搭載している物を使ってます。参考になれば幸いです。(^^;)

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. 夢幻キリコ より:

    どわああっ!
    一体いくらかかってるんでしょう…
    ボカロはいつか手がけてみたいと思っていましたが、先立つものがないととてもではないですが関われませんねぇ。
    少しずつ手に入れていくしかないんでしょうね。
    とても参考になりました^^
    ありがとうございましたm(_ _)m

    ちなみにUTAUはいくつかDLしてますw

  2. ☆かおる☆道産子(`・ω・´) より:

    アコギもエレキも(ベースも?)弾けるとかスゴイと感心するばかりです。
    同じ弦楽器だから、一つ弾けると覚えやすかったりするのとか・・・ないですよね?^^;
    今日、やっと黒猫のウィズで、Mitchieさんの曲聞けました!(^v^)
    ただ、まだ弱過ぎて、イベントクリアするには程遠いですが・・・(苦笑)