Amazonベストセラーのクリップチューナー「Flanger FT-12C」を買ってみた。多機能でおすすめ!

ギターのチューニングに使うチューナーは、今まで据え置きで小型のを使っていました。

けど最近では、ギターのヘッドに付けて使う、クリップ式のも機能が充実してそうなので、クリップチューナーを購入してみることに。

こちらの方が小型だし、ヘッドに付けておけば良いので、置き場所もとらないので便利なのですよね。

で、音楽機材の購入といえば、大変お世話になっているサウンドハウスなのですが、探したところ自分的に「これだ!」というようなチューナーが見つけられず・・・。

そこで、Amazonの売れ筋を見たところありました!こちら「Flanger FT-12C」です。

チューナー Flanger FT 12C

聞いたことないメーカー名だったのですが (^^;)、2016年3月現在、カスタマーレビュー数が151件、評価平均が4.5(5点満点中)と、かなり好評なのです!

主な機能はこんな感じです。

  • クロマチック/ギター/ベース以外に、ウクレレとバイオリンモードもあり。
  • 測定範囲はA0~C8 (27.5Hz~4186Hz)
  • A4の基準範囲は430Hzから450Hzまで、1Hz単位で調整可能。
  • チューニング精度:±1cent

個人的にはクロマチック機能があれば、どの弦でも好きな音程にチューニングできるのでOKなのですが、これだけ機能が充実していれば十分かと。

チューニング精度は±0.5centであればベストですが、弦楽器は弦を押さえる力によってもチューニングが変わってくるので、そこまで細くなくて良いでしょう。

で、ポチって注文。届いたので早速ギターに取り付けてチューニングしてみました。

チューナー Flanger FT 12C

ディスプレイの明るさは、Amazonの商品写真で見るより明るいですね!

操作するボタンは裏に2つあるだけのシンプル設計。

チューナー Flanger FT-12C

あと、チューナーを見る角度も自由に変えられます。が、ヘッドの裏側に着けると、ディスプレイが上下逆さまになってしまうので注意。

チューナー Flanger ft 12c

なので基本的にはヘッドの表側向きに着ける仕様です。

もう一つ注意点は、ガットギターに使用する場合ですかね。自分の持ってるガットギターのヘッド厚(20mm)では、クリップできる限界近くでした。

チューナー Flanger ft120c ガットギター

と、チューナーとしての機能は十分備えて、とても使いやすかったこの「Flanger FT-12C」。値段は1080円!

自分が買った時はAmazonの「チューナー・カテゴリ」で売れ筋1位だったのですが、2016年3月現在は2位になってます。(^^;)

ちなみに、1位はコルグのPC-1というクリップチューナー。

これはギター/ベース用に設計された、シンプルさを売りにした商品なので(例えばA=440Hz固定とか)、多機能を求めるなら「Flanger FT-12C」かなと。

KORG PC-1はヘッドの裏に装着可能だったり、それぞれに良さがありますが、個人的にはFT-12Cを選んで良かったなと思っているので、上記の注意点が問題なければオススメです!

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. poco より:

    お疲れ様です!!

    俺、クリップなチューナー、無いですw 

    ほぼ G.Rig のやつで賄ってますw これが無いとチューニング、アウトですw

    ほんとはあったほうがいいのですね? 買いますw

    • Mitchie M Mitchie M より:

      自分も録音時はソフト側のチューナーを使ってます。
      けど弦を張り替えた直後のチューニングとか、アコギにはクリップチューナーがあると便利ですね。^^

  2. まみりん より:

    Mitchieさんこんばんは(*^▽^*)

    ギターのチューニングには出来る人ぶって音叉しか選択肢がなかったまみりんですw

    便利なうえにお値段もリーズナブルで言うことなし!

    チューニングで思い出したけど、赤ちゃんの産声が全人類もれなく442Hzなんですってよラ~ラ♪

  3. 夢幻キリコ より:

    そういえば、以前地元にストリートライブしに来てくださったボカロPのハヤシケイさんもクリップチューナー使ってらっしゃいました。
    使いやすいんでしょうねぇ。

  4. まみりん より:

    何年か前にテレビで取り上げられてて
    オーケストラのチューニングを赤ちゃんの産声でやっていましたよ!