Fender Bass Ⅵを導入。バリトンギターの基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

先月の話ではあるのですが、以前から使いたかったバリトンギターのFender Bass Ⅵ(フェンダー・ベース・シックス)を購入しました。

92~93年製のFender Japanのものなのですが、こちらです!

Fender Bass Ⅵ 

中古なので、たまたまタイミングよくゲットできた感じですね。ボディ材もアルダーだし十分使える音が期待できます。

一応、下のような現行品もあるのですが、リアピックアップがハムバッカーなのですよね。

FENDER ( フェンダー ) / Pawn Shop Bass VI 3-Color Candy Apple Red

FENDER ( フェンダー ) / Pawn Shop Bass VI 3-Color Candy Apple Red

これはこれで入手しやすいし、新品の安心感もあります。ですが、元々Fender Bass Ⅵはシングルコイル3つなので、中古をゲットすることにしました。

ちなみに、他のメーカーで現行品のバリトンギターだと『GRETSCH G5265 Jet Baritone』という商品もあります。

けど、一番有名なのはFender Bass Ⅵなのではないでしょうか?

バリトンギターってどんな楽器?

で、バリトンギターとは、簡単に説明するとギターの1オクターブ下の音が出る楽器です。

「それって6弦ベースじゃない?」って思うかもしれませんが、ネックや弦の太さがベースより細いのですね。

けどネックの長さはベースで、幅はギターと同じという。弦の間隔が狭いので、ギター用のピックアップと同じサイズの物が使われてます。

なので音としてはベースより軽いです。構造的にもギターとベースの中間という感じで、中途半端と言われればそうですね。(^^;)

この楽器はどういうところで使われているかというと、昔だと西部劇の音楽でよく使われてました。TVや映画の音楽ではよく聴かれますね。「ツインピークス」のテーマ曲のメインフレーズもバリトンギターです(ダンエレクトロのバリトンギターらしい)。

では最近はあまり使われてないのかというと、そういうわけでもなく、売れっ子プロデューサーのMark Ronsonの作品で時々聴くことができます。また、Block Partyの最新アルバム『Hymns』でもバリトンギターっぽい音が結構使われてましたね。

 
で、自分は今回作ってる曲で、どうしてもバリトンギターの音を使いたかったので導入しました。けど初めて扱う楽器なので学ぶこともありましたね・・・。

そこで初めてバリトンギターを使う際の、知っておきたい基礎知識を紹介したいと思います。

Fender Bass Ⅵの構造

まずは、Fender Bass Ⅵの構造を見てみます。トレモロユニットとブリッジをとってみました。

Fender Bass Ⅵ

Fender Bass Ⅵ トレモロユニット ブリッジ

Fender Bass Ⅵはアーミングもできるので、トレモロスプリングが付いてます。

ここでやっかい点がありまして、Fender Bass Ⅵはアーミングでチューニングが狂わないようにブリッジも一緒に動く仕組みになってるのですね。そのためブリッジはトレモロユニットにもボディーにも固定されてません。なので前後に傾きます。

これにより、弦を張る際にはブリッジがボディーと並行になるよう気をつけて、弦にテンションをかけていかないという・・・。ブリッジが並行でないと、サドルのネジに弦が当たってビビる時があります。

Fender Bass Ⅵ

Fenderのジャガーやジャズマスターと同じ構造らしいので、それを使った事がある人ならわかると思いますが、自分は初めてだったのでこれで困りましたね。(^^;)

あとは普通のギターとほぼ同じなので、問題なく扱えるでしょう。

バリトンギターの弦

あと使用する弦なのですが、入手が面倒かと思いきや、ダダリオからFender Bass Ⅵ専用の弦が発売されてます。

D'Addario EXL156

右上にちゃんと「DESIGNED FOR FENDER BASS Ⅵ」と書かれてますね。ちなみに弦は全てラウンドワウンド。

こちらもサウンドハウスで販売してるので、通販で簡単に入手可能です。

DADDARIO ( ダダリオ ) / EXL156

▶︎ DADDARIO ( ダダリオ ) / EXL156

ちなみに、Bass Ⅵ用ではないですが、バリトンギター用のミディアムゲージとライトゲージも同社から出てます。ギター用の弦に比べると少々値段は高くなりますがベース弦ほどではないので、入手方法も含めそれほど問題はないでしょう。

まとめ

こんなFender Bass Ⅵですが、録音で使ったらアンプシミュレータは、VOX AC-30と組み合わせた時の音が自分的には好みでした。ちょっとレトロな雰囲気の音がたまりませんね!

Fender Bass Ⅵは結構気に入ったので、今後の曲でも使えればなと思ってます。

Mitchie M の最後に一言:

 

ギターのようでギターでない。ベースのようでベースでない。

 

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. まみりん より:

    Mitchieさんこんばんは(*´ω`*)

    ツインピークスのあの曲ってバリトンギターだったんですね。

    そんなバリトンギターがMitchieさんの曲でどんな風に奏でられているのか楽しみです‼

  2. こーた より:

    記事に間違い有り。
    現行とされてる機種のブリッジピックアップはシングルコイル。
    見た目もスペック上も明らか。
    記事としていかがなものか。

    • Mitchie M Mitchie M より:

      自分もシングルコイルかと思ってたのですが、「Fender JZHB Humbucking」というハムバッカーでした。申し訳ございませんが、商品スペックをご確認頂けたら幸いです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

facebookアカウントでコメント


Google+アカウントでコメント