Audio Damageのフリーウェアコンプ「Rough Rider」がバージョンアップしてた!

以前にブログでも紹介した事があるのですが、私もたまに使うAudio Damageのフリーウェア・コンプレッサー「Rough Rider」。

ビンテージ感あるコンプのかかり具合いと太い音で定評のあるこのプラグインですが、最近再DLしに行ったところ、いつの間にかバージョン2にアップデートされてました!

Free Downloads – Audio Damage

 

前のバージョンの「Rough Rider」の画面はこんな感じでした。

rough rider

それがバージョン2では、このようにシンプルに変わってます。

rough rider audio damage

変更点について

主な変更点は、まず「ACTIVE」のパラメータがなくなり、代わりに「Mix」のパラメータが追加された事でしょうか。これにより原音とコンプ音を混ぜる比率を変え音作りが可能に。

あと、前のバージョンではパラメータの数値が書かれてなかったので、音は耳だけで判断する感じだったのですね。それが今回は各ツマミの下に数値が表記されわかるようになりました。これはありがたいですね!

ただ、ゲインリダクションについては相変わらずリダクション量が数値でわからないのが残念・・・。

 
そして、プリセットは5種類用意されてます。

Rough rider2 preset

プリセットは以前もありましたが、名前が全部変わりましたね。新しいプリセットでしょうか?

 
あと、注意点としては前のバージョンと今回のバージョン2は互換性がありません。

なので、バージョン1の「Rough Rider」を挿したプロジェクトを開いた場合、自動的にバージョン2には挿し替わりません。パラメータの分解能も変わってるようなので、その際は手動での再設定が必要です。

音について 

音やコンプのかかり方については、聴いた感じでは前のバージョンと変わりない印象です。

ちなみに前のバージョンでは、再生してから最初に入力される音のコンプのかかり方が不安定になる現象がありましたが、それは今回のバージョンで改善されてます。

「Rough Rider」の音の傾向については、以前の記事に書きましたので、そちらを参考にしてもらえたらと思います。

人気フリーウェア・コンプ「Rough Rider」の音の傾向を探る

 
ハイが落ちるビンテージ感ある音なので、かける楽器を選びますが、太い音が出るコンプです。興味ある人はDLしてみてください。

 
Mitchie M のコメント:

 

ヒップホップ系の少しローファイなドラムに合う音です

 

▼ その他のDAW関連の記事

SoundToys「Little Plate」という「EMT 140」をエミュレートしたプレートリバーブが無償配布中。音がなかなか良かった

「初音ミクシンフォニー2017」告知動画の「未来序曲」で使用した音源を紹介

VIENNA INSTRUMENTSのベロシティクロスフェードで音色を作る

CDから曲の区間を指定してPCに取り込めるソフト

テクノ玩具の名器『Speak & Spell』のフリー音源ライブラリを落としてみた

ブラシ奏法のフリードラム音源 Soniccouture『Brush Kit』は音が充実!

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. 夢幻キリコ より:

    やはりこういうものの数値一つで曲の印象も大きく変わるのでしょうねぇ。
    ほんと奥深いですね!